カテゴリ: 微妙店探訪

スポンサードリンク
先日、移転復活した明治屋@阿倍野のエントリーを書きましたが、数年前に突然閉店してしまった正宗屋天満店が、北区役所の北側で復活しているという噂も以前から耳にしていました。
で、今回その店に初めて訪れてみたわけですが・・・

ちょっとビールの値段は以前と同じというわけには行きませんが、アテの値段は150~400円というところで、写真の串かつもこれだけのボリュームで300円台ですし、内容は悪くないと思いますよ。
でも、以前の常に活気がみなぎっていた店の雰囲気を知っているだけに、早い時間とは言え客は私1人、店員は厨房とフロア担当が1人ずつで、テレビの音だけが虚しく店内に響き渡っているのには、正直落胆を禁じえませんでした。
魚介メニューもお決まりのマグロ刺身とかしか無く、威勢よく焼けたばかりの蛤を持って客の間を回っていたかつての情景を、つい思い出してしまいました。
当然ながら、それは決して店の人のせいではないのですが、やはり天満正宗屋の大看板を掲げるには、まだまだ厳しいものがあるのではないかと思いました。
なので、残念ながら本サイトへの追加は当面見送ることにします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
グルコバの翌日はお約束のジャパニーズカレー!

がお決まりのパターンですが、今回のグルコバはいろいろとトラブルやハプニングもあってさすがに疲れていたので、仕事場の近所に最近新しく出来た「カレーハウス五番館」という店に行って来ました。
メニューはトンカツとかナスといったものがあるようですが、日替わりでチキンカツとエビフライカレーが680円だったので、とりあえずそれにしておきました。
食べログとかのコメントを見ているとあまり評価が高くないようで最初から期待はしてなかったのですが、それでもレトルトのような甘いルーと冷凍バリバリのフライ、ノンオイルしそドレッシングがかかった大量キャベツのコンビネーションにはかなりテンションが下がりました・・・
卓上にあったチリパウダーとウスターソースで辛味と酸味を補強したおかげで何とか食べきりましたが、このレベルでこの値段はちょっとなあ・・・後から会社員の人が、200円引きのサービスチラシを持ってましたが、それでちょうどいいくらいの値段だなと思ってしまいました(笑)。これならまだ同じ近所にあるINDYのほうが好きかなあ・・・
さて、カレー店密度の高い超激戦区であるこの一帯で、果たしてこのまま生き残っていけるんでしょうか?

大きな地図で見る
スポンサードリンク

スポンサードリンク
安治川口にあった麺屋団長が寺田町に移転し、そこでもブログで評判になっている「麺屋わっしょい」に、いわゆる「汁なし」「合え麺」とジャンルされるメニューが出来たと聞いて、一度行ってみることにしました。

メニューは、以前からの「男の黒醤油ラーメン」に加えて、夜のみの「つけ麺」、そして「男のまぜ麺」という3種類があるようです。
まぜ麺のほうは、ラーメンのような男盛や祭盛といったオプションはありませんが、麺量が100gから400gまで同額で頼めるようですね。ぱっと写真を見たところでは、野菜がほとんど無いようなので300gで今回は行ってみました。
そのまぜ麺には、具として味玉が1個とメンマ、青しそ、豚バラ肉が載っていますが、やはり野菜が無いとビジュアル的に寂しいですね・・・もっとも、どぎゃんさんの例を見ても多すぎる野菜は味を壊すので、程度問題ではありますが。
味は、ニンニクを漬け込んだ醤油が勝った塩辛い味付けで、ビールやご飯が良く合いそうですな。ただ、味が濃い上に単調なので、麺が400gとかだと肉を大盛りにしないとつらそうです。
その肉は、ノーマルでは豚バラの薄切りが2~3枚だけなので、いくら麺が400gまで食べられるとは言え、これで780円はコストパフォーマンス的にはいまいちな感じ。つーか、100gで頼んだら損もいいところですな(苦笑)。
ラーメンの大盛りオプションは以前より安くなったとは言え、全祭盛で800円も取られたりしますし、近大前のマッチョなら麺400g以上+塊の豚+野菜マシマシで800円と、わっしょいのオプション分と同額で死ぬほど食えますよ。
B級グルメを愛する人間としては、たくさん食べる人にサービスする店にはつい好感を持ってしまうのですが、この系列店のシステムは全く逆ですからねえ・・・
このままでは、今後大阪にも増えてくると予想される二郎系のコストパフォーマンスに対抗していくのは厳しいような気がしますが・・・はてさて。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
道頓堀ウォークと言うか川岸にオープンしていた博多ラーメンの「康竜」が、いつの間にか業務形態を変えて「豪竜」という屋号で再出発していました。

この店のコンセプトはいわゆる「豪快系」で、「二段がさねスープ醤油味・黒竜あばれ麺」といった仰々しい名前と、炒め野菜を載せたオプションが特徴的で、野菜デカ盛りを指定するとまるで二郎や麺屋団長の男盛を思わせるようなビジュアルになります。
とは言え、私にとってはそこまでのボリュームは必要ないので、今回は黒竜あばれ麺の醤油+野菜盛りの800円コースで行きました。
ところで二段がさねスープって何だろうと思ってたのですが、ラーメンが運ばれてきたときに、野菜の上から背脂が入ったスープが新たに注がれるんですよね。野菜に味をつけるという効果があるのかもしれませんが、見せるパフォーマンスとしてもいまいちな感じ。注がれるスープの色が全然違うぐらいにしないと驚きが無いですなあ。
味のほうは、いかにも豪快な名前とビジュアルとは裏腹に、ごくごく普通の背脂醤油スープと中太ちぢれ麺で、チャーシューも固くて小さかったし、ぶっちゃけ290円ぐらいのスーパーに売ってるような袋麺を買って野菜を炒めて載せた味とあんまり変わりありませんでした(笑)。
おまけに食券制だったにも関わらず、最初に堂々と野菜盛無しのラーメンを持ってこられましたからね。誰もその盆の上に置いてある半券が目に入ってないのかと(苦笑)。
この内容でこの値段ではさすがに再訪は無いですねえ・・・豪竜もまたすぐに業態変更で改名、とならなければいいのですがね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
そういや、今日はミシュラン2009・京都・大阪版の発表日だったんですね。
東京と同じように、私にとってはまるで縁の無い店ばかり・・・と思っていたら、ウチのサイトにも掲載している「ながほり」が一つ星を取ったようで、ようやくここもミシュランとのつながりが出来たと狂喜しております(嘘)。
さてそんな事はサクッと忘れて、先日古川橋のあたりをウロウロしていたら、太陽軒らあめんの店先に、18時からの夜営業のみ期間限定で「男系ラーメン」が提供されるという看板を見つけてしまいました。
看板を良く見ると、堂々と「JIRO INSPIRE」と書かれているではないですか! つーか、本場である東京を含めて、今までわざわざインスパイアと明記している店を見た事が無いんですが(笑)。
つーわけで、二郎好きとしては行かないわけには行かず、日を改めて男系ラーメンをいただきに上がりました。
男系ラーメンのメニューは3つで、麺量300g+豚50gのノーマルが800円で、豚が150gになった小豚が950円、豚300gの大豚が1200円とかなりのお値段・・・これが普通のラーメンなら、迷わず一番安いものにしたところですが、二郎系という言葉に惑わされてつい小豚を注文(笑)。

出てきたラーメンは、上の通り。オリジナリティのつもりなのか、何故か花鰹がかかっています。
野菜や麺の盛りの具合は二郎標準という感じですが、豚は二郎の豚というよりは単なる煮豚であまり味が染みてなく、スープはノーマルラーメンと同じような豚骨白濁スープで、丼が麺に支配されてスープの量が少ないうえに、二郎のレベルからするとかなりの薄味なので、味にメリハリが付けられずに食べ切るのに苦労しました・・・せめてラーメンダレでも置いてあれば良かったのですが。
麺は不ぞろいな自家製麺なのはいいのですが、腰が無くて柔らかい上に麺がブツ切れになっているので、スープに麺が溶け出してしまい、最後はほうとうを食べているような感じになってしまいました。
ボリューム的には二郎の中でも量が多いとされる店並のものがありましたが、クォリティ的には本家の完成度には遠く及びませんでしたねえ・・・
個人的にはもう食べる事が無いとは思いますが、これから行かれる方がいるのであれば、少なくとも味は濃い目、麺は固めで注文するのは必須でしょうなあ。
追記>その後の訪問でレベルアップを確認しました!今はかなりお薦めです!!
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ