蒲生四丁目の城東商店街を北へ歩いて行くと、突然目に飛び込むド派手なフレンチトリコロール。

imamura

コロッケという料理が、元はフランス料理のクロケットというベシャメルソースとシチューの肉などをくるんでパン粉で揚げた料理から来ている事は有名ですが、それを日本のコロッケから逆に手法をたどってみたというところがこの店のユニークなところです。

imamura2

店名がついたベーシックな「いまむらコロッケ」は濃厚なトマト味のミートソース、鶏ときのこ、鮭のクリームコロッケにはバターの香り漂うベシャメルソースが使われており、ご飯よりもワインに合うまさにクロケット。

imamura3

メンチカツはカレー味のミンチに松の実が入っていたり、魚や海老のフライには香草入りのパン粉とムースリーヌのつなぎが使われ、ソースが邪魔になる繊細さを感じます。

カウンターの奥にあるキッチンを見ると、巨大な寸胴でブイヨンと思しき料理がグツグツと似られており、まさに揚げ物屋じゃなくてフレンチレストランの厨房という感じで楽しいです。

同じような値段でありながら、チープな子供のおかずじゃなくてリッチな気分になれる大人のアテとして楽しめるという点では、非常にコストパフォーマンスが高いお店ですよね!

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

コロッケいまむらコロッケ・フライ / 蒲生四丁目駅野江駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク