カテゴリ: 名店探訪

スポンサードリンク

いつも東京へ出張する時には、二郎や家系など大阪で食べられないタイプのラーメンばかりを食べているのですが、今回はその誘惑を断ち切り(笑)、大森にある南インド料理店「ケララの風」に訪れることにしました。
この店は、今まで250回以上もの南インド料理食事会「グルジリ」を開催してこられた、私の大師匠でもある「怪しいおぢさん」が今度はプロとして参加されているという、グルジリストにとっては聖地と呼べる店でもあるのです。

大森の商店街の外れにある店は、グルジリのイメージとはかけ離れた(失礼)瀟洒な内装で、カレーリーフとマスタードシードが混ざった南インド料理独特の香りはあまり客席には漂って来ず、店のところどころにカレーリーフが置かれていて大変におしゃれでスマートなお店です。
もちろん怪しいおぢさんには表敬のご挨拶をさせていただきましたが、グルコバの事をしっかりご存知だったので思わず冷や汗が出ました(笑)。
この日のランチミールスのメニューは、写真の左上から時計回りでビーツのパチャディ、キャベツのトーレン、かぼちゃのエリセリ、青バナナなどのアヴィヤル、ラッサム、サンバル、パリップ(ダール)がかかった湯取り法で炊いた長粒米、パパド。そして食後にはコーヒーかチャイが付きます。
食べてみておっと思ったのは、グルジリで供されていた時よりも料理にメリハリが利いていることで、サンバルとラッサムといったベースの料理が穏やかな味付けなのに対し、きりっとした酸味のアヴィヤルやパチャディ、ガッツリと塩気が効いたトーレン、そして焦がしココナツの香りとかぼちゃの甘みが絶品のエリセリと、個々に食べてもおいしく、それぞれを混ぜて食べるとなお複雑で楽しいという、実に料理として奥が深い一品になっています。
これでご飯・料理ともに食べ放題でたったの1000円とは、東京の物価からすると信じられないコストパフォーマンスです! ぶっちゃけ、ランチに関しては店の儲けはほとんど無いでしょうね。その辺は、南インド料理を皆に広めたいというグルジリの精神、怪しいおぢさんの心意気が息づいていると言ってもいいでしょう。
カレーリーフが育ってくれば、グルコバも南インドにシフトしようと考えている私にとっても、非常に勉強になった機会でした。大変ご馳走様でした。
ケララの風公式サイト

ケララの風 (インド料理 / 大森)
★★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク

グルコバの緊張が解けたのと筋肉痛と二日酔いで月曜の体調はひどいことになってました(笑)。なんとか料理の解説だけは必死でアップしましたけど、これを毎週のように開催し、いつぞやは関西に遠征して土日で大阪・神戸とやってのけた怪しいおぢさんのパワーにはひれふすばかりです・・・
さて先週の話になっちゃいますが、三ツ島更科公式(?)ブログにて、今年最後のひやかけをやるという記事があったので、グルコバ前日の土曜日に買い物ついでにいそいそと出陣。
開店3分前ぐらいに店に着いたにも関わらず、既に10人近い人が待っていて、店が開いてからも続々と車や人が来店してあっという間に待ち行列が。最近、ますます人気度がアップしてますねえ・・・
そのひやかけですが、たっぷりツヤコシなひやかけのうどんに加えて宇和島のじゃこ天を軽くあぶってさらしネギと鰹節がかけられたものが添えられ、これで値段はなんとワンコイン。こりゃ確実に原価率が5割を超えてますな。
そしてダシを飲んでびっくり。以前食べたひやかけは鰹節の風味を感じる讃岐+関西風のダシだったのですが、今回のは本当にガッツリとイリコ。さすがにここまでイリコたっぷりだとダシの中にほんの少しイリコの苦味が出てますが、それもまた旨味のアクセントですな。
じゃこ天もふんわりと柔らかく、イリコダシにベストマッチの良い仕事。やっぱりさすがですねえ。ご馳走様でした。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近は自分でインド料理を作っているせいで、なかなかインド料理店で外食しようという気分が湧かなかったのですが、たまたま神戸に仕事で行く用事があり、グルコバの参考を兼ねて神戸でNo.1の北インド料理店と名高い「ショナルパ」でランチを食べてみる事にしました。
店はハンズにほど近い雑居ビルの3階にあり、あまりインドインドしてないシックで高級感のある内装に、いやが上にも期待が膨らみます。
今回頼んだのは、スープとタンドール料理が2種、日替わりカレー、ナンまたはライスがついたビジネスランチのB(1000円)。
まずは鮮やかなオレンジ色をしたトマトスープが運ばれ、一口すすると鮮烈なガラムマサラの香りが鼻腔に広がり、後からトマトの酸味やチリの辛み、クリームのコクがじわりと押し寄せ、食欲を刺激する前菜としては完璧な逸品に早くも私はノックアウト(笑)。

タンドリーチキンと鶏のシークケバブは、下手なインド料理屋にありがちなパサパサしたものではもちろん無く、非常にジューシーな仕上がり。スパイスやフレッシュコリアンダーの香りを豊かに内包しながらも肉の旨みがきっちりと前面に押し出されています。添えられたタマリンドの酸味が利いているコリアンダーチャットニーがこれまたフレッシュでうまい。チャットニーがあまり緑色をしてないのは根の部分を使っているのでしょうか。

日替わりのカレーはミックス野菜カレー、いわばナブラタン・コルマ。
グレイビーに浮いたカロンジがベンガル風である事を主張しているカレーは、シナモンの香りが野菜の甘味を引き立てつつナッツやクリームのコク、トマトの酸味が優しく調和し、スパイス感というありきたりな言葉とはかけ離れた見事な一皿。パリッと焼かれた甘さ控えめのナンで、皿の隅々まで綺麗に掃除して味わった事は言うまでもありません。
あくまでも素材の味を生かすことがメインで、スパイスは文字通りに料理の味や食欲を引き立てるための裏方としてほんのりと自己主張する。これこそが本物のプロの技ですよね。これほどまでにインド料理の技術の粋が楽しめての1000円は安すぎると言わざるを得ません。
結局、あまりに料理のレベルが違いすぎて打ちのめされ、全然グルコバの参考になりませんでした(笑)。いや、本当にインド料理の道は奥が深いです。とにかくまだまだ修行あるのみですな。

ショナ ルパ (インド料理 / 三宮)
★★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク

あの長瀬駅前にある「杉ホルモン」のマスターの親父さんがやっている店が、なんと一駅隣の弥刀にある事を知り、クソ暑い中を自転車こぎこぎ行ってみました。
弥刀駅の東口を出てすぐのところにあるコンビニ「サンクス」の北側にその店はありました。店名は「杉さん」。なんでこっちはさん付けなんだろう(笑)。
店はやはりこちらのほうが新しいようで、長瀬の店に比べると煤け度合いはかなりマシですが、その代わり店内の殺風景度合いはパワーアップしていて(笑)、入りにくいオーラはどっこいどっこいというところです。
メニューはホルモンが400円からと長瀬と同じ価格帯ですが、バラやロース、そして長瀬にはない塩タンが800円と若干こちらのほうが高級路線(?)です。そのバラやロース、ミノ、タンが入った上盛が600円とお得そうだったので、今回はそれを頼んでみました。
肉を頼むと付けダレやにんにく、コチュジャン、ネギが入った入れ物を出してくれます。ボリュームは長瀬同様に一皿で200gはあるビッグサイズですが、タレの甘みは抑えられていて、肉の質もこちらのほうが若干良いように思われます。これでたったの600円なんですからやっぱり杉ファミリーは凄いです。
最近まで定食もやっていたようですが、私が訪れたときには残念ながら廃止されてしまっていました。別にそんな事誰も気にしないとは思うのですが、店の看板にあった「定食」という文字が豪快に消されているのが妙に律儀ですよね(笑)。
店全体がかもし出す「味」や、単純に安さとボリュームという点では長瀬のほうに軍配が上がりますが、何よりも肉の味重視という方にはこちらの店のほうがお薦めですね。
杉さん
大阪府東大阪市友井3-2-30
17:00-23:30 日曜13:00-21:30
月曜定休

[map:大阪府東大阪市友井3-2-30]


スポンサードリンク

スポンサードリンク

三ツ島更科さんで、この土日ははも天のひやかけをやるとブログにお知らせがあり、今年はまだ鱧を食べてないのもあってたまらず土曜の昼飯に決めました。
天ぷらは鱧天3個に海苔・大葉・ナス・しし唐・子えびという内容で、鱧天は全く小骨の存在を感じない、フワフワ・サクサクの出来で本当にうまいです。
この天ぷらだけで十分780円の価値はあると思うのに、これにエッジ・伸び・コシ共に申し分の無いうどんと、イリコをベースにしつつも鰹を効かせた、エグ味の無くてバランスの良い、これぞ関西風のイリコダシと呼べる冷出汁がついているのだから言う事ありませんよね。
店に行ったのが2時を過ぎていたにも関わらず、店内には続々とお客さんがやって来る人気で、その都度新しいうどんを茹でているので、長い待ち時間にぶち切れてる人も多かったです(笑)。きっと毎日苦情が凄いんでしょうが、変に客に媚びずにおいしいうどんを出す事をこのまま大切にして欲しいですね。
いや、鱧天もうどんもしっかり堪能させていただきました。ご馳走様でした。
更科
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ