ま~、うちのサイトも今では何だかんだで800軒以上のデータが載るようになってしまっておりますが、おそらくこの店が初訪問から掲載までに最も時間がかかった店でしょうなあ。

何しろ初めて訪れたのはかれこれ10年は前の話で、まだその当時はランチ営業をされていたんですよね。でもあっという間に人気が出て夜のみ営業になり、それも複数人でしか予約を受け付けないという具合にハードルが上がってしまい、それっきり完全なご無沙汰になっておりました。

ところが最近、洋食好きのishさんとの間でこの店の話題で出て、それじゃあえて吉さんも巻き込んで食べに行きましょうか、という事でようやくサイトに掲載出来るぐらいの回数を通うことが出来ました。

gomenejiro

やはりここの美点はとにかくコストパフォーマンス。立ち飲み居酒屋並みの300円台から料理があって、それも十分一人前のメインとして通用するボリューム。1人で訪れたら2品も頼めばたらふく食べられます。もちろん味もちゃんとツボが押さえられていて美味しい。

各料理の評価はサイトのほうをご覧いただくとして、ここでは料理写真のみを。

gomenejiro2

オムレツとミンチカツのセット。

gomenejiro3

前菜盛り合わせ、ごぼうのフライ、牛ヘレちょっとステーキ、茄子のミンチ詰めフライ。

gomenejiro4

白身魚のウニソース焼、ビーフカツ、和風サラダ、具のないカレーライス。

gomenejiro5

オムライス、タンシチュー、ちょっとエビフライ、卵のクリームコロッケ。

3人で結構好きなだけ飲み食いしても、お会計は1人3000円を超えたことがありません。神戸や東京あたりの高級洋食店であれば、シチュー一皿でそれぐらいの値段がしますよね。

さすがにドミグラスソースは市販品のアレンジだし、取り皿は基本一枚で食器は箸のみ、ドリンクは銘柄が1種類のみと徹底して合理化されていますが、これだけのCPからするとものの問題ではありません。それでも、もうちょっと給仕担当の方が愛想よくてもいいんじゃないかと思いますが・・・(笑)

それにしても、眼鏡で小柄な調理担当のマスターの風貌、作られる料理、そして値段がほとんど10年前から変わっていないのが凄いです。もう立派な洋食の老舗と呼ぶべき名店になったのではないでしょうか。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ごめんねジロー洋食 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.0
スポンサードリンク