カテゴリ: 名店探訪

スポンサードリンク
ホルモン道場3兄弟の長男、天王寺の円が阿倍野再開発に伴い閉店、そして深江橋の安ウマ焼肉店だった八勝園がいったん閉店、11/23にチャコール神戸が経営する新・八勝園に生まれ変わるようです。
B級グルメ界もますます資本の力がものを言うようになって来て寂しい事ですね・・・
さて、今後もおそらく大資本とは縁が無いだろう「さいぼし」の話(笑)。
最近はバラのさいぼしの旨さに目覚めてしまったので、カッパ肉しか食べた事が無かった西野食品センターさんでバラ肉のさいぼしを購入してみました。
カッパのさいぼしはきっちり燻されたはっきり系の味付けでしたが、バラ肉は肉汁が染み出るようなジューシーな仕上がりで塩味も薄めです。
脂の乗ったところを薄く切って軽く電子レンジで温めて食べると、脂と肉汁がさいぼし全体に回って、まるで炭火で焼いたバーベキューの肉を食べているようなみずみずしさを感じます。
これにはマヨネーズや生醤油よりも、どちらかと言うとだし入り醤油+ワサビのような穏やかな味付けが合いますね。
ただ、カットした場所にもよるのでしょうが、バラ肉の塊1/3ほどが赤身のみの部分になっていたのが残念でした。塊の根元の部分じゃなくて、ギザギザになっている先っちょだと脂たっぷりなんだけどなあ。
値段も100gで700円程度と塚本商店さんなんかと比べてもちと高めなので、ここではカッパ肉を買うほうがお薦めかもしれませんね。
西野食品センター
住所:大阪府松原市南新町4-74-5
電話:072-331-0077
営業時間:9:00-14:00
定休日:日祝

[map:大阪府松原市南新町4-74-5]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
本サイトをまたこそっとシステム更新。今までは更新履歴のページを別に作ってましたが、最近の更新店のみを記載したページを日付から自動的に吐き出すようにしました(トップページからアクセス可)。これでちょっと便利になったかな?
と思っていたら、プログラムのミスで電話番号のデータが全く反映されてない事に気が付いた(汗)。リニューアルしてから気が付かない私も私ですが、クレームが全く来なかったのは喜んでいいのか悲しんでいいのか・・・(笑)
ただ、電話のデータが他の内容のソート後に付け足したものなので、一応旧データのCSVファイルと照合してチェックはしたつもりですが、もし電話番号が狂っていたら申し訳ありません。
新規のデータ更新は来週から再開の予定です。それまでのお茶濁し記事をもう一つ。
この日はタイ料理店のクンテープが経営するタイ食材店「タイマーケットストア」で冷凍のプリック・キーヌーを買う予定があったので、黒門市場への行き道沿いに見つけたこの店で昼食を食べる事に。
とん平については、心斎橋や博労町に店があるのは知ってましたが、島之内にもあったんですね。それにしても、とん平は複数店舗あるのにどこも本支店を明記してないのが不思議です。一応、本サイトのデータでは心斎橋店を本店にはしてますが・・・
さて、この島之内店(?)は住宅街にあるせいかランチタイムといえどもそれほど混んでおらず、店内はのんびりした空気が流れています。
注文したのはミンチカツ。手の平サイズの分厚いミンチカツにコロッケ、スパゲティサラダにキャベツ、味噌汁とボリュームは相変わらずかなりのものです。しかもご飯が大きめの丼に山盛りで、食後は非常に苦しかったです。心斎橋店でもこんなに多かったっけ?
メニューにはビフカツ・チキンカツ・とんかつが盛り合わせになった「山ミックス定食」やエビフライ・魚フライ・イカフライの「海ミックス定食」なんかもあってユニークなラインナップです。
また「山ミックス定食」でも食べに行こうかな。ご馳走様でした。
とん平 島之内店
住所:大阪市中央区島之内1-12-22

[map:大阪市中央区島之内1-12-22]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今まで紹介してきた中では、こちらは最も入手までのハードルが高いさいぼしですね。
まず、店頭売りが無くて完全受注生産なので2~3日前までの予約が必須、しかも店が開いているのが平日土曜の午前中のみ、そしてその営業時間中に店まで品物を取りに行かなければいけません。
と言う訳で、今回はせっかくなのでいつもは安いカッパ肉にしているところをバラ肉で奮発。それでも値段は500gで2200円強と、ネット通販で買うよりはるかに安く手に入れられました。このへんは製造元の強みですね。
その塚本商店のさいぼしですが、まず手にとって臭いをかいでみると、意外にもあの慣れ親しんだベーコンそっくりの香りがします。
一瞬、味も市販のベーコンみたいだったらどうしようかと動揺しましたが(笑)、幸いそれは全くの杞憂に過ぎませんでした。
脂と赤身が半々になった霜降り状態のさいぼしを一切れ切って口に含むと、不思議な事にさっきまでのベーコンの香りがスッと消えうせ、馬肉の凝縮された旨みと脂の濃厚な味が口一杯に広がります。うん、これは文句無しにうまいです。
西野食品センターのものに比べるとこちらは香りにクセが無く、安心して万人に薦められるさいぼしですね。例えるなら、剛の西野食品センターに対して柔の塚本商店というところでしょうか。
さいぼしの注文は500gから可能ですが、仕入れや製造の都合上、あまり小さなロットだと指定日に提供出来ない事があるそうなので、事前に店に確認してください。
塚本商店
住所:大阪府羽曳野市向野2-16-21
電話:072-955-8871

[map:大阪府羽曳野市向野2-16-21]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近はラーメンの光龍益に通ったりして炭水化物過多な食生活を送っていたので、久々におかずで腹一杯になりたくて、南船場の交来でチンジャオロース定食を。店は相変わらず長い行列が出来る人気です。
他には酢豚・麻婆豆腐とある定食類は700円と、麺飯類の単品に比べるとCP的には物足りないですが、メインのおかずやご飯は重箱の敷居ギリギリまで盛られ、そこに鶏のから揚げが5~6個積み上げられているので、食後の充実度は非常に高いです。味もはっきり下品系でご飯もワシワシ行けます。
ごちそうさまでした!
交来
住所:大阪府大阪市中央区南船場4-10-21 大阪屋エコービル1F
電話:06-6245-6520
営業時間:11:00-21:00
交来 (中華料理 / 四ツ橋 )
★★★★★ 4.5

 

[map:大阪府大阪市中央区南船場4-10-21]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪で1、2を争う激安ランチ店とくれば、「もとや」かここの「のみ処・点」が筆頭に来るのは異論が無いところでしょうが、もとやが京橋の外れと谷町九丁目、点が谷町四丁目という立地を考えれば、ほんのわずかに点にCPの軍配が上がるように思います。
とりあえず、ここの凄さは「浪花お好み焼き三昧」さんの点日記を見ていただければこんなエントリーなんか見なくても十分なのですが、まあ400円という値段でここほど充実した内容の定食を出しているところは無いでしょうね。
特に、まぐろがある時はお薦めです。ちょっと解凍具合が足りなかったりする事があるようですが(笑)、分厚い切り身がだいたい10切れぐらいついていて、普通の店ならこの皿だけで確実に500円以上は取られますよ。しかもこれにメイン級のおかずとご飯、味噌汁が付くのだから驚きです。
夜は居酒屋として営業していまして、私はまだ行った事が無いのですが、夜もランチに劣らないコストパフォーマンスらしいので、一度試してみたいところです。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ