カテゴリ: 大阪市

スポンサードリンク
この日は、嫁さんの都合で晩御飯は外食になったのですが、あいにく休肝日の予定日だったので酒が飲めず、食事オンリーならどこにしようかと決めかねておりました。

途中でもとや食堂の前を通りかかり、日替わりの豚肉とニンニクの芽炒めが激しく気になったものの、新規開拓を優先しようとその場はスルー。

しかし目当てにしていた新規店があいにく開いておらず、この日は寒くてわざわざもとやまで戻る気が起こらなくて、少し戻った野江の駅前飯店で食べることにしました。

店の外観や内装は相変わらずの”きたなシュラン”ではありますが、メニューはリニューアルされて定食の写真なんかも掲載されるようになってて、そのコントラストが不釣合いでちょっと笑ってしまいました。

その定食はボリュームが相当あって食べきる自信が無かったので、オーダーは体が温まりそうなちゃんぽんにしました。

IMG_3571

で、おっとり刀でザクッとすくって食べ始めたら、あんかけスープがあまりに熱くて下唇をやけどしてしまいました・・・この時点でテンションかなりダウン(笑)。

この店の八宝菜が醤油味なので、ちゃんぽんも同じ系統かと思ったら意外とあっさりな塩味で、野菜も麺もほどほどの量だったのでフーフー言いながら食べてたらスルッと無くなり、ちょっと物足りない気分で食べ終わりました。

う~ん、体は確かに温まりましたが、この店には野菜大量、ガツンとした味付けを期待していた自分にとっては少し肩透かしだったかなあ・・・どうもご馳走様~。



関連ランキング:中華料理 | 野江駅野江内代駅関目駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
金曜はグルコバの材料を買いに昼休みは天満市場まで。

買い物に時間がかかるので、食事はさっさと食べられる駅前の「大一そば」でカツ丼480円。

IMG_3570

昼休みの前に、大阪にも支店を広げているカツ丼吉兵衛が値上げ+メニュー増加のコンボを決めていて、もう完全に個人店の良さは失われていたなあとTwitterで話題にしていたので、それに影響されました。

カツはちと薄いけど出汁多めでサラサラといけるカツ丼。やっぱりカツ丼なんてのはワンコイン付近で手軽に食べたいものですなあ。ごちそうさま~!



関連ランキング:そば(蕎麦) | 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
お好み焼きの「美津の」と言えば、常時長い行列が出来る難波でも一二を争う人気店ですが、そこで修行されたイケメン店主が営まれている店が谷町三丁目にあります。

ランチなら美津の直伝の山芋100%の山芋焼きにご飯と味噌汁がついた定食が870円。お好み焼き定食ならさらに安い720円でいただけます。

sakura2

山芋はお好み焼きにもふんだんに入っていて、ふんわりした生地と荒目に切られたキャベツ、刻みこんにゃくのコントラストがとても楽しいです。

sakura

肉厚のイカには隠し包丁が入れられ、焼きそばは生麺をその都度ゆでて使うのでシコシコ。ご飯や味噌汁も丁寧に作られて美味しく、全く隙や手抜きがありません。

sakura3

豚バラ2枚を使ったフワフワの豚平焼き、本格的なキムチを使った香ばしい豚キムチといった一品も絶品。鉄板にホイルを載せた上でいただくので最後までアツアツなのも嬉しいですね。

夜は近隣のサラリーマンやカップルで満席な事が多いので、ぜひとも予約を。ランチよりは高めですが、それでも本家よりずっとリーズナブルな値段でいただけますよ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

さくらお好み焼き / 天満橋駅谷町四丁目駅北浜駅

昼総合点★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
丸亀製麺が展開している「天ぷらまきの」が関西圏で人気を博している中、それに対抗するように「まいどおおきに食堂」のフジオフードシステムが「天ぷらえびのや」という店を堺筋本町にオープンさせていました。

IMG_3563

確か8月ぐらいにオープンしてからずっと気になっていたのですが、最近はあんまり揚げ物を食べたいという気が起きなくなっていたので、なかなか訪問できずにいました。が、たまたま昼時にこの近くを通りがかり、どこに行くというあても無かったのでふらりと入ってみました。

夜は単品もあるみたいですがランチタイムは定食のみで、私は一番ベーシックな天麩羅定食(税込み745円)にしてみました。

IMG_3561

長いカウンターの端には、ひじきの煮物、ほうれん草のおひたし、漬物が自由に取れるバーがあって、これはちょっと嬉しいサービスですね。

何故か器になみなみと注がれている天つゆは色が濃い割には意外と薄味で、甘さ控えめでちょっと不思議な味わい。

IMG_3562

天ぷらはエビ、イカ、かぼちゃ、キス、茄子というラインナップで、一度に全部を皿に持って出して来るスタイル。まきのに比べるとかき揚げが無いし、天ぷらの大きさが一回り小さいのでお得感はありません。揚げたてのシズル感も足らないです。

でも味噌汁は、椀の中にあさりがぎっしり入っていて凄いです。これは堺の天ぷら大吉を真似た感じでしょうかね~。

惣菜と味噌汁はいいけど、やはり天ぷら屋なのだから天ぷら自体で勝負して欲しい感じはしますねえ。勝負としては、天ぷらのボリュームがあって揚げたてアツアツで食べられるまきののほうに軍配を上げたいと思います。

天ぷらえびのや 博労町店天ぷら / 長堀橋駅堺筋本町駅松屋町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

スポンサードリンク
Facebookで、古い友人がこの店のピザを進めていたので、日曜日に心斎橋のやまやに行くついでに寄ってみました。

ピザは普段あまり食べないのですが、20年以上前にヨーロッパを貧乏旅行していた時には安いのでイタリアではピザばっかり食べていて、その中でもやはりナポリのピザは格別で、このまま現地で修行して日本に店を開けたらと妄想した事があったぐらいです(笑)。

まあ、長男という立場でありながら1年間の貧乏旅行をさせてもらっていたので、それ以上のワガママは出来ませんでしたが・・・でも今ではこれだけナポリピザが受けてるんですから、その当時に思い切っていたら一財産作れたかもしれませんね~。

というタラレバの話はさておき、ラ・ゴロセッタのランチ。ピザはマルガリータ、マリナーラ、パニーニの3種から選べ、それに前菜がついて1000円ポッキリ。これはイタリアの値段と較べてもリーズナブルですよね。

でも当然休日だからグラスワインも頼んだのですが、これが700円からと結構します・・・量も150ccぐらいですかね~。まあ美味かったんですけど、ビールとか置いてくれないんですかねえ。

IMG_3557

前菜は野菜のキッシュとニンジン、レタスのサラダ、サラミ2種。

IMG_3558

そしてメインのマルガリータ。焼き加減、端っこが盛り上がった生地のふんわり&パリパリ感はまさにナポリピザそのまんま。

さすがに現地と比べると、若干トマトソースのフレッシュ感に欠ける気はしますが、それでもこのレベルのピザが普通に日本で食べられるとは、時代は変わったんだなと痛感しますねえ。

財布はちと痛みましたがさすがに美味かったです。どうもご馳走様!

ラ・ゴロセッタピザ / 長堀橋駅堺筋本町駅心斎橋駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ