カテゴリ: カレー・インド料理

スポンサードリンク
グルコバ仲間のだいこんさんから、敷津西にあるネパール料理専門店である「ねぱりこちゅろ」のダルバートが、クーポンで半額になってるので皆で食べませんか、というお誘いをいただき、いつものえて吉さん、あきこさんと一緒に訪れました。

実は、開催数日前に店の場所を調べてみようと思ったら、なんと食べログには「閉店」マークが記載されており、これはどうなったのかと心配してだいこんさんに調べてもらったら、ネパールやタイ、インド、韓国などアジア各国の料理を提供する「アジアンダイニング アガン」という店に変わってしまってました。どちらも同じオアシスカフェの系列なので、場所やスタッフは変わらずに店の業務形態が変わったという事でしょうか。

だいこんさんが念のため店の方に確認したらダルバートもやれるよ、との事だったので会は無事予定通りに開催。しかし今度は私のほうが、この日は急に熱っぽくなったために一時はキャンセルを考えたのですが、既にクーポンを買っているからその分が丸損になってしまうので、何とか風邪薬を飲んでたどり着きました。

IMG_2580

真っ暗で人通りが無い敷津西の界隈で突如現れるド派手なアジアンダイニングの看板。

ぶっちゃけ、この大国町界隈はかつては靴を中心とした軽工業で栄えた町なのですが、アジアからの輸入攻勢で靴産業自体が没落、バブル時代に粗悪なワンルームマンションが林立され、一時は裏風俗のメッカになるなど、とても一見客を呼び込める立地では無いんですよね。

この近くには大衆洋食の名店「とんちゃん」がありますが、地元のおっちゃん相手の昼だけの営業になっていますし、アジア料理に業態を変えてもこの場所では相当無理があるんじゃないかと思いますが・・・

で、当然のように客は我々だけでマトンの串焼きシェクワとダルバート、そしてビールをいただきました。

IMG_2582

シェクワはクミンとガラムマサラが効いており、インドのようにヨーグルトには漬けておらず歯ごたえは固め、ウイグル料理のカワプとよく似た感じですね。

IMG_2583

ダルバートは、黄えんどうやトゥール豆、キドニービーンズなど6種類の豆を使ったリッチなダールに、トマトとヨーグルト、生クリームのグレイビーで煮込んだマトンタルカリ、大根と人参のアツァール、じゃがいものアツァール、ほうれん草のサグ、ブロッコリーとミックスベジのタルカリ、日本米という構成。

ダールにはジンブーと呼ばれるネパール独特の香草が使われており、ひなびた味わいで滋味深い出来栄え。マトンカレーはインド系グレイビーでリッチ過ぎる嫌いはありましたが、アツァールもサグもネパールっぽくシンプルな味わいで良かったです。

ただ、このダルバートはもともと1800円の品だったみたいで、ちょっとその値段では立地的に厳しいでしょうねえ・・・正直なところアジアンダイニングに変えたところで時間の問題のような気がします。ネパール単体の料理店でもゴルカバザールなどはしっかり続いていたりするので、立地や内容を練り直せば前の業態でも十分勝負出来るのにと思いました。

当然ながら、今の店にはダルバートがメニューから無くなってますので、食べられるかどうかは店の方に確認してください。

アジアンダイニング アガン
556-0015 大阪府大阪市浪速区敷津西2-9-7
06-6636-5131


大きな地図で見る
スポンサードリンク

スポンサードリンク
土曜日にいつもの「はまや食品」を覗いてみたら、オージー牛の赤身筋肉が安くで売られていたので、これを使ってカレーを作ることにしました。

が、冷蔵庫の中を見ると干からびかけたミントを発見。せっかくなのでミントが無いと味に締まりが出ないビリヤーニに路線を変更しました。

赤身筋はどれだけ煮たら柔らかくなるのかちょっと予測がつかないので、万全を期するならあらかじめ煮込んだカレーを作り、それをライスと合わせるパッキ式ビリヤーニにするのがベターなんでしょうが、ちょっとそれでは面白く無いのでヨーグルトマリネを鍋底に敷き、直接肉を仕上げるカッチ式で作りました。

輸入牛やマトンは長時間煮こまないと柔らかくならないので、カッチ式で行くならキウイやパイン、パパイヤなどの消化酵素を持った果物を加えるのがセオリーなのですが、それだと肉がグズグズになってしまうのがあまり好きではないので、今回は玉ねぎのすりおろしとビネガーで一晩マリネしてみました。

その出来上がりがこちら。試作なのでジャスミンライス+フードカラー。グルコバの本番ではちゃんとバスマティライスとサフランを使いますよ!

IMG_2573

最初はフライパンの上に鍋を載せて1時間ほど弱火にかけたのですが、蓋を開けてみると全然出来てなかったので、直火で30分追加で炊きました。なので肉は焦げ目ができちゃいました・・・

赤身筋肉はやっぱりちょっと堅めの仕上がりになりましたが、自分的にはグズグズよりはこれぐらいの歯ごたえがあったほうが良い気がします。

前回はシーフードのビリヤーニを作りましたが、ビーフだと肉汁と脂の濃厚な味わいが米粒に染みわたるのが分かり、やっぱビリヤーニには魚よりも肉が合うな~と思いました。

ただ、はまやはしょっちゅう品揃えが変わるので、この肉をグルコバで使えるかどうかは不明・・・今度はハラルフードショップで売ってる牛肉で作ってみたいと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
私がバックパッカー旅行でインドに行ったのは、もうかれこれ20年以上も前の話になるのですが、その頃からマギーのインスタント麺はインドの食生活に根付いていて、あちこちのパパママショップで見かけたものでした。

IMG_2550

当時食べたインスタント麺は、汁が少ない焼きそばタイプだったような気がするのですが、こちらの大阪マスジド下のハラルフードショップで買った品物は500ccのお湯でゆでると書いてあるので、普通のラーメンっぽいです。調べてみると、マギーのインスタント麺シリーズはマレーシアでも作られているようで、どうやらそっちの製品らしいですね。

麺の量は普通のインスタント麺よりも少なめで、その割にお湯の量とスープの入れ物のバランスが取れてないような気がしたので、お湯を少なめの400ccにして作ってみました。

IMG_2553

確かにマサラ味というよりは普通のカレーラーメンのような味で、あんまり驚きは無かったですね。麺の食感や風味がボソボソしていまいちなので、スープを濃くしてパンチを効かせたのは正解でした。

まあこれ自体はもう買わないでしょうが、久々にインド製の汁なしマサラインスタント麺を食べてみたくなりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
前回のグルコバでチキン・ビリヤーニを作った時に、常連さんとの間で牡蠣などを使ったビリヤーニの話題が出て来て、東京のガネーシュで食べた牡蠣ビリヤニは凄かったけど、あれを自作するのは大変、みたいな話で盛り上がっていました。

でもまだ自分で海鮮もののビリヤーニは作った事が無く、いったいどんなものになるのか話からでは想像が出来なかったので、試しに自分で作ってみることにしました。

IMG_2520

あくまで試作なので、材料はその辺の安スーパーで買った食材です。米もバスマティの在庫が無いのでジャスミンライス。牡蠣なんか割引品だったし(笑)。

IMG_2524

冷蔵庫にトマトが余っていたので、トマトを加えたマサラを作り、その上にライスをかぶせるパッキ・ダム式ビリヤーニで行きました。

IMG_2525

シーフードはマサラでさっと煮て取り出し、ライスの上に並べました。当然、サフランなんか使わずフードカラー使用。

IMG_2527

出来上がりはこんな感じ。Facebookでもちょっとネタになりましたが、米がバスマティじゃないのもあってホントにスパイス入りパエリャという印象。牡蠣じゃなくてアサリだったら見た目からして区別がつかないですよね(笑)。

海老とイカは見た目が豪華だけどそれほどダシが出るわけではないし、牡蠣に火が通ると大分縮んでしまうので、牡蠣の量的にはこの倍、米1合あたり100g程度は欲しいですね。

あと、海鮮ビリヤーニにトマトの甘さはちょっと邪魔な気がします。酸味のほうが相性良さそうなので、レモン汁を加えたいところ。ミントも肉ビリヤーニほどには必要ないかもしれません。

あと1回ぐらい試作をしてみて、自信が持てる出来になったらグルコバで出したいと思います。ただし、コストが相当かかるので料金は値上げで対応させてもらうと思いますが・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク
次回のグルコバではビリヤーニをメインに出す予定で、そのサイドメニューでチャートを出そうかなと思っています。

で、今年のインディア・メーラーで食べたパニプリとパプリチャートを再現してみました。

IMG_2299

あくまで試作なので、豆とかセブはパスして中身の具はじゃがいもと玉ねぎのみ。でもダヒやらチャットニーやらパニやら作るのは手数がやたらかかって相当大変でした・・・

IMG_2300

小さくパプリチャートにしてみました。スイートタマリンドソースの甘酸っぱさがなかなかよい感じで、これなら人に出しても恥ずかしくないかなと。

ただしパニプリのほうは難しい・・・大きく膨らまそうと思ったら皮は薄くしなといけないし、薄くし過ぎると破裂してやっぱり膨らまないし。ブーンディ、つまりパニ水に浮かんだ揚げ玉も天カスみたいになってるし。

おそらく、本場の丸々としたプリは機械でのしているんでしょうね。こっちはグルコバで出すのはやめとくか~。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ