カテゴリ: 天王寺・阿倍野

スポンサードリンク
この日は天王寺動物園に子供を連れて行ったのですが、かなりの陽気でフラフラになってしまったので、焼肉で昼からビールをキューッと行く事にしました(笑)。

ただし、子供に肉をバカバカ食われると、こちらの財布もキューッと絞られちゃうので、ご飯大を2つ頼んでそっちで腹を膨らませてもらう作戦で・・・
私は生ギモとツラミがメインで、あとは子供用に頼んだハラミとロースをちょいちょいと盗みながらビールぐいぐい。
昼間は1階のカウンター席しか開いてませんでしたが、大阪のお姉さまがた(笑)には子供の相手などいろいろと気を使ってもらって助かりました。
肉質は値段を考えたら上等だし、親子3人で飲み食いしても3000円台で収まるのだから、やっぱり平和は偉大ですなあ。ご馳走様!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
さいぼしシリーズの第4弾は、私が知る限りではさいぼしと油かすが買える唯一の百貨店、阿倍野の近鉄百貨店のさいぼしです。
ここの地下に「ロイヤルミートバンク」という精肉店がテナントで入っており、そこの売り場の左端にさいぼしと油かすが並べられています。さいぼしは100gで600円と、やはり商店街の肉屋よりはやや高めのお値段です。パッケージのラベルもキラキラ光って高級感を演出しています(笑)。
そのさいぼしですが、少しサシが入ってはいるものの住井商店のものほど生っぽいと言う感じではなく、塩以外の調味料も味付けに使われているようで、ちょっと柔らかい和風のジャーキーといった感じでしょうか。
私はどちらかと言うと肉の味がダイレクトに味わえる素朴な味付けのさいぼしが好きなので、正直値段の割にはうーんと思いましたが、百貨店で売るものだけに万人には受け入れやすい味にしてあるんじゃないかなと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回から、本サイトで書ききれなかったB級グルメの名店の魅力を突っ込んで探ってみる、「名店探訪」というカテゴリーをスタートしてみます。
第一回目は、阿倍野にある居酒屋の名店、明治屋です。
何も余分なものが無い簡素で温かみのある空間、客と主人との会話、表を走る阪堺線のチンチン電車が織り成す落ち着いた時間など、この店の魅力については様々な媒体で語り尽くされているわけですが、私のB級的な観点からすると、この店の第一の魅力は「ダシ」にあるように思います。
アツアツの湯豆腐やおでんがおいしいのはどんな店でも当たり前の事なんですが、野菜の煮びたしやえんどう豆の卵とじのような、素材にダシを含ませて冷やしたおばんざいがおいしい居酒屋はなかなかありません。冷やすと、ダシのごまかしが効かないんですよね。
高野豆腐の炊いたんなんかをぎゅっと噛み締めると、口の中に飛び出したダシの冷たさが心地よく、その後にふわっとした香りが鼻の中に漂う・・・そこにぬる燗の日本酒を流し込む時ほど幸せを感じる事はありません。
この店はトイレが店の奥にあって、その途中で厨房の様子を覗く事が出来るんですが、本当に普通の家の台所なんですよね。明治屋を支えるおばさん達に感謝です。
明治屋 (居酒屋 / 阿倍野)
★★★★ 4.0

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ