カテゴリ: カレー・インド料理

スポンサードリンク
私自身はどちらかと言うとインド料理は食べるよりも作る派なので、普段外食でインド料理の店に行くことは少ないのですが、グルコバの常連さんにはカレーのプリンス君やみつおさん、怪人Uさんなど毎日のようにインド料理を外食されている方がゴロゴロいらっしゃいます。

ある時、たまたま南インド料理を食べるならどこが良いかという話になった時、その方々のほとんどがオススメされていたのが、東京の神谷町にあるニルワナムというお店。

東京で一流のインド料理というと、カレー1品で4桁というのも珍しくないのですが、ここはランチタイムに1200円という値段で食べ放題のビュッフェをやっており、あの作るのに手間がかかるワダまで揃えているというのだから凄いです。

今回はたまたま珍しく東京へ出張する機会があったので、ラーメンとかと迷ったのですが(笑)、21日開催のグルコバの参考になるかと思い、訪れてみました。

昼時は混むという情報を聞いていたので、あえてゆっくり気味に移動して1時前に着いたのですが、それでも6人ぐらいの待ち客がいて15分ほど待たされました。(@_@;)

IMG_3304

店は意外とコンパクトで、傍らにビュッフェカウンターがしつらえてあります。これはテンション上がりますな~!

まず1回目はベジタリアン料理で攻めてみました。

IMG_3313

写真にはカトゥリが4個写ってますけど、本当は1人2個しか使ったらダメだったようですね・・・使った後から張り紙を見て気が付きました。すいません・・・(^_^;)

まず秀逸だったのが冬瓜の入ったサンバル。こちらのサンバルはカルナータカスタイルらしくほんのりした甘みが特徴的で、癖のないムングダルのコクとタマリンドとのバランスが絶妙で実に美味しいです。

そしてワダがカリカリのフワフワ! おそらくウェットグラインダーで相当細かくすりつぶしたであろうきめ細かい生地でありながら、気泡があってとても軽くクリスピー。もしかするとベーキングソーダが入っているのかもしれません。

ベジタブル・カダイはトマトとカシューナッツ、ガラムマサラが効いたリッチなグレイビーで北インドっぽいカレー。

チャナダルカレーは、カブリ・チャナとカラ・チャナの2種を使った、カレーというよりは汁のないポリヤルっぽい素朴なおかず。

グルコバでもよく作る、パイ状に生地を折りたたんで焼いたケララ・パローターは、作ってから時間が経っているせいか生地同士がくっついていて固かったのが残念。

辛さが欲しい人用にはチリペーストがあり、鷹の爪とビネガーが主体なので入れ過ぎると味を壊しかねない感じ。

そして2皿目はノンベジメインで。

IMG_3314

マトンカレーはカシューナッツとトマト主体のグレイビーで、カレーリーフも入っている。マトンが凄く柔らかく煮こまれていた。

チキンキーマカレーは玉ねぎを焦がさず炒めてココナツミルクを合わせたグレイビーで、白っぽい仕上げがレストランの技。淡白になりがちな鶏肉でちゃんと旨味を引き出しているのがさすが。

チキン・ケバブはまんまスパイス味の唐揚げ。単なるサウザンアイランドドレッシングのサラダとともに特筆すべきものは無いかな。

ジーラ・ライスはターメリックじゃなくてちゃんとサフランで炊きあげているのがわかる色合い。日本米だけど、サフランってだけで十分豪華な気分になります。

写真は撮ってないけど、デザートはカルダモンの香りを効かせたラヴァ・パヤサム。ウップマなどに使う粗びきセモリナ粉をそのまま使ったドロドロの食感が珍しいです。

いや~、どれもきちんとプロの技とレストランらしいリッチな味わいを感じられる料理で大変に堪能いたしました。カルナータカスタイルのサンバルは今度のグルコバで再現してみようかな? どうもごちそうさまでした!

ニルヴァナムインド料理 / 神谷町駅御成門駅六本木一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
次回7/27開催のグルコバが、アーンドラ・プラデーシュ州の料理がテーマなので、アーンドラならではの独特なダール(挽き割り豆がメインのカレー)であるトマト・パプを作りました。

IMG_3052

主食はケララ名物の折り込みパンであるパロタで。上はパロタ生地を薄く伸ばしてクルクルと棒状に巻き、それとトグロのようにまとめたところ。これをさらに麺棒で伸ばして焼き上げます。

普通の南インド料理のダールは、マスールダールやムングダールを使うことが多いのですが、パプはサンバルなどに使われるトゥールダールを使い、なおかつパウダースパイスにサンバルマサラを使うという、ダールとサンバルの合いの子のような料理なのです。

IMG_3054

パプは、これもアーンドラ料理でよく使われるキーライと呼ばれるアマランサスの葉っぱと煮込む場合もありますが、それだとさらに癖が強くなるので、日本人向けにはトマトを使ったこのトマト・パプのほうが受け入れやすい気がしますね。

パプだけでなくアーンドラ料理自体が全体的に濃いので、グルコバではややレシピを軽めの方向に調整して出そうと思っています。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
あくまでカレンダー通りではありますが、我が家にもゴールデンウィークがやって来ました。

どこかの日程でバーベキューに行こうとまずは肉を買い込み、ついでに次回グルコバで出すスリランカのチキンカレー、ククルマス・ウェンジャナを試作するために手羽元を購入。晩御飯でいただきました。

IMG_2836

ククルマス・ウェンジャナのレシピにはいろんなタイプがあるのですが、これは比較的オールドシンハラなスタイルで、ココナツミルクやトマトを使わず、ココナツを煎ったものとゴラカで作りました。

お酒や醤油といったアミノ酸成分は一切入れてないのですが、不思議と和の旨味を濃厚に感じるカレーになりました。うん、滅多に自分のカレーを褒めない私ですが、今回はかなり美味しく出来ましたよ!

グルコバではもっと本格的に大山どりの骨付きぶつ切りを使って作りますのでお楽しみに~!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週、某激安スーパーで間引かれた鹿肉を売っているのをたまたま見つけ、その時はスルーしたのですが何となく気になったので週末に購入、お約束でカレーにしてみました。

レシピは、トマトとヨーグルトベースのグレイビーで煮込む北インド定番のカレー、ローガンジョシュです。

鹿肉は、生の状態だと非常に柔らかくてほとんど臭いがしなかったんですが、いざ煮込んでみると結構獣臭が強く、1時間ぐらいでは堅いままだったのにはちょっと驚きました。

なので、1時間半きっちりスパイスで煮込んで臭みを飛ばして出来上がり。

IMG_2665

食べてみると、鉄分が多い肉質のせいか結構ヨーグルトの酸味が尖った感じがして、思ったよりもダシ感は薄め。でも他の肉に比べると食べた後で体がポカポカしたので、薬膳的には効果がありそうな食材だと思いました。

来週もまだ残っていれば、グルコバでも鹿肉を使ってみようと思っています。無かったら、多分マトン(笑)。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
天満橋から堺筋本町までの一帯は、言わずと知れたカレー激戦区なのですが、あのカシミールの近く、丁字と同じ建物の1Fという激戦区中の激戦区で、キラリと光る欧風カレーを出している店です。

と言ってもカレーカレーした店ではなく、インテリアが白で統一された明るいカフェで、女性店主が一人で切り盛りされてます。

基本は700円の「北浜ベジカレー」で、ルーには牛肉が崩れるまで溶け込んでおり、ビーフの旨味とふんだんに使われたワインが効いた大人の味わい。もちろん同じベースで作られたであろうハヤシライスも美味。

fitcafe

男性客にお勧めなのがカツカレーで、大きなカツだけでなく芋の素揚げなどの揚げ物が乗っかり、店の雰囲気とは正反対のガッツリボリュームなのが嬉しいです。

fitcafe2

ドライカレーにホワイトソースを載せて焼いた「白い焼きカレー」(800円)も、口の中がやけど必須の熱々ソースがグラタン皿の縁スレスレまで入って食べ応え十分。

他にもトマトがまるごと載ったカレー、揚げ物やサラダ、デザートがついたプレートランチ、そしてハヤシライスというバリエーションがあります。

ランチタイムは女性客を中心にかなり賑わっているので、場合によっては料理が出てくるのに多少待つことがあるのでご注意。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

フィットカフェカレーライス / 北浜駅なにわ橋駅天満橋駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ