2014年も5日になってようやくハワイ記事を再開します。

海外の飲食店だとどうしても食べログなど日本語での情報量が少ないので説明や写真が多くなりますし、普段から写真など1枚撮ったらさっさと食べたい「非グルメブロガー」なので、どうしてもエントリーを書くのが億劫になっちゃうんですよね・・・

とどうでも良い言い訳は置いといて、話を続けます。

今まで出張で行ったことがあるロサンゼルスなどアメリカ本土の都市では、探せば地元民御用達の安くて旨い店が必ず見つかったのですが、ワイキキは全域がほぼ完全に観光化されてしまっていて、ファストフードやその一歩手前のダイナーぐらいしかリーズナブルな店が存在しません。

でもファストフードやダイナーもセットメニューにして飲み物をつけると結局1人10ドル以上はかかるわけで、日本的な感覚からするとそんなに激安というわけには行きません。だいたいそういう超大味料理は次女姫が食べないでしょうし・・・

そんな厳しい(?)条件の中、2日目の晩御飯に良さそうだと思ったのがワイキキから少し北西に運河を渡ったマッカリー・ショッピングセンターという小さいモールの中にある、ホットポットヘブンという鍋料理の店。

IMG_2358IMG_2360

ネットでは台湾風鍋料理という触れ込みが書いてありましたが、小皿の具をいろいろ追加していくところはタイスキのシステムそっくり。ただ、こちらは小皿を自分で冷蔵庫から取ってきて(肉のみ店員にオーダー)、最後に皿の色と数で精算をするのでタイスキ+回転寿司という感じでしょうか(笑)。うどんやご飯、生卵もあるので〆には雑炊、うどん等も楽しめます。

IMG_2359

鍋のスープはいくつかあって、太極型の鍋で2種類同時に楽しめる事が可能だったので、大人はタイ風スープ、子供は鶏ガラときのこのマッシュルームスープにしました。

IMG_2364

そしてタレも自分で調合することが出来、豆鼓醤や沙茶醤、チリソース、醤油、ポン酢、ごまだれ、甘辛ダレなど、薬味もネギ、玉ねぎ、香菜、ハラペーニョと和から東南アジア風味まで選び放題使い放題。

IMG_2361

味は日本の水準からするとメチャクチャ美味しかったというわけではないですが、子供らは慣れ親しんだ味でガツガツ食べてましたし、ごく薄切りの赤身肉もしゃぶしゃぶ風にしたらなかなかイケましたよ。

何より、食べる以上に飲む夫婦なので酒類がタダで持ち込み可能ってのが一押しのポイント(笑)。おそらくリカーライセンスを持ってないからでしょうが、持ち込んだ酒にグラスは持って来てくれるし、同じ敷地内にあるセブン-イレブンで買えば600ccぐらいビール1缶で2ドル程度で収まるのは助かります。

IMG_2365

これだけ飲んで食って家族4人で80ドルぐらいだったら、下手すると日本の居酒屋よりも安いぐらいですからね。物価高のワイキキでは旅行者の強い味方ではないでしょうか。

 

Hot Pot Heaven

1960 Kapiolani Blvd Honolulu, HI 96826
+1 808-941-1115

 

 

 

 
スポンサードリンク