カテゴリ: 微妙店探訪

スポンサードリンク
いろいろと引越し準備で多忙の中、予約していたソニーのロケーションフリープレイヤーなどを受け取りにヨドバシカメラまで行きました。
荷物も重かったし、梅田界隈で安い所と言うと兎我野町方面まで行かなければなかなか無いので、あきらめてビルのレストラン街の中で探す事にしました。
しかし、日曜日のディナータイムとあってかどこの店も凄い人で、カプリチョーザなんかはUSJと見まがうばかりの行列が出来ている有様です。
当然、こっちはそんなに待っていられないわけで、空いている店の中から選んだのが焼鳥の「播州や」です。
まあぶっちゃけ客人気や立地を考えると、内容にはほとんど期待できなかったわけですが、意外にも鶏肉の味はしっかりとしていて、焼鳥の肉も大ぶりで楽しめました。
ただ、料理が出てくるのが全体的に遅くて、釜飯に至っては40分かかると言われたのには閉口しました。値段も決して安くないのだから、もう少しオペレーションを改善して欲しいものです。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日訪れた食博の前売り券に、食博の協賛店で使えば200円割引してもらえるチケットがついていた事をすっかり忘れていまして、5/15の使用期限までに使わなきゃという事で、以前から少し気になっていた船場センタービルのコタニという洋食屋に行ってきました。
ここの名物はジャーマンライスというものらしく、私もそれを頼んでみたのですが、ご飯の上にハヤシソースと玉子が乗っかっていて、それを器ごとオーブンで焼いたような感じのもので、味も見た目もまさしく「ニューライト」のセイロンライスのグレードアップ版といった感じでした。
しかし、いくらサラダとスープが付いているとは言え、たんぱく質と呼べるものはソースの上の玉子のみで840円と言う値段は高すぎます。食博の割引を使って640円にしてさえも、まだ割高な気持ちが残ったぐらいです。
でもこれで結構お客さんが入っているんですよねえ・・・船場の人たちは金持ちだ(笑)。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
お目当ての店が臨時休業だったので、うろうろしていたらカツ丼、親子丼、マグロ丼が400円という看板が目に止まり、値段につられて入ってみました。夜は焼鳥を出すマイナーチェーン店のようです。
3つの中からカツ丼を頼んでみましたが、かなり底の深いずっしりとした丼鉢にご飯がこんもりと盛られ、その上に卵で軽くとじられたカツが乗っかっています。
ご飯のボリュームは十分だし肉質もまずまずで、一瞬これはかなりお得かな?と思いましたが、食べ終わると「う~ん」という感じになりました。
やっぱり、丼モノってのはバランスだと思うんですよね。
具を頬張ってメシをかっこみ、合間に漬物をかじる。最初はまず具の力で入り、ご飯の割合が大きくなる後半は、今度はメシに染み込んだダシがおかずとなる。このリズムとバランスがあってこその丼なんです。
一度、吉野家でも流行りの「つゆだく」を頼んだ事がありますが、最初から最後までダシまみれでご飯の味が分かりませんでした。鍋などを食べた後のおじやとかなら締めという意味で単調でもいいのですが、それ自体で食事が完結する丼は、丼茶碗の中での起承転結が欲しいのです。
そういう意味でここのカツ丼は、まずご飯が多すぎてカツを小出しに食べなくてはならず、ダシも弱くて量が少ないので白ご飯ばかり食べているような気になってしまいます。小皿で添えられたたくあんも薄いのが二切れしか無く、これではご飯の合いの手になりません。
全体的にご飯の量を減らしてダシにもう少しパンチを利かせ、付け合せのたくあんを取り放題にすれば、カツ自体は悪くないだけにもっと満足度は高くなると思うんですけどねえ。非常に惜しい店です。
一串一杯ちょっと
住所:大阪府大阪市中央区谷町6-4-8-103
電話:06-6765-9448
スポンサードリンク

スポンサードリンク
韓国ではポピュラーなものの、日本ではなかなかお目にかからなかったソルロンタン(牛肉やモツを煮込んだ白濁したあっさりスープ)の専門店が鶴橋に出来たと聞いて行って見ました。
場所は、JR鶴橋駅を出て西へ行ってすぐにある下味原交差点を少し北に行ったところ。
メニューは、ソルロンタンの定食とクッパが両方580円となかなかリーズナブル。2つのメニューの違いはご飯が最初からスープに入っているかどうかの違いだけ(笑)。
まず最初に、食べ放題のキムチが出てきます。一口食べると、妙に甘味が強くて粘り気があるのが気になります。本格的なものではなくて、ちょうどスーパーで売られているような安物っぽい。
そのうちソルロンタンが出てきました。スープには最初から塩味がついていて、好みで卓上の塩や胡椒、唐辛子をかけて食べてくださいと言われます。
スープや中に入っている肉の量はなかなか多いですが、ゼラチン質やコクは少し物足りなく、旨み調味料に頼り気味の点が気になります。この値段では仕方ないのでしょうか。
まあ手軽にお腹がいっぱいにはなってくれるので、鶴橋での気軽な食事どころとしてはいいんじゃないでしょうか。
鶴橋ソルロンタン
住所:大阪市天王寺区味原町11-1
電話:06-6191-6988
営業時間:11:30-23:00
定休日:無休
鶴橋ソルロンタン (韓国料理 / 地下鉄 鶴橋)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
名店ばかりを書いているとすぐにネタが無くなってしまいそうなので、結構巷で評判が高かったりするんだけど、叩く気にならないまでも、本サイトにあまり載せる気にはならない微妙な店を取り上げる「微妙店探訪」のカテゴリーを始めてしまう事にしました。
こちらの第一回目は「インデアンカレー」です。
大阪を代表するカレーだと名声が高く、熱狂的なファンの人も多い店なんですが、席はカウンターのみ、キャベツのピクルスがちょっとついた甘辛いカレーが730円ってのは正直納得が行かないんですよね。
それでも味は得正よりはおいしいと思いますが、230円の値段差分違うかと言われるとどうも・・・私が甘辛系のカレーがあんまり好きじゃないってのもあるんですが。
まあ、ある意味大阪人にとってのソウルフードなのかもしれませんねえ。
インデアンカレー 北浜 (カレーライス / 北浜)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ