カテゴリ: Blog

スポンサードリンク
親父が腰を悪くしてから、兄弟で交代に京都の墓参りをする習慣になってまして、私の前回担当はお盆。ちょうど京都が一番暑い39度をマークした時で、日傘をさして歩いても汗が滝のようにダラダラ、全く寄り道出来ずにほうほうの体で帰りました・・・

それに比べると今回のお彼岸は天国のようで(笑)、ちょうど良い機会だからという事で大阪からサイクリングを兼ねて行くことにしました。

ところがこの日は風が強くて天気が不安定、時折にわか雨が降るあいにくの天候で、しばしば雨宿りを余儀なくされました。

IMG_2675

特に樟葉から八幡あたりの淀川沿いは風を遮るものが無くて本当にきつかった・・・

IMG_2678

晴れていると良い感じなのですが、5分もするとあっという間に曇って雨になるので参りました。ここはイギリスかっつーの。

IMG_2676

途中で九条通のあたりを走っていると、なんか普段よりも人通りが多いことに気付き、何かと思ったらそういや21日は「弘法さん」と呼ばれる東寺の蚤の市だったんですね。元京都人なのにすっかり忘れていました。

IMG_2677

自転車じゃなければ、縁日のおでんとかで一杯やりたかったんですがね~。しかも、雨宿りで必要以上に時間がかかっていたので、さっと流し見しただけで撤収。せっかくの休日弘法さんなのに残念・・・(T_T)

あんまり観光は出来ませんでしたが、久々のロングライドは楽しかったです。翌日は全身疲労とひざ痛で大変でしたが・・・次回の秋も是非自転車で行きたいですね。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
突然ですが、私が現在住んでいるマンションのお話を。

このマンションは一応新築で買ったのですが、とある区画整理事業と共に計画されたものらしく、駅のど真ん前かつ周りにはほとんど店が無いという変わった状況で入居したんですよね。

駅前というのは実際に住んでみるとすごく便利で、雨でもほとんど濡れずに駅まで行けますし、通勤時間も40分ぐらいで付いてしまうんですよね。これが駅から遠いとバスの時間がプラスされたり、自転車だとしても駐輪場代がかかったりと、意外と時間や出費がかかってしまうものです。

そして駅のロータリーに面しているので、景色を邪魔するものがなく、将来的にも何か新しいマンションやビルが建って眺望が塞がれる事も無いですし、まあ景色を楽しんだのはほんの数日でしたが(笑)、日当たりが良いというのはそれだけで気持ちが良いものです。

しかし買い物には困りました。今でこそ階下にコンビニ、徒歩3分でスーパーとドラッグストアが出来ましたが、最初はかなりしんどい思いをしましたね。更地に何か建物が作られていると、店が増えたらいいのになあと思いながら見ていました。

特に子供が小さいうちは何かと突然な入用があったりするので、子育て世帯の人は買い物の利便性は非常に重要視したほうがいいんじゃないかと思いますね。

そして私のようにこれから老年に向かっていく人にとっては、公共交通機関から離れた家だとますます買い物や町に出るのが不便になりますし、不動産値上がり神話が終了しローンが終身家賃化し始めている以上、賃貸を中心に駅近物件に対する需要はさらに高くなるのではないかと思っています。

マンション建設をするにしても、消費税アップとデフレ終結でますます建設費の高騰をどう抑えるかという点が重要になって来るようですが、今までのゼネコン・デベロッパー主体の建築マネージメントを第三者が行う、コンストラクション・マネジメント(CM)方式が浸透し始めているようですね。これだと、14階建てで1億円のコスト差が出るらしいですよ。

first_03

こちらの株式会社土地活用というサイト、公式ブログでは、そのCMについて詳しく解説されていて、マンションを建てる人だけでなくて購入を検討している人にとっても有用な情報が豊富にあります。是非一度ご覧になってはどうでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
SUUMOより【スーモ地元自慢特派員】に任命されて参加しております。

リクルート社が運営する不動産情報サイトの「SUUMO」で、地元の様々な写真を投稿してお国自慢をしようというサイトがオープンしています。

スーモ地元自慢
スーモ地元自慢(スマートフォン)



家の情報だけでは分からない、その家が建っている地域の雰囲気、空気感を感じてもらおうという狙いで、ちょっとした地元の日常写真にひと言コメントを載せた投稿が集まる仕組みになっているんです。

写真は人気順、地域別、新着順とソートする事ができ、自分の地域を探してみたり、人気のある写真から行ってみたい所を見つけたりといった楽しみ方が出来ますよ。

今のところは沖縄のシーサーの写真がダントツ人気ですね~。大阪の写真は残念ながらそれほど投票が多くなくて地元民としてはちょっと寂しいです・・・

私も早速、大阪のB級グルメに関する写真を貼ってみました。右上から4枚が私の写真ですが、それぞれどこの店を写したか分かりますでしょうか? 答えはコメント欄に書いておきますので、ちょっとしたクイズを楽しんでください。(^_^)

suumo

今なら、写真を投稿された方から抽選で121名の方にプレゼントが当たるキャンペーンをやってますので、地元自慢な写真をガンガン投稿してみてください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日は、関西を代表するB級グルメの名店が3つも閉店するという知らせを聞いて、ショックで更新できませんでした(半分本当)。

たこ焼き8個50円という、間違いなく日本一安いたこ焼き店だった関目の「ピア」。まごうかたなきB級世界遺産かつ名店ですが、今まで営業していたのが不思議なぐらいだったので、知人から情報を聞いてもそんなに驚きはしませんでした。

しかし三宮の洋食いくたは驚きですね。そんなに店の人が高齢ってわけでも無かったし、スタッフも多かったのでその人達の行く末もあるでしょうし・・・こういうケースで思い出すのは天満の正宗屋ですが、もしかすると立退きの問題があったりするのかもしれません。

そして松葉は、自らの廃業ではなく阪神百貨店横の地方物産店、いわゆる「アリバイ横丁」と一緒に整理されてしまうようです。大阪人よりも旅行者が気軽に味わえる大阪のB級グルメランドマークとして親しまれて来た店なのに、そういう観光名所をあっさり切ってしまえるところに役所の劣悪なセンスを感じますね・・・

まあ、あべの銀座を再開発してゴーストタウンを乱立させ、挙句にキューズモールとかいう無味乾燥な空間をおっ立ててしまう人たちなので今更驚きはしませんが・・・時間の問題と言われる大阪駅前ビルの再開発も間違いなく酷い事になるんでしょうなあ。

と愚痴の前口上が長くなりましたが、この日は王将北浜店で回鍋肉とライス。キャンペーンと100円引きクーポンを使って合計で457円でした。そのうち、アメリカのように個人店はほとんど淘汰されて安い店はチェーンやファストフードだけになってしまうんでしょうか・・・

IMG_2591
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ブログスカウト事務局のモニター企画に参加しています。

以前にも書いた通り、株式会社アイ・オー・データ機器が販売しているネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ)」が送られてきたので、早速子供部屋に置いてみる事にしました。



無線LANへの接続は、ルーターのWPS機能を使って一発で接続出来ますし、映像を見るのはスマホならパッケージに入っているQRコードを読むだけなので非常に簡単です。PCで映像を見る場合は、初回はMACアドレスの入力が必要になりますが、説明書を読めば誰でも設定できると思います。

動画は、もっとカクカクした荒い映像を想像していましたが、思ったよりも綺麗でスムーズ。スマホで見ても全くストレスはありません。

cam

こうやって、長女が勉強をサボって漫画を読んでいるところもバレバレです。

IMG_2549

あと優れものなのは暗くなると白黒の暗視モードになる事で、電気を消して真っ黒なベッドの様子も鮮明に映ります。

ベッドでくっちゃべっているのでマイク機能を使って注意しましたが、それにはさほど驚かなかったですね。その前に、カメラのファームウェアアップデートから再起動した時に大きな音が鳴ったのにビックリしてましたが・・・(笑)

カメラの画角は90度程度とさほど広角ではないので、狭い部屋だと一部しか見えなかったりするので置き方に工夫が必要ですね。

映像のある範囲を矩形ツールで指定して、その場所が変化した時、つまりドアの範囲を指定してドアが空いたりした時に、メールで画像を添付して通知したり、映像をFTPに転送してくれる機能があるのですが、試しに子供部屋のベッドに設定してみたら、子供らが出入りするだけですさまじい勢いでメールが送られてきてビビりました・・・

cam2

この通知機能については通知する時間帯の指定や、検知する感度や時間の間隔を指定できたりはするのですが、やはり生活圏内に設定するのは向いてないですね。深夜の店番や玄関など、暗視モードと合わせて防犯用に使用するのが良いと思います。

あと、こちらの音声をカメラに伝える機能については、マニュアル通りにやってみましたがiPhoneではどうやってもadminでつながらなくてPCでしか無理でした。この辺、ちょっと不親切なところがありますね。

今回はネタとして子供部屋用に使ってみましたが、よちよち歩きの赤ちゃんならともかく、小学校にもなった子供をずっと監視するのはあまりよろしくないので、今後は玄関に設置して夜間や外出の防犯用に使う事にしようと思います!

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ