3連休の土日はあいにくの悪天候だったので、梅田まで出て阪神百貨店で行われている「東北6県物産展」に行ってみました。

ちょっと雑用が多くて出かけるまでに時間がかかり、会場に到着した時には朝飯抜きで1時を回っており、行列が出来ていた比内地鶏親子丼なんか待ってられなかったので、すぐに買えて安かった横手やきそばにしてみました。

IMG_3531

 

地元に伝わる普段使いの料理を掘り起こして町起こしにつなげる「B-1グランプリ」で優勝したメニューだそうで、富士宮やきそばに似たようなものなのかなと思ってましたが、食べてみると結構個性が違いましたね。

使われている麺が細めのストレートで、ソースはダシが含まれたとろみのあるもので、具はひき肉と焼きそば、目玉焼きと福神漬けも必須アイテムのようです。

食べてみると半熟卵の黄身と汁だく気味のソースで麺を絡めて食べる感じで、ソースと油を麺に染みこませる一般的な焼きそばとは異なるスタイルです。

自分的にはシコシコの太麺でしっかり焼き付けられた焼きそばが好きなので特に気に入った部分はありませんでしたが、一見するとどれも同じように思える焼きそばにもいろいろあるんだなあと再認識させられました。どうもごちそうさま~。

スポンサードリンク