カラピンチャご夫妻や、オアシスカフェのオーナー様、最近よくいらしてくださるレストラン・アランフェスのシェフ様など、プロの方の参加があって結構緊張した第37回グルコバ。

off140727

買い物を忘れたり、作ってない料理があって慌てたり、果てはミルサーのスイッチになっているカバーの爪が折れたりとアクシデントが多くてバタバタした姿をお見せしてしまってすいません・・・暑さで頭がぼけていたんでしょうかね。ってそれはいつもの事と自分でツッコミ。

今回は真夏恒例のアーンドラ・プラデーシュ州の料理がテーマ。アーンドラ・プラデーシュ料理は日本人的には濃すぎて馴染みにくいレシピが多く、味わいを崩さずマイルドにするのがなかなか骨の折れるところだったりするのですが、何とか料理は好評のようで良かったです。

では料理の解説を。

off140727s

A.トマト・パプ
アーンドラ・プラデーシュ料理独特の、トゥールダルを使った豆カレー。サンバルパウダーを使っているのでサンバル的な味。

B.バガラ・ベイガン
これもアーンドラ料理を代表する、ピーナツとゴマのペーストで煮込んだナスのカレー。本当は小茄子を使うんだけど、無かったので普通のナスで制作。

C.オニオン・パチャデ
テンパリングをしない、あっさりしたレシピのヨーグルトサラダ。ビリヤニに添えて食べます。

D.チャール
トゥールダルを入れない、アーンドラ式ラッサム。スパイシーさが際立つレシピ。

E.セミヤ・パヤサム
作り忘れて急いで冷凍庫で冷やしたので、固まってハルワになっちゃいましたが、何故か味は好評(笑)。

F.レタスのピーナツサラダ
会場があまりクーラーが効かないので揚げ物は止めてサラダを制作。ピーナツドレッシングが印度風。

G.ゴーヤのアーンドラ風フライ
アーンドラ風にタマリンドの酸味を効かせたゴーヤの炒め煮。

H.かぼちゃのマスタード風味
マスタードを加えたペーストとかぼちゃを和えた料理。

I.パロタ
薄く伸ばした生地をたたんで焼いた、パイ風のパン。

J.ウップマ
スジと呼ばれる粗びきセモリナ粉を蒸し煮した南インドの朝食アイテム。

K.オニオン・チャットニー
玉ねぎとタマリンドを使ったディップ。

L.グリーンチリ・チャットニー
青唐辛子とピーナツを使った辛いディップ。

M.サバのワルワル
サバにスパイスペーストをまぶして焼いたもの。

N.ジャスミンライス
湯取り法で炊いたご飯。

O.マトン・カッチ・ビリヤーニ
カレーの王子、あれっくすさん渾身のビリヤーニ。生のマトンとマサラをバスマティライスと共に炊き上げるカッチ法で制作。

P.エッグロースト
ゆで卵をギーとスパイスで焼き付けたもの。

今回は全部で16品。でもやっぱビリヤーニの存在感は圧倒的ですよね~。

次回は9/21(日)開催予定。予約は1ヶ月前から開始します。多分ケララ料理で行く予定なので、また皆さんよろしくお願いします。
スポンサードリンク