カテゴリ: 大阪市

スポンサードリンク
この日は予定があってとある仲間内の食事会に出られず、無理を言ってメンバーの方と食事会の前の0次会を開催してもらい、大正にあるホルモンBarおかだで軽く飲み食い。

その後、皆さんは1次会のほうに移られましたが、私の方はまだちょっと食べ足りなかったのでいつもの「ナニワスタンド」へ寄り道。

IMG_3722

軽くつまむだけで良かったのですが、300円の3種盛りを頼むと、マグロのヅケ、カンパチ、鯛の刺身に牛筋の土手焼き、小エビのタルタルソース、ポテトサラダ、魚の南蛮漬けとヤケクソのように盛られて満腹・・・(笑)

Facebookでグルコバの参加者の方がこの店について書かれてましたが、やはり大将は食べログへの掲載を拒否してらっしゃるようです。

食べログのシステムだと、電話番号があれば登録作業は完了するのですが、電話が無い場合は事務局が確認しないと掲載まで行けないので、そこで店側がフィルタをかけられるんですよね。

もう店は常時満席状態の人気になっており、さらに食べログまで載ったら酷いことになりそうなので、このままずっと秘密の隠れ家で居てもらいたいですなあ。

ナニワスタンド
住所: 大阪府大阪市浪速区難波中1-15-23
営業時間: 17:00-29:00
定休日: 土日祝

スポンサードリンク

スポンサードリンク
この店の名物である、トルコライスやオリエンタルライスといった品については随分前から聞き及んでいたのですが、九条という場所では何かのついでに行くという機会も無く、はしご酒の途中というわけにもいかず、ずっと行けないままで時は過ぎ・・・

ところが、先日とある事情で高級ワインをもらう機会がありまして、自宅にワインセラーがあって長期間寝かせられるならともかく、飲み頃になるまで何度も夏の気候を過ごさせるわけにもいかず、当然ながらそんなワインに合わせる料理を作れるはずもないので、正直持て余しておりました。

そこで意を決して、この年末を迎える酒シーズンの前にワイン買取業者へ売っぱらうことにしました。そのお金で、2000円ぐらいのワインをたくさん買ったほうが人生楽しいですからね(笑)。

その業者がたまたま西区の方にあったので、そのついでにゼニヤさんに寄る機会が出来たというわけです。

zeniya

店の外側には麺類のメニューが張り出されていたりして、何の変哲もない極普通の下町にある大衆食堂という感じでオーラは全くありません。

zeniya2

中では老夫婦がゆったりしたペースで調理されており、カウンターには日替わり定食用と思われる惣菜が並んでいたりで、お客さんもいかにも常連然とした近所のおっちゃんで、普通にトンカツなんかを食ったりしています。

名物のライスメニューには、オリエンタルライスやスパニッシュライスなどもありますが、一番飽きずに食べられそうだったのでカレー味のトルコライスを選択。

zeniya3

あまり強くない火でのんびり炒められたトルコライスは、鉄板の上に載って出てきますがあまり温められておらず、上にかけられた生卵はあくまで生卵のまま。そして当然ながらすぐご飯が冷めます・・・これじゃ鉄板の意味が無い(笑)。

味は他の方がレビューで書いている通り、甘辛の調味料ダシがシャバシャバに混ぜられたどんぶりの味。でもカレー粉もしっかり入っていてなかなかスパイシー。

いかにも名物に美味いものなしの典型みたいな書かれ方をするメニューですが、これで鉄板をギンギンに熱くして生卵を半熟に出来たら個人的には悪くない方向性だと思いましたね。まあ、いまさらそういう改良はしないでしょうけど・・・

次はいつ、と言うかご夫婦が引退するまでに来れるか分かりませんが、今度は普通の洋食メニューを頼んでみたいですね。どうもご馳走様!

ゼニヤ定食・食堂 / 九条駅(大阪市営)九条駅(阪神)西九条駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、ガッツリと豚臭いラーメンが食べたくなって、第一旭の関目店に行きました。

第一旭というと、京都駅の東側、高倉通のたかばしのふもとにある第一旭や、神戸を中心としてチェーン展開している系列がありますが、ここはどうもそのどちらにも属していない個人店みたいですね。

IMG_3626

ここのラーメンの特徴は、鍋の大きさに比べると凄く少ない量のお湯で茹でられるデロっとした麺、そして豚のモロモロや脂が浮いた豚骨臭ガッツリのスープと、まったくもって洗練という言葉とは程遠い一杯。

デフォルトでばさっと大量のコショウがかかって出てくるところも、昨今流行りの”こだわり”ラーメンとは完全にかけ離れた存在でもあります。そして何と言っても一杯530円という値段! 最近のラーメンは普通に800円とかする事を考えればこのCPは本当に貴重です。

IMG_3627

しかし「割り」と呼ばれる半ライスと卓上のキャベツキムチと一緒に食すと、これが何ともたまらないジャンキーな魅力になるんですよね~。

今回も美味かったです。どうもご馳走様~!



関連ランキング:ラーメン | 関目駅野江駅蒲生四丁目駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
かつては「点」という名で400円の日替わりランチを提供されていた店が、経営者が変わって呑呑亭という名前になり、400円ランチも今では490円に値上がりしてしまいました。

そのおかげで随分足が遠のく期間があったのですが、他の牛丼屋などがそれ以上に値上げして来ているので相対的に割安感が戻ってきましたね。

dondontei

この日の日替わりは、チキンカツ丼とそば、みかん。そばもどんぶりも共にフルサイズの凄いボリューム。「小」と付け加えて頼む人が多いのも納得です。

dondontei2

相変わらずランチタイムはオヤジ率100%、席を確保して奥でオーダーしつつ湯のみをゲット、食べ終わったらお盆を奥まで自分で持っていくセミ・セルフ方式も変わらず。でもオーダーとレジ担当の人が若い女性になってましたね。

他にもいくつか定食があり、ソーセージ定食ミニチキンカツ付きなんて気になるメニューがあったのでまた訪れようと思ってます。

呑呑亭居酒屋 / 谷町四丁目駅天満橋駅堺筋本町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この店を知ったのはおそらく1年も前の話だったと思いますが、大正という場所柄なかなか気軽に訪れることが出来ない上に、厳選したホルモンを仕入れているので多くの品が2~3食分しか無かったり、洋食系のメニューは手間がかかるせいか時々しか提供されないものが多く、リサーチにかなりの回数と時間がかかってしまいました。

もちろん私のポリシーとして、良い店ほど多くの回数とメニューをこなしてからアップするという方針がありますので、それでちょうど良かったのかもしれませんが(笑)。

hormoneokada

やはりまずこちらの魅力は新鮮なホルモン。肉厚でみずみずしい生センマイ、モチモチと生臭みの無いレバーのようなチレ(膵臓)、サクサクとした歯ざわりとトロンとした食感が不思議と両立しているミノ、綺麗にサシが入ってネットリ官能的なハラミユッケなど、生肉の魅力があふれています。

hormoneokada4

もちろん焼きホルモンも美味で、タンやハツは肉厚でサクサク、堅いけど旨味十分なゲタなどが格安でいただけます。

hormoneokada2

中でもメニュー一番人気はホルモン串。柔らかく下茹でしたハチノスやメンブレン、ハツ、フワ、テッチャン、小腸、ミノなど様々な大ぶりの部位がタレで焼かれ、これで1本たったの120円というバーゲン価格。

他にも一品料理が豊富に揃ってますが、中でもお勧めなのが洋食系のメニュー。

hormoneokada6

繊維がほぐれるまで煮こまれたタンシチュー、すね肉を使ったワインたっぷりの欧風カレーはどちらも肉がギッシリ。

hormoneokada5

サガリのローストビーフや、レバーカツは外側に軽く火が通されただけの極めてレアな逸品。

そして運良く残っていればオーダー必須なのがハラミのカツサンド。

hormoneokada3

和牛ハラミを血が滴るぐらいにレアな状態で揚げたカツをフルーティなソースでサンドし、レアとは思えないぐらいにサクサクと軽く噛み切れる柔らかさと溢れ出る肉汁は昇天モノの旨さです!

上にも書いたように料理は早い者勝ちの売り切れじまいなので、是非早いうちに来店して楽しんでください。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立呑み ほるもんBar おかだホルモン / 大正駅ドーム前駅ドーム前千代崎駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ