カテゴリ: 大阪市

スポンサードリンク
私の年末といえば、鶴橋市場を中心にお正月料理の買い出しをして昼酒を楽しんで帰るのがパターンです。

では今年の年末買い物行脚をスタート!

sIMG_3788

まずは朝一で御幸森商店街に赴き、蒸し豚とキムチの購入。

IMG_3786

今年も蒸し豚の専門店、ミナミ大沢商店の前には長い行列・・・

IMG_3787

20分ほど待ってやっとこさ大量の豚肉が鎮座している店の前へ。

sIMG_3790

カルビハウスのキムチ屋さんでスルメキムチを買ったら、次はその足で鶴橋の魚市場。数の子、昆布、かつお節などを購入。

sIMG_3793

今年は八尾の魚竹商店で買いましたが、正月かまぼこをこの値段で売ってるのは鶴橋商店街ぐらいじゃないでしょうか。

sIMG_3791

あと、市場では殻付きの牡蠣を売っていたので、試しに的矢産と長崎産を1つずつ買ってみました。的矢の方は良く売れたそうで、11時前なのにこの3個しか残ってませんでした。

sIMG_3812

家で食べてみるとこれが驚くぐらいに違いが歴然。輸送時間の違いもあるんでしょうが、左の的矢産のほうが明らかにみずみずしくジューシーで、長崎産は少し臭みがあっていかにも牡蠣っぽいのですが、的矢の方は臭みゼロ、旨味と磯の香りだけを残してスルリと喉に消えていき、一瞬自分は何を食べたんだろうかと軽いパニックになったぐらいでした。これを牡蠣宴会にたくさん持って行けたらなあ・・・

sIMG_3798

買い物が終わったら西成で昼酒。本当はすしぎんにでも行きたかったんだけど、やっぱり行列が凄くて断念。寒さをしのぐためにおでんの深川さんへ。

sIMG_3794

ゲソとすじ肉、じゃがいもで小瓶を1本。しかし酒のモリタが移転して、難波屋もすっかりライブハウス化してしまって、こういう西成ならではの風情を感じる店が少なくなりましたね・・・

sIMG_3802

お次はマルフクで豚レバー焼き。ニンニクと一味をぶっかけてジャンクにいただきました。

sIMG_3806

最後は寺田町から伸びる生野本通商店街にある「たっちゃん寿司」。いつの間にかテーブル席(笑)が拡張されていました。

sIMG_3808

年末なので贅沢に上寿司を1合で。中トロ、ヒラメ、鯛、生エビ、ウニ、いくら、なまこ、鰻が入って900円。ネタは肉厚でウニは臭みなく、最近はますますネタが薄く小さくなる一方の100均回転寿司と較べてもコストパフォーマンスは際立ってますな!

sIMG_3810

こんな立派なだし巻きがたったの100円ですよ!(@_@;) こんな薄利多売でありながら、しっかり店が大きくなっているのは嬉しいですね~。

いや今年もたっぷり堪能しました。また来年も健康に美味しく食べられる体のままで年末を迎えたいですね!

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、休肝日だけど家族の都合で外食をして帰らないといけなくなって、前回同じようなシチュエーションで迷ってパスした京橋の激安食堂、もとや本店に行きました。

こちらは日替わり定食がいつも3種類ぐらいあって、Aは天盛りと何か、Bは丼ものと麺類という組み合わせだったのですが、昼にとんかつを食べていたので揚げ物はパス。日替わりCの豚肉とニンニクの茎の炒めもの、そして麺類または豚汁が選べて、そんなガッツリ行きたいわけでもなかったので豚汁にしました。

motoya

ニンニクの茎は買ってから長く貯蔵してあったのが筋がビシバシで噛み切るのに苦労しました(笑)。豚汁は相当煮こまれていて具はドロドロ状態、何故か半分溶けた海苔も入っていましたよ。

まあこれで430円という値段が値段ですから文句言う気は毛頭ありません。顎の運動をしながら全部咀嚼して満足。こちらは鍋も300円台で揃っているので、寒い時にそれで一杯というのも良いかもしれませんね。どうもご馳走様!



関連ランキング:定食・食堂 | 京橋駅野江内代駅野江駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
仕事場からほど近い天満橋にあるラーメン店の「山麺」に、最近「辛味つけ麺」新しいメニューが出来たという事で行ってみました。

店に入って券売機を見てみると、辛味つけ麺のお値段は実に850円・・・220gでも300gでも同料金なのですが、この日は夜遅目とはいえ忘年会が入っていたので300gも食べるわけには行かず、10秒ほど券売機の前で逡巡しましたが、ボーナス直後でほんのちょっと懐が暖かかったのもあって思い切って押しました(笑)。

IMG_3720

自家製のモチモチした平打ちの香味焙煎麺、たっぷりの白ネギと青ネギ、厚みがある1枚バラチャーシューと見た目は普通のつけ麺と何ら変わりありません。

しかしつけダレがノーマルの濃厚鶏白湯スープに加えて少しラー油のような辛さを感じるピリ辛で、これは食欲が進む味ですね~。

でもこの日は寒い一日だったので、半分も食べ進めるとつけダレがぬるくなって徐々に濃厚さがしんどくなって来ました・・・急いで麺を食べ終わってスープ割りにしましたが、それでもあまり熱くならなくて追加されたネギの味ばかりが目立って残念でした。

300gだともっとぬるくなるでしょうから、つけ麺はあまり冬場にはお薦め出来ないかもしれません。もともとの素材は美味しいんですけどね~。



関連ランキング:ラーメン | 天満橋駅谷町四丁目駅北浜駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昼なお薄暗い、戦後の闇市を思わせる雰囲気が残る阪急中津駅のガード下という、その趣味の人にとっては(?)たまらないロケーションの昭和な大衆食堂。

ikoi

しかし店を切り盛りする年季の入ったおっさん方が作る料理は意外と創作かつビジュアル系で、このまま今どきのオシャレ立ち飲みに出て来そうで、そのギャップが何ともたまりません。

ikoi2

揚げニンニクが載せられた牛赤身の串焼き「すじ焼き」、細く繊細な包丁が入ったアジのたたき、ウインナーとししとうが何ともかわいいバーベキュー、トロトロのメンブレンが絶妙な土手焼き。

ikoi3

キャベツにふわっとかぶさった帽子のようなだし巻き、大ぶりの串カツ、こってりダレのゲソ焼き、卵とハムが入ってゴージャスなポテサラなど、どれもワンコイン以下の品でありながらボリューム満点かつ丁寧な仕事ぶりが光ります。

ikoi4

揚げ物も充実していて、この野菜てんこ盛りは400円、串カツも肉たっぷりの長~いサイズ2本で380円と格安。

ビール大瓶は450円と座り飲みにしてはリーズナブルで、生ビールも今どき滅多にお目にかかれないジョッキサイズが嬉しいですね。

いつまでも長く続いて欲しい、質・量・雰囲気ともに兼ね備えた大衆居酒屋だと思います。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

憩い食堂居酒屋 / 中津駅(阪急)中津駅(大阪市営)梅田駅(阪急)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近は、大阪でも東京での一大潮流になっている煮干しを全面に出したラーメン店が増えてきましたが、こちらはその筆頭格と呼べるお店。

オープン当初はオーソドックスな動物系と魚介系を合わせたスープだったそうですが、突然煮干しメインの路線に変更されたそうで、比較的仕事場から近い店だったのですが落ち着くまで通うのを待っておりました。

店内には煮干しの入った容器が飾られ、まぜそば用に使う酢にも煮干しが漬けられている徹底ぶりです。

kasumi

そのまぜそばは、角切りのレアチャーシューがどっさり載った豪快なビジュアルとは裏腹に繊細な味で、煮干しの旨味が詰まったタレではありますが嫌味や雑味が本当に少なくとてもまろやかな味わい。

kasumi2

ラーメンの方も煮干しのどっしりした旨味に背脂のコクが重層的に合わさり、グミグミした食感の太麺に負けてません。これだけ大量の煮干しを使いながらも雑味やエグみは最小限に抑えられています。

いや豪快でありながら洗練、いかにもダシ文化の関西らしい煮干しラーメンではないでしょうか。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

香澄ラーメン / 阿波座駅中之島駅肥後橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ