こちらは鶏料理を出す「華昌」という店が、昼にセカンドブランドとして二毛作営業を始めたラーメン店で、それが瞬く間に行列が出来る人気店となり、とうとう平日は夜もラーメン店としての営業をされるようになってしまいました。

実は場所的に家から自転車で行ける距離で、オープン当初から情報は把握していたのに、いつもの悪い癖で「いつでも行けるから」と放ったらかしにしているうちに、今ではランチに長い行列が当たり前になってしまい、行きたくても寄りつけない店になってしまいました・・・_| ̄|○

なので、主に夜の機会に通ってのレビューです。で、例によってひと通り食べるのにやっぱり1年ぐらいかかっちゃいましたが(笑)。

jikon

しかし、いつ行っても何を食べてもここは完成度が高いですね。ラーメンはあっさりの醤油と塩、鶏白湯とスープがあるのですが、どこも旨味が丸~く収まって変に尖っている部分が無く、最後までスープを飲み干したい誘惑に駆られます。

ただ、全メニューの具がコショウをまぶした豚バラの巻チャーシューと軟骨が入ったコリコリのつくね、鴨のスモークで統一されているので、何か変化が欲しいなとは思いますけどね~。鴨のスモークは燻煙の香りが強くて少しバランスが崩れるような気がします・・・

まあ、それでもこれだけの品数を安定したクォリティで個人店が作り続けるのは凄いです。さすが大人気が納得の名店ですな!

詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

麺や而今ラーメン / 鴻池新田駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク