ここ数年は稚魚の乱獲で値段が跳ね上がり、ほとんど食べる機会が無かった鰻。でも今回の伊勢志摩保養所旅行では嫁さんの久々に食べたいリクエストがあったので、途中の津でいただく事にしました。
店は、5年ぶりぐらいに訪れた「うなふじ」。安くて美味しい事で有名な店で、毎年店の前を通ると昼時には行列が出来ていたりするので、土用の丑前の週末はさらに混むだろうと思い、開店15分前に着いたところ、既に20人ぐらいの行列が・・・(@_@;)

2日前でこれなのだから、土用の丑本番はどんな事になるんだろうと思ったら、店の前には「7/22は持ち帰りのみ」との張り紙がありました。まあ、そうせざるを得ないでしょうねえ。

残念ながら1回転目には入れなかったものの、もともと回転の良い店なので20分ほど待てば入店出来ました。
下の娘はそんなに鰻が好きじゃなく、ご飯だけで良いという事だったので、うな丼の並(1260円)を大盛りで頼み、ご飯半分と鰻を少し分けていただきました。

大盛りはほぼ2人前のご飯が入っていて、蓋を開けたらこんな状態・・・(笑)
たまり醤油ベースのタレは、関西人的には濃すぎるきらいはありますが、鰻はパリッと焼かれて香ばしく、普段よりも多めのご飯だったけど一気に平らげてしまいました。
いや~、やっぱり鰻は美味しいですよね。年2回ぐらい食べる程度なら、資源の浪費に加担しないと思うんですが、ダメですかねえ?
うなふじ

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:うなぎ | 下庄駅一身田駅


スポンサードリンク