今や大阪では現地の方が経営する専門店のみならず、いわゆるスパイス系個人カレー店でもスリランカの要素を取り入れたところが増えるなど、関西では一大潮流になりつつあるスリランカ料理。

グルコバで作り始めたのが2012年の夏からで、もうスリランカ料理をテーマにしたグルコバも11回を数えるほどなりました。

off141123

その最初の当時からスリランカ料理といえば張り切っていたのがmyblackmamaさんで、最近は仕事の都合でなかなか参加が難しくなっておられたのですが、今回は満を持しての参戦。と言うわけで、半分以上の品をレシピ&調理担当してもらって思う存分腕を振るってもらいました。

私の方も、いつもは基本的に参加者の方に料理をお任せしてところどころでチェックをするパターンなのですが、今回はパリップやワダの仕込みを最初から自分でやるなど、ちゃんと責任を持って最後まで作れたので楽しかったです。いつもこうだと嬉しいんですが(笑)。

ただし、楽をするなとの神様の思し召しだったのかもしれませんが、今回はコキス作りに苦労しました・・・どうも生地と型の相性が良くなくて型から生地が離れなかったと思ったら、型に生地が付かずに落ちてしまったり、参加者の方に任せて手伝ってもらうはずがああでもなこうでもないと付きっきりになってしまう羽目に。おかげで、生地の1/3ぐらいが失敗になって、意外とコキス作りは適性が必要なんだなと認識させられましたね。

ではメニューの解説です。

off141123s

A.メリス・マール
フレッシュなカツオをココナツミルクとゴラカで煮込んだカレー。

B.ポーク・デビル
柔らかく煮込んだ豚バラを醤油、ビネガー、トマトと炒めたインディアン・チャイニーズ。

C.トマト・サンボル
東馬場農園の「うれしおトマト」を生のまま使用したサラダ。

D,パリップ
レンズ豆をココナツミルクとモルジブフィッシュで煮込んだスリランカの豆カレー。

E.ネギのミリサタ
白ネギをココナツオイルで煮込んだおかず。

F.カッタ・サンボル
モルジブフィッシュと玉ねぎ、唐辛子を和えたふりかけ。既成品。

G.カレーリーフ・チャットニー
南インドとスリランカ料理には不可欠なハーブであるカレーリーフを主体にしたディップ。

H.ルヌ・ミリス
唐辛子と玉ねぎ、ココナツミルクを和えた激辛な副菜。

I.ジャスミンライス
湯取り法で炊いたご飯。

J.ストリング・ホッパー
米粉を練って蒸したビーフンのようなスリランカ朝食の主食。

K.ゴーダンバ・ロティ
小麦粉の生地を薄く伸ばしてたたんで焼いたパン。

L.コキス
米粉と小麦粉、卵を練って型に付けて揚げた甘くないスナック。

M.ポル・サンボール
スリランカを代表する、ココナツとモルジブフィッシュを和えたふりかけ。自家製すだち使用。

N,キャベツのサラダ
キャベツとゆでたまご、トマトを使ったサラダ。

O.サバのカットレット
ミントとレモンバームを効かせた魚のコロッケ。

P.キノコのバドゥン
エリンギとしめじをココナツミルクで煮込んだおかず。

Q.キャベツのマッルン
キャベツをココナツ、スパイスと和えた料理。

R.蕗のサンボール
旬のフキとココナツを和えたサラダ。

S.ワデー
ウラド豆をすり潰して揚げた甘くないドーナツ。

あとは料理を出し忘れましたが、煮干しとジャガイモのカレーなんてのもありました。で、全部で20品!

次回は2015年1月18日の開催予定になります。テーマは北インドを予定していますので、またご参加よろしくお願いします!
スポンサードリンク