先日セコガニを食べたばっかりだったのに、土曜日に門真の「たこ一」という海鮮スーパーを覗いてみたら、大きなサイズの活けセコガニが590円で売っていたのでつい買ってしまいました・・・

前回は蒸しガニにして堪能したので、今回はちょっと違う趣向にしようと思い、まずそのまま甲羅を外してカニ味噌と内子を甲羅に付けたまま水に晒し、ふんどしも外子ごと取り去ってよけておきます。

胴体と足、外子付きのふんどしは3カップの水を沸かして塩小さじ半を入れたところに投入、10分ほど茹でで引き上げます。

胴体の身と外子、足の第二関節から先はカニ飯用に取り分けておき、足の身を取り出したものと、カニ味噌と内子を日本酒を加えて甲羅焼きにしたものを、ひとまず酒のアテにしました。

IMG_3554

 

図体がでかいせいか打ち子が少なかったのが残念ですが、その代わり味噌がたっぷりで、加えた日本酒と半生の味噌と内子のトロトロさ加減が酒のアテに最高でした!(^O^)

そして残りのカニの足、外子、胴体の身、甲羅焼きをした後の甲羅は夜の内に米、日本酒、みりん、醤油と混ぜて朝に炊きあがるように炊飯器をセット。

IMG_3555

翌朝炊飯器を開けたらこの通り♪

IMG_3556

お茶碗によそって彩りに青のりを散らしていただきました~。プチプチした外子の感触とカニ出汁の香りがたまりません! 朝から酒を飲みたくなったけど我慢(笑)。

いや、たったの600円でずいぶん楽しませていただきました。次セコガニが手に入ったらグラタンとか変化球で攻めてみても良いかもしれませんね。

 

 

 
スポンサードリンク