いつもなら週末の昼はどこかで外食というパターンなんですけど、この3連休は子供のだんじり付き添いで弁当が出たり、昼前に保険屋が来たりとタイミングが合わず、店で外食の機会がありませんでした。まあ、その方がお金は節約になっていいんですけどね(笑)。

で、そうなると夜はちょっと豪勢なものを食べたくなって、ガッツリと肩ロースのトンカツを作りました。

写真

作り方はごくごく王道で、肩ロースのブロックを1cm厚ぐらいに切った後、脂身と赤身の間を包丁で筋切り、その後包丁の背で叩いて5mm厚ぐらいに伸ばし、さらに半分の大きさに切ります。うちにあるのは小さめの天ぷら鍋なので、分厚く大きいトンカツは揚げにくいですからね。

卵1個に小麦粉大さじ2を合わせてダマにならないよう撹拌し、少し水を足します。これに肉を付けたあとパン粉をまぶし、170度の油で揚げるだけ。シンプルに千切りキャベツとウスターソース、溶きがらしでいただきました。

家でフライ物をやるとアツアツジューシーで美味しいのですが、部屋が油臭くなってしまうのが難点ですねえ・・・
スポンサードリンク