一時の新店ラッシュから早くも淘汰が始まりつつある大阪の二郎系ラーメン。

個人的には、二郎系というのはあくまで塩辛くて油っこくてボリュームがあるというのがコンセプトなのに、おそらく普通のお客さんからクレームがあるんでしょうが、関西向けに味をマイルドにアジャストする事で本来のバランスが失われていくパターンが多いように思います。

なので、学生街で若い人相手に絞るか、家賃が高くない辺鄙な場所でマニア向け営業をするべきであって、繁華街で儲けようとするからおかしくなるのだと思ってます。

そういう意味では、この店のように通常のラーメンを出しながら、メニューの1つとして二郎系混ぜそばを出すのは理にかなっていると言えます。混ぜそばにするならスープを別に作る必要はありませんしね。

IMG_2589

さてこちらの混ぜそばは、割りとあっさり目のシンプルな醤油ダレに、モチモチとした太麺、もやしとキャベツの野菜、背脂、厚めの巻バラチャーシュー、卵黄、かつお節、ブラックペッパーという構成。

以前に食べた「麺やよかにせ」の脂そばとよく似た感じですが、卵黄が入っている分こちらのほうがマイルドな味わいですね。チャーシューの食べ応えもあって全体的に良くまとまっていると思います。ニンニクは業務用っぽいですが、回転が良いのか苦味やエグ味はあまり感じませんでした。

700円という値段はちょっと繁華街価格で、個人的に足繁く通うまでは微妙なところですが、十分今後の選択肢に入る品だと思いました。どうもご馳走様!

麺屋 ガテンラーメン / 大阪難波駅、なんば駅(大阪市営)、JR難波駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク