カテゴリ: 微妙店探訪

スポンサードリンク
かねてから関西のB級グルメ界(?)ではつとに有名だった姫路駅の「えきそば」が、阪神百貨店の地下にあるスナックパークに支店を出したそうで、私もようやく味わうことが出来ました。

このえきそばは、大阪で言うところの「黄そば」と同じように、かん水入りの麺に和風ダシをかけて食べるもので、公式サイトによると戦後の食糧難の時代に、小麦粉にコンニャク粉を加えてそば風にして出したのがルーツだそうですね。
で、その有名なえきそばがどんな味なのかとワクワクして食べてみたのですが・・・
そばは粉っぽい味で食感がボソボソ、ダシは天然だし特有の香りが全くありません。そして食後には調味料のベタついた旨みがいつまでも口の中に残ります。
大阪だと香りの無いダシでも甘味や醤油でごまかす店が多いのですが、ここは塩系のストレートなダシなので余計に違和感を感じます。ぶっちゃけ、ダシを一口飲んだ後に、これは新手のスープか何かかな?と一瞬考え込んでしまいました(笑)。
播州方面の方にとっては郷愁の味だそうですからあまり悪く言いたくはありませんが、「名物にうまいもの無し」ということわざを久しぶりに思い出してしまいましたね。
もしかすると姫路駅で食べられるものはまた違うのかもしれませんが、期待が大きすぎただけに残念です。

えきそば 阪神梅田本店 (そば / 梅田、東梅田、西梅田)
★★☆☆☆ 2.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
いい加減、冬から続く近隣探索のネタも無くなってきたところにこの日は雨・・・と言うわけで、あまり個人的な好みではない「大箱・こじゃれ系」の店にまで、ランチの選択範囲を広げてみることにしました。
ここは以前から目をつけていたところで、おにぎりとうどん、小鉢が付いた定食など値段も500円台からあり、全体的にまずまずリーズナブル。その中から私が頼んだのは680円の「カツ丼定食」。
カツ丼と小鉢が2つ、そして1人前と言ってもおかしくないうどんが付いており、カツもかなり分厚くて大きく、見た目はなかなかナイスです。
でも実際に食べてみると・・・ダシは旨味が薄くて麺も立ち食いレベル、カツ丼の卵はほとんど固形な上にご飯があちこちで団子になっており、丼つゆも味にメリハリが無くて少量と、ボリューム以外はかなり残念な出来。2つの小鉢もやっつけ感がありありです。
やっぱり、店の見てくれの割りに安い店は、内容もそれなりなんだなあと再認識させられた次第でありました。
「旬菜そば ぶんろく」
大阪市中央区安土町1丁目4番11
スポンサードリンク

スポンサードリンク
家の近所に、道頓堀にあるラーメン店「神座」の支店が昨年末に出来たので、せっかくなので久々に訪れてみる事にしました。

神座には、かつて道頓堀の裏筋に小さな屋台風の店でやっていた時には結構通っていましたが、支店を出したり本店を移転拡張しだしてからはさっぱりご無沙汰してました。
この鶴見店も、その当時の店構えからは想像も出来ないほどモダンで大きな店構えで、まさにラーメンのファミレスといった感じです。
しかし、そんな大箱でありながらも休日には行列が出来る人気で、この日も平日の夜だったのですが家族連れを中心に8割がたの席が埋まってました。
肝心の久々に食べた神座のラーメンですが・・・う~ん、こんなに寝ぼけた味だったかなあというのが正直な感想。
スープの味自体はそれほど変わってないような気がしますが、白菜がくたっと煮込まれているせいで水分が抜け出し、なんか水っぽいです。麺もプラスチッキーで食味をあまり感じません。
スープに油を加えて高温を保ってさっと煮込むとか、白菜を油通しして載せるとかすればいいんじゃないかと思うのですが、オペレーション的に難しいんでしょうかね。
とりあえずニラキムチとにんにく、辛子味噌をたっぷり入れて味を補完しながら食べ終えました。
まあ食べ応えのあるチャーシューが載ったラーメンの値段が530円、おにぎりなんかも100円ぽっきりと今時にしては良心的なので、家族連れには重宝しそうなのは確かですね。

どうとんぼり神座 鶴見店 (ラーメン / 鴻池新田)
★★★☆☆ 2.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近は福島にも2号店を出すなど、着実に世間に浸透しつつあるラーメン店。
ランチで行くには微妙な距離なので今まで訪れる事が出来なかったのですが、たまたま昼時に近くを通る用事があったので行ってみる事にしました。
塩や味噌、醤油&塩の新味とラーメンの種類は多いですが、まずは基本の熟成醤油ラーメン(680円)を注文。
スープは鶏ガラ・豚骨・和ダシをブレンドしたあっさりタイプで、食べ始めはなかなかおいしいと思ったのですが、食べ進むにつれてだんだんクドさが気になって来ました。
その原因は、かなりクセやエグ味も含めて濃く煮出された節系のダシの上に、さらにおそらく相当量の調味料がプラスされてしまっているからなんですよね。
私はラーメン二郎や大衆中華も大好きですし、決してアンチ調味料派ではないのですが、和ダシに調味料を加える場合はかなり加減に注意しないと、ダシの切れや繊細さというものが全てのっぺりした旨みに塗りつぶされてしまい、味が非常に単調になってしまうんですよね。
メンマやチャーシューはなかなかおいしく、スープの素質も決して悪くないと思うのですが、その点だけが非常に残念に思いました。

拉麺 きはる (ラーメン きはる) (ラーメン / 蒲生四丁目)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
前回のサイト更新の記事で、パワーハウスが閉店と書いてしまいましたが、ちゃんと営業されているようです。関係者の皆様(がここを見てる可能性は無いでしょうが(笑))には大変ご迷惑をおかけしました。
さて、最近スーパー銭湯に隣接する形で店舗を広げている焼肉チェーンの一丁。ここ門真店も、「門の湯」の敷地内に最近出来ました。
あの有名な焼肉店の板前焼肉一斗と姉妹関係があるという話ですが、両方とも京橋に支店を構えていたりするので真偽の程は良く分かりません。
が、ここは焼肉一斗と同様に、店を入ったところに冷蔵ケースを置いて、特上肉や希少肉をディスプレイしているのが特徴です。ただし、こちらは基本的に全席個室で一斗よりも高級なイメージを前面に出しています。
せっかくなので、張り込んで1380円のヒウチと980円の上ハラミを頼んでみましたが、両方とも生肉では非常に綺麗なのですが、焼いて食べてみると見た目ほどのきめの細かさが感じられなくて残念。量も少なめですし、上物については西成の長寿園や桃谷の萬野に軍配が上がりますね。
でも、生レバーとホルモンの4種盛(この日はテッチャン、アカセン、フク、タン先)については、普通だったタン先を除けば熟成も程よく旨みもたっぷりあって非常に良かったです。この辺はホルモン系が弱い一斗と違うところですね。
サイドメニューのサラダとクッパはいまいちだったし、店の雰囲気と値段の割に接客もなってなかったので総合的に見て強くお薦めできる店ではありませんが、つけ塩に5種類の塩が選べるのは楽しいし、そこそこおしゃれで外れの肉を引きたくないデート目的にはまずまず使える店なんじゃないでしょうか。
焼肉一丁 門真店
住所:門真市大字三ツ島989(門の湯敷地内)
電話: 072-884-2917
営業時間:日~木・祝日17:00-24:00 金・土・祝前日17:00-25:00
定休日:第3火曜
http://www.icchou.com
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ