マッチョに始まり、のスた、激流、ガテン、そして梅田から移転した影郎と、大阪市内の二郎系ラーメンは何故かほぼミナミに集中してしまっています。

そんな中、キタエリアで唯一頑張っておられるのが「ぎんじろう」。あまりラーメンファンからは注目されていませんが、豚の量やスープのコクなど、関西では上位に位置出来る実力店だと思っています。

ただ、唯一残念な部分だったのが豚の甘さ。スープにも甘みがある上に甘くてデカい豚と来た日には食べ切るのがキツかったというのが正直なところです。

IMG_3730

で、久々に訪れてみたところ、やはり他の客からも指摘があったのか豚の甘さがかなり解消されていました!

ただ、単に甘さが抜けただけで豚の味付けは相対的に薄くなり、さらにスープの塩分もダウンして結構ボケた味になってしまってました・・・

まあ卓上にラーメンダレが置いてあるので後から注いでバランスを取りましたが、やっぱり二郎系を念頭に置いて来る客が少ないんでしょうね。

大阪では東京のような客回転を維持できないので徐々に豚の量を減らしてしまう店が多い中、この豚の大きさを保っている姿勢は貴重なので何とか頑張って欲しいところですが・・・どうもごちそうさま!



関連ランキング:ラーメン | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅


スポンサードリンク