お好み焼きの風月といえば、今や全国はおろか海外にも進出している「鶴橋風月」をイメージする人がほとんどでしょうが、実は同じ風月と名がついた別経営の店が大阪にはいくつかあります。

そのほとんどが天満をルーツとして今里などに何軒か暖簾分けを持っている系列なのですが、鶴橋系と天満系とも違う店が鶴橋の卸売市場の隣にあります。それが「風月市場店」。

fugetsushijo

こちらは中年のご夫婦でやられている完全な個人店ではありますが、やはりお好み焼きのスタイルは風月共通のつなぎが少なくてしっかり焼き付けるタイプ。ただ、こちらのほうがほんの少し生地が多め、そして焼き目がそれほど濃くなくて、キャベツが細く長く切られているので中がよりふんわり仕上がっているのが特徴的。

fugetsushijo2

焼きそばはもっちりした太麺がしっとりと焼かれ、もとのソース味は薄めで卓上にあるウスターソース、とんかつソース、どろソース、一味、青のりをかけて仕上げます。

fugetsushijo3

あと、魚市場がすぐそこなので、ホタテ、海老、牡蠣、タコと海鮮が豊富で、イカなんかは肉厚プリプリでたまりません。

値段は豚玉が680円からと鶴橋風月チェーンよりは安いですが天満風月に比べると高めで、大阪の個人店平均としてはCP低めですが、バイトの力量に味が左右されないので安定して風月の味が楽しめるのは価値が高いと思います。


詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

風月市場店お好み焼き / 鶴橋駅、桃谷駅、玉造駅(JR))

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク