カテゴリ: 名店探訪

スポンサードリンク
私自身はどちらかと言うとインド料理は食べるよりも作る派なので、普段外食でインド料理の店に行くことは少ないのですが、グルコバの常連さんにはカレーのプリンス君やみつおさん、怪人Uさんなど毎日のようにインド料理を外食されている方がゴロゴロいらっしゃいます。

ある時、たまたま南インド料理を食べるならどこが良いかという話になった時、その方々のほとんどがオススメされていたのが、東京の神谷町にあるニルワナムというお店。

東京で一流のインド料理というと、カレー1品で4桁というのも珍しくないのですが、ここはランチタイムに1200円という値段で食べ放題のビュッフェをやっており、あの作るのに手間がかかるワダまで揃えているというのだから凄いです。

今回はたまたま珍しく東京へ出張する機会があったので、ラーメンとかと迷ったのですが(笑)、21日開催のグルコバの参考になるかと思い、訪れてみました。

昼時は混むという情報を聞いていたので、あえてゆっくり気味に移動して1時前に着いたのですが、それでも6人ぐらいの待ち客がいて15分ほど待たされました。(@_@;)

IMG_3304

店は意外とコンパクトで、傍らにビュッフェカウンターがしつらえてあります。これはテンション上がりますな~!

まず1回目はベジタリアン料理で攻めてみました。

IMG_3313

写真にはカトゥリが4個写ってますけど、本当は1人2個しか使ったらダメだったようですね・・・使った後から張り紙を見て気が付きました。すいません・・・(^_^;)

まず秀逸だったのが冬瓜の入ったサンバル。こちらのサンバルはカルナータカスタイルらしくほんのりした甘みが特徴的で、癖のないムングダルのコクとタマリンドとのバランスが絶妙で実に美味しいです。

そしてワダがカリカリのフワフワ! おそらくウェットグラインダーで相当細かくすりつぶしたであろうきめ細かい生地でありながら、気泡があってとても軽くクリスピー。もしかするとベーキングソーダが入っているのかもしれません。

ベジタブル・カダイはトマトとカシューナッツ、ガラムマサラが効いたリッチなグレイビーで北インドっぽいカレー。

チャナダルカレーは、カブリ・チャナとカラ・チャナの2種を使った、カレーというよりは汁のないポリヤルっぽい素朴なおかず。

グルコバでもよく作る、パイ状に生地を折りたたんで焼いたケララ・パローターは、作ってから時間が経っているせいか生地同士がくっついていて固かったのが残念。

辛さが欲しい人用にはチリペーストがあり、鷹の爪とビネガーが主体なので入れ過ぎると味を壊しかねない感じ。

そして2皿目はノンベジメインで。

IMG_3314

マトンカレーはカシューナッツとトマト主体のグレイビーで、カレーリーフも入っている。マトンが凄く柔らかく煮こまれていた。

チキンキーマカレーは玉ねぎを焦がさず炒めてココナツミルクを合わせたグレイビーで、白っぽい仕上げがレストランの技。淡白になりがちな鶏肉でちゃんと旨味を引き出しているのがさすが。

チキン・ケバブはまんまスパイス味の唐揚げ。単なるサウザンアイランドドレッシングのサラダとともに特筆すべきものは無いかな。

ジーラ・ライスはターメリックじゃなくてちゃんとサフランで炊きあげているのがわかる色合い。日本米だけど、サフランってだけで十分豪華な気分になります。

写真は撮ってないけど、デザートはカルダモンの香りを効かせたラヴァ・パヤサム。ウップマなどに使う粗びきセモリナ粉をそのまま使ったドロドロの食感が珍しいです。

いや~、どれもきちんとプロの技とレストランらしいリッチな味わいを感じられる料理で大変に堪能いたしました。カルナータカスタイルのサンバルは今度のグルコバで再現してみようかな? どうもごちそうさまでした!

ニルヴァナムインド料理 / 神谷町駅御成門駅六本木一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
カンテキと針金で出来た網で焼く、まさに昭和スタイルの焼肉屋であった天下茶屋の「角店」。

1年半前ぐらいに店を閉めて工事をしているという情報を聞いた時は、完全に閉店してしまったものだと思っていました。しかし、その後掲示板で再開したのではという情報を聞き、一度確かめに行かないとと思っていました。

この日はたまたま、このあたりで新規開拓をしようと思って来たのですが、定休日が無い店だと食べログに書いてあったのに休日の張り紙があって断念。そこでふと思いついて再訪したというわけです。

kadomise

店は扉が新調されて綺麗になってますが看板はそのまま。中はカウンターが新調されてカンテキは無くなり、ロストルが並ぶようになっています。

お店で働いているのはかつての老主人ではなくイケメンの若い方。女将さんはそのまま働いているっぽいですが、ご主人は血縁は無さそうな様子。

kadomise2

噂では前の店のタレと、現店主のタレの2種類が出て来るという話でしたが、それは本当でした。以前のタレはほとんど甘みがない醤油+ラー油味で、揉みダレも甘さがほとんどありません。現在のタレは割りとノーマルな甘みのあるタイプで、交互につけて食べると楽しいです。

kadomise3

肉質は相変わらず良好。880円の並ハラミは霜降りではないもののジューシーで旨味十分。黒毛和牛のA2とか赤身のリーズナブルな枝肉から仕入れているのでしょうか。アカセンは小腸に近い赤カブと呼ばれる高級部位。真っ白で鮮度抜群、脂がとろけます。

名物だったスタミナうどんは無くなってしまいましたが、すじポンやどて焼きといったサイドメニューが増え、お酒の種類も充実するようになってます。昭和の薫りは無くなりましたが、変わらずオススメです。

角店焼肉 / 天下茶屋駅、松田町駅、北天下茶屋駅)

夜総合点★★★★ 4.0
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、新規開拓の店に寄った後、ちょっと小腹がすいたので久々に今池本通商店街の寿司屋「からし志」で寄り道。

カウンターの上には消費税が8%になったけどビールは380円で据え置き、との張り紙がしてあって心強い限り。日本全国を探しても、ビール大瓶をこの値段で出している寿司屋は無いでしょうね。

karashishi

まずはその瓶ビールとゲソのわさび和え。たっぷりのゲソに、それ以上のたっぷりなワサビで涙が出っぱなし(笑)。

karashishi2

340円の鉄火は、ネタはキハダでやや水っぽいですが、結構な太めで100円寿司の倍ぐらいのボリュームがあります。

いや、2皿でちょっと小腹どころか十分満足しましたよ。週末にも関わらず客は少なめでしたが、大将や女将さんも元気そうで安心しました。

また是非寄らせてもらいますね、どうもご馳走様!

からし志寿司 / 今池駅、今船駅、動物園前駅)

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の土曜日は、摩耶山リュックサックマーケットの開催日だったのですが、ロープウェーが工事中の事故によって破損したらしく運休が続き、ケーブルカーの終点である虹の駅での開催になっているそうです。

虹の駅だと子供らの遊ぶ場所がなく、人出も予測できなかったので出店は断念、その代わりグルコバ用のスパイスを買いに神戸には行きました。

って、特にリュックサックマーケットの日に合わせる意味は無いんですけどね(笑)。たまたま日曜日が嫁さんのイベントで送迎をしないといけなく、来週は墓参りとかがあってスケジュールが読めなかったので、急遽土曜日に決定したというわけです。

本当は平日に一人で行って洋食でも食べたかったのですが、長女の卒業式やら入学式やらがあって土日に行くしか無く、しかも嫁さんがイベント用の料理で忙しく、長女もフラダンスのイベントがあったので神戸には次女を連れて行く羽目に・・・

で、昼飯はラーメン好きの次女の意向に押し切られ、兵庫駅から徒歩10分ぐらいの場所にある味噌ラーメンで有名な「さつき」に行きました。時間は1時前と遅めだったのですが、店の前には5人ほど並んでいてかなりの人気店ですね。

IMG_2660

次女と分けるので、オーダーは餃子とライスのセット+味噌ラーメン大盛り。そしてビール。

IMG_2662

ラーメンは大きな器にスープがなみなみと注がれ、そのスープも表面に膜がはるぐらいに濃厚でコクがあり、味噌感は少なめですがとて美味しいです。麺は細麺で、しっかり歯ごたえがあるモモ肉チャーシューが5枚ほど。

IMG_2663

味噌だれで食べる餃子もふんわりとした野菜たっぷりの餡が詰まった大きめサイズが5個載っていて食べ応え十分。卓上には食べ放題のたくあんもあって、これでライスがついて780円とは非常に安いですよね!

お目当ての洋食はいただけませんでしたが、十分満足できる良いお店でした。どうもご馳走様~!

みそラーメンさつきラーメン / 兵庫駅中央市場前駅新開地駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
子供らは月曜まで嫁さんの実家にいるし、嫁さんはイベントの日で不在だし、と言う事で久々に完全フリーの1日となった日曜日。
まずは嫁さんと出店物品を運ぶために天満橋まで車を出した後は、そのまま尼崎の会場まで行って11月の予約を済ませました。
日曜日は豊中のSartaj Foodsが休みなので、神戸でスパイスを買おうと思っていたんですが、どうもあのスパイストライアングルのあたりでウロウロ走って駐車場を見つけて停める、という作業が想像するだに億劫だったので、車はいったん会場に置いて電車で行くことにしました。
で、昼飯をどこで食べようかと思案したところ、以前に「しき浪」の閉店日に振られた時に、昔ながらのビターなドミグラスソースがかかった洋食が食べたい!という欲求が残っていたのを思い出し、新開地にあるマルヤ塚本店まで行くことにしました。

マルヤと言えば中華洋食折衷の大衆食堂というイメージなんですが、こちらは五目スープや八宝菜というメニューはあるけど、あくまで洋食メインのメニューでして、店の外見は大理石風のタイルをまとっており、白いマルヤの暖簾が場違いなぐらいに重厚な雰囲気で、いかにも歴史ある洋食店という感じです。
大阪の大衆洋食店は、どこも料理人が明日には体調を崩して閉店してしまいそうな老齢の方ばかりなのですが、こちらのマスターはまだ現役バリバリな年代なのが心強いですね。

700円のランチは、とんかつにエビフライ、ハム、マカロニサラダ、ケチャップスパゲティと非常に盛りだくさん。ご飯の盛りもしっかりしていてお得感は相当なものです。
そして何と言っても、もう大阪ではほとんどお目にかかれなくなりつつある、しっかりした苦味と粘度を感じるオールドスタイルなドミグラスソースがたまらんですね~。
いや、街場の中華と洋食に関しては神戸のレベルは本当に高いです。ここまで足を伸ばして本当に良かった。どうもご馳走様でした!
塚本 マルヤ 塚本店

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:洋食 | 兵庫駅新開地駅大開駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ