昼飯に「復刻えびめし」をいただいた日の晩飯は、八戸駅吉田屋の「北のうにめし」にしてみました。

IMG_2490

何となくウニが食べたかったので、稚内駅の名品「うに壺」にしようか迷ったのですが、同じ駅弁を2度食べるのは折尾駅の「かしわめし」で十分かなと思い、こちらを選んだのです。

IMG_2491-001

ウニが炊き込まれたご飯の上には、これまたウニとイクラがぎっしりと敷き詰められ、付け合せは2種類の生姜のみと潔い中身。

ウニの甘さや香りなどトータルでの完成度は「うに壺」に軍配が上がりますが、ウニの量自体はこちらのほうが上ですね。おかげで、私のウニを食べたい欲はバッチリ満たされました!

そのままでも美味しいですが、ウニご飯を電子レンジで温めるとまた香りが立って別の魅力が味わえますよ。いや、一緒に飲んだ酒が美味しかったです。どうもご馳走様!
スポンサードリンク