沖縄から移住してきた人が多い大正区では、大阪ではあまりメジャーではない豚のホルモンを串焼きにする店がいくつかあり、最近では宮城ホルモン店なんかが良くマスコミに載るようになっています。

西成のあいりん地区近辺も、ホルモンうどんで有名な丸徳には泡盛や海ぶどうなんかが置いてあって、そこここで沖縄の食文化を感じます。

komagawahormone

その影響なのか、大正と西成以外でもちらほら豚の串ホルモンを出す店を見かけるようになりつつあるのですが、こちらもその1軒。本店は駒川中野にあって2号店が阿倍野交差点の近くに出来ています。

メニューは70円の串がホルモン(腸)、レバー、アブラ。肉厚のバラやちょっと珍しい豚のハラミは110円というところ。タイミングによってはチレのような部位も並ぶみたいですね。

komagawahormone2

ホルモンは肉質に自信があるんでしょうか、大正のものに比べると火の通しが浅くてタレもあっさり気味。自分的にはアブラはもっとカリカリに焼いたほうが好きですが、レバーやチレなんかには軽い火通しが合ってます。

持ち帰りの客がメインですが、酒の種類も充実しているのでミュージシャンっぽい人など、ホルモン屋にしてはオッサンより若い人たちが飲んでいる事のほうが多いのも特徴ですね。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

駒川ホルモン あべの店ホルモン / 阿倍野駅大阪阿部野橋駅天王寺駅前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク