カテゴリ: カレー・インド料理

スポンサードリンク
次回のグルコバは北インド料理がテーマの予定。

なので、試作として北インド風のエッグマサラカレーを作ってみました。

IMG_3687

ゆで卵を作って殻をむき、4方向にスリットを入れてトマトベースのマサラで軽く煮込み、卵を崩してマサラと合わせていただきます。

マサラは北インド風にクミンとフェンネル、アムチュールを使った酸味が効いたタイプ。でもどちらかと言うとチャナ・マサラ向きで、卵にはもう少し酸味を抑えてトマトの甘みを強めたほうが良いような気がします。

またレシピを若干修正し、グルコバで万全な形で出すつもりですのでお楽しみに~!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は日帰りで東京への出張。残念ながら会議が7時まであるスケジュールなので、夜は新幹線の車内で食べざるを得ないため、昼だけは何とか希望の店に行けるよう計画を練り練り。

でも同僚との同行旅だったので寄り道が出来ず、乗り換え地点で探して決めたのが「南インド料理ダクシン」。以前の出張でニルワナムへ行った時に、Facebookでマニアな人たちから推薦されたお店です。

IMG_3573

ちょうど12時ぐらいに入ったら、既に席が埋まってしまう直前で、我々のすぐ後で満員になってしまいました。ラッキー♪

もちろんタンドール職人も配備で一般受けしそうなカレー+ナーンのセットなんかもあったりしますが、私のオーダーはランチミールス。パンはナーン、バトゥラも選べますがこれも当然ドーサで。

IMG_3574

3種の中から2品選べるカレーは、「ネワリー(ネパール)風の魚カレー」と「チキンチェティナード」。それにサンバル、ラッサム、ココナツチャットニー、サラダ、パパド、ライスという構成。

いきなり度肝を抜かれたのがラッサムのコショウとガーリックのパンチ力。グルコバで作る時は皆さんが食べられるように比較的マイルドな辛さにしてますが、ここのラッサムはかなりの本場仕様ですな~。

トゥールダルを使った正統派サンバルは酸味こそ穏やかですがスモーキーな風味が個性的で、やはりこれも辛味がガツンと効いてます。

対照的にココナツチャットニーはあまりスパイスが入らずココナツの甘さを活かした上品なもの。パリパリと極薄に仕上げられたドーサとの相性は絶品です。

ノンベジはどちらも玉ねぎとトマトたっぷりのマサラ風。南インド料理店なのに珍しいネワリー風カレーはタマリンドが入らずレモンの爽やかな酸味が印象的。チキンチェティナードは、カルダモンと八角がガツンと効いていかにもチェティナード風といったリッチさ。

全体的に個性的なスパイス使いと辛味が特徴的で、あまり日本人向きにアレンジしていない南インド料理だという気がしました。ニルワナムが典型的レストランタイプだとすれば、こちらは街で人気の食堂の味といった感じでしょうか。どうもご馳走様!

南インド料理ダクシン 八重洲店インド料理 / 京橋駅東京駅宝町駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
土曜は突然思い立って、スリランカ料理のデビルドポークを試作してみました。

IMG_3453

見た目はまるで酢豚のような感じですが、まさにインディアン・チャイニーズと呼ばれる料理ジャンルの1つで、レシピにはよる中華に近いケチャップが入ったりするものもあったりしますが、今回の味付けは醤油とビネガー、スパイス数種類にしました。

青唐辛子の辛味が効いて、何ともビールが進む一品です(^o^)。次回グルコバで出す予定なのでお楽しみに!

ただ、肉は試作なので冷凍の肩ロースを使いましたが、本番は豚バラ肉を使う予定ですし、下茹での時間はもうちょっとかけて柔らかく調整しようと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
来週に迫ったグルコバへの試作として、土曜日はカルナータカ・サンバルとケララ・パロタを作りました。

IMG_3358サンバルは、東京で食べたニルワナムのサンバルが美味しかったので、それをイメージして作ってみたのですがムングダルの煮崩し方が足りなかったのと、ダルの濃度に比べてタマリンドと砂糖が強すぎて、味は悪くなかったのですがちょっとイメージとは違う出来になってしまいました。

パロタのほうは生地を回して広げるやり方のコツが大分つかめた感じで、次回はパロタ&ビリヤニ職人のA君が食事からの参加で調理の助っ人にはなれないのですが、これで何とかなりそうです。

サンバルは、グルコバ用にはちゃんとレシピを調整した上で出す予定なのでお楽しみに!

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今月21日に行う予定のグルコバ。

私のモットーとして、毎回何かしら新しい料理を入れることを義務付けているのですが、今回選んだのは甘くない塩味の揚げ菓子「ムルック」。

IMG_3320

ベスン粉というチャナダルを粉にしたものと米粉、ゴマ、ターメリックなどが入った、カリカリと香ばしい味わいが特徴的です。

表面がギザギザになっているのは、生地を押し出す器具に付ける穴が星型になっているからなんですよね。色と形とトグロ型がちと・・・な感じではありますが(笑)。

IMG_3319

この手回しで生地を押し出す器具は、もともと米粉を使った麺のイディヤパン用に購入したのですが、その中に星型の穴があって、最近まではチュロスみたいなお菓子に使うのかなと思ってました。

しかし、ある時たまたま偶然にムルックを作っている動画を見てみたところ、まさにこの器具で押し出しているのが映しだされ、それで作ってみる気が起こってしまったというわけです。

今回の試作では思ったよりも生地がもちっと重くてターメリックも効きすぎていたので、修正した上でグルコバに提供したいと思います!
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ