3連休の中日、日曜日は家族で神戸のメリケンパークで開かれていた「インディア・メーラー」というお祭に行ってきました。

これは、インド料理や雑貨、食品などの出店やインド舞踊のステージなど、インドにまつわるものが集結したイベントで、もう毎年恒例になっていますね。

本当は行くかどうしようか迷っていたのですが、珍しく(?)財務省の嫁さんが乗り気になったのでこちらとしても気が大きくなったと言うわけです(笑)。

IMG_2086
会場に着いたのは3時頃だったのですが、既にお客さんがいっぱい居て座る場所に困った有り様でした。

カレプリ氏やみつお氏、まさやん氏など、関西のカレー好きメンバーも同じ時間帯に集結していたそうですが、人が多くて家族がはぐれないように注意するのが精一杯で、人探しする余裕が全然ありませんでした・・・
IMG_2087
何はともあれ最初に訪れたのは、ツイートでイチオシとの情報が流れていた「ゴヴィンダス」の屋台。関西ではまずありつけない、チャートと呼ばれるインドの屋台スナックをいただきました。
IMG_2090
これはパニプリという料理で、小さくパフ状に揚げられたプーリーの中に、ひよこ豆やチャットニー、チリソース、ミントソースを入れて食べるものです。
IMG_2091
パリパリとしたプーリーの食感がキモなので、店の人にミントソースはセパレートにしてくれと無理やりお願いしました。ミントの甘酸っぱさが食欲を刺激して、嫁さんにも好評でした。まあ、5個で500円はちと高いですが・・・
IMG_2089
で、こちらはパプリ・チャート。小麦粉を伸ばして揚げたパプリというせんべいの上に、ポテトマサラやダヒ(ヨーグルト)、玉ねぎ、セブと呼ばれる揚げ麺のスナック、タマリンドソースなどがかかっているもので、これも甘酸っぱさが特徴の料理ですね。
IMG_2094
屋台の中では、タンドール釜を持ち込んでいたゲイロードに長い行列ができていましたが、我々はそんなオーソドックスなものには目もくれず(笑)、次にオーダーしたのは「カジャナ」のグジャラーティ・ターリー。

カジャナさんは大阪では珍しい西インド料理を出すお店で、マスタードシードが効いた濃厚なダル、皮付きひよこ豆を使ったマサラなど、どれも一捻りされた料理でとても楽しかったです。
IMG_2093
そして極めつけは、グジャラート州のカマンドークラというひよこ豆の蒸しパンにマスタードシードをかけたスナックと、ハンドヴォというトゥールダルと米の生地にヨーグルトを混ぜ込んだ酸味のあるスナック。これはさすがにマニアックすぎるでしょ~。

結局、なんだかんだ言いながら結構楽しんでしまいました(笑)。いつかそのうち、バリバリの南インド屋台が出てくれると嬉しいんですがね~。
 

 
スポンサードリンク