先日の嫁さんの酒イベントに出すので、平日の帰宅後にタンシチューを作れという過酷な指令がまたも下ってしまいました。
自分用に作るタンシチューの場合、前日に固まりのタンを下茹でし、バターで小麦粉を炒めたルーを作っておくのですが、今回使うタンは既に皮をむいて一口大に切られたものだったので、フライパンで肉を下焼きしてから煮込む事にしました。
そして玉ねぎと人参、セロリを粗みじんにしたものを軽く色づくまで炒め、フライパンから肉を取り出し、ワインを注いで肉の旨味をこそげ落としつつ煮詰めます。
圧力鍋に炒めた野菜と肉、ワイン、トマトピューレ、ローリエ、乾燥タイムとローズマリー、クローブ少々をガーゼでくるんだもの、ひたひたの水を加えて沸騰したら高圧で20分。
火を止めて圧が下がるまで放置し、肉を取り出したらローリエとハーブを捨て、残った野菜スープを裏ごしして鍋に戻します。そこに肉と市販のドミグラスソースを加え、さらに30分コトコト煮込んだら出来上がり。
野菜の下ごしらえまではやってられないので、あとは嫁さんに任せてここで終了~。

いつもより手抜きになりましたが、参加者の方にも好評だったらしく、残ったソースを子供らにハヤシライスみたいにご飯にかけて食べさせたら、美味しい美味しいと喜んで食べてくれました。
3割手抜きバージョンでそこまで好評だとちと複雑ですが(笑)、ここはまあ素直に喜んでおきましょうか。
スポンサードリンク