今ではどちらが本場なのかというぐらいに、それまではアルファ化したふにゃふにゃうどんが幅をきかせていた大阪で、いつの間にか腰の効いた讃岐風うどんが巷を席巻してしまったわけですが、個人的には今の状況にはかなり不満があります。
いや、讃岐風うどんは自分で香川までチャリで行ってたぐらいに好きなのですが、どうも大阪の讃岐風うどん店はどこも判で押したように、砥部焼の厚手の器にグミ系の麺を綺麗に盛り、そして揚げたて天ぷらやから揚げを載せて関西風のダシを添え、値段は700~800円と完全に「ハレ」系の品ばかりの似たり寄ったりで個性が感じられず、いい加減食傷気味の状態です。
個人的に好きな「ケ」系の店としては、以前は門真に讃岐一番という香川の日常を感じさせる店があって重宝していたのですが、今は残念ながら堺に移転して縁遠くなってしまい、あとは関西圏では宇野製麺所や穂乃香ぐらいで、セルフと言えば丸亀製麺のようなチェーンを指すのが常識になってしまいました・・・いやいや、そうじゃないだろと!
と思っていたら、ランチにサラリーマンが丼ものとセットで大阪うどんを食うのがデフォな南船場のビジネス街で、しかも船場ラーメンの居抜きでこんな店が出来ておりました。

「讃岐」とはどこにも書かれていない店ですが、うどんは常時タモで茹でられてますし、20cmはある巨大なチクワ天、あっさりしたイリコの効いたダシなど、どこから見ても香川テイストが充満してます。

そして値段も、かやくご飯とおろしぶっかけのセットで450円、チクワ天ぶっかけが460円、通し揚げの海老2匹+大葉+海苔天の天ぷらうどんが550円と、香川の製麺所とまでは行きませんが、善通寺山下レベルの庶民派一般店値段なのは嬉しい限り。
近所の本町製麺所には毎日行列が出来ていますが、こちらはまだまだ穴場なので今のうちにせっせと通いましょう!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ながれうどん / 堺筋本町駅、長堀橋駅、本町駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク