カテゴリ: 名店探訪

スポンサードリンク
正直、この店を本サイトに載せるべきかどうかは今でも悩む部分があったりします。

いや、店の内容的にはパーフェクトなんですよ。ランチは日替わりのワンコインのみですが、大きなミンチカツとサンマの開き、豚しゃぶと自家製麻婆豆腐、巨大なヒレカツで埋め尽くされたカツカレーとハムサラダ、海老3尾+野菜の天丼に揚げとワカメが載ったそうめんなど、とても信じられないぐらいの充実度。おまけにご飯はおかわり自由。

昼だけじゃなくて夜も凄くて、日替わりでドリンクとセットになったワンコインメニューがあるのですが、アテが大きな串かつ2本と冷奴、イカたっぷりの野菜炒めにキスの天ぷらが2つなど、これだけで十分腹がふくれてしまう素晴らしい代物。おまけにビール大瓶380円に焼酎が200円と酒も激安。
これだけ安いと何か手抜きとかからくりがありそうなのですが、調理の様子を見る限りでは全て手作りで、あくまで家庭的な料理ですが温かみが感じられて美味しいです。
・・・なんですが、とにかくこの店は商売っ気が全く無いんですよ。
夜なんか、だいたい8時にはラストオーダーを閉めてしまいますし、毎日常連の予約が一杯な上に、途中で席が空いてもまず2回転目を入れさせてくれませんからね。夜に一見さんが訪れるのは不可能に近いです。
なので居酒屋ジャンルではなくて、まだ敷居が低いランチでの紹介をしましたが、現状でも売り切れ御免なので、多分ご夫婦は客が増えるのは嫌がるでしょうね・・・でもこんな良い店を紹介しないわけにはいかないので、ここで謝っておきます。
本当ならCPはA+でもおかしくない店なんですが、最高評価にしちゃうと目立ってしまうので、あえて1段下低い評価にしていますし、食べログには記載しないようにしますので~。
「たけ乃」
大阪府大阪市城東区中央1丁目5−8

大きな地図で見る
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html
スポンサードリンク

スポンサードリンク
嫁さんの仕事の関係で、だいたい週末は私が子供の面倒を見る事が多く、普段はなかなか昼間に一人でぶらぶら出かける時間が取れません。
ところが、今年のGWは中日に休みを取っても良いという会社からの指示が出たので、5/1に休みを取って久々に神戸まで長距離サイクリングをする事にしました。

こどもの日が近いとあって、夙川では鯉のぼりがはためいていました。
独身時代は、何度か神戸まで自転車で走り、そこからジャンボフェリーで香川に渡ってうどん巡りをしていたぐらいに神戸へのサイクリングはお馴染みだったのですが、結婚してからは初めてですかね~。
で、せっかくなので子供連れでは行きにくい店でランチをしようと思ったのですが、意外と店選びに困ってしまいました。
さすがの私でも徒歩や近所ならともかく、自転車での長距離走行中にアルコールを入れるわけには行きませんし、中華はかえって子どもと行くほうがいろいろ頼めて良いし、インド料理も1人で行くならビュッフェ(神戸の店はほとんどが金曜のみ)でないとやっぱり品数が寂しいと、あちらを立てればこちらが立たず状態。
アルコール抜きでも平気な料理となると、自分的にはうどんかラーメン、洋食。でもうどんとラーメンは子供連れでも問題が無い(うちの次女が大の麺好き)ので今回選ぶ理由としては弱め。となると洋食、そして駅から遠目で行列が出来る人気という子供連れでは難しい条件の店に絞りました。
そしてチョイスしたのは「洋食の朝日」。食べログでも最上位に位置する評判店です。GWの中日とは言え平日、11時半という時間なのに5人ほどの行列が出来ている凄い人気。
お客さんのほとんどが、名物のビフカツを頼んでおられましたが、京都で今は亡き「わらじのムラセ」で育った私はあまり肉厚でレアなビフカツが好みではないのと、1300円という値段に躊躇して、1000円のとんひれかつ定食にしました。

丸く可愛い形に揚げられたヒレカツは、びっくりするぐらいに柔らかく、臭みが無くて大変美味しいです。サラダにかけるオリジナルのドレッシング、ツヤツヤのご飯、ダシが効いた味噌汁と、全てにおいてレベルが高く、抜かりが無い料理です。
大阪の同じ洋食ジャンルで評判の高い「とんかつ ひろ喜」と似たような方向性かなと思いますが、ひろ喜がかなりの待ち時間が必要になってしまうのに対し、朝日のほうは段取りが整理されてる感じでほとんどお客さんを待たせないのが良いですね。
ただ、頭の中がすっかりドミグラスソースになっていたのに、ヒレカツについていたのはとんかつソースと辛子だったのでちょっと拍子抜け。いや、料理は美味しかったので文句はないですが、次こそはドミグラスソースを使ったメニューにしようと心に固く誓ったのでした。
洋食の朝日

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:洋食 | 西元町駅花隈駅大倉山駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
もうわざわざ祝ってもらう年でも無くなりましたが、一応は恒例で私の誕生日にはお祝いの外食をごちそうしてもらう習慣になっております。
その店選びは私がするわけですが、今年は嫁さんの都合で昼時開催の指令が出ていたので結構悩みました。
そりゃ昼酒スポットはたくさん知ってますけど、家族で楽しめるとなると一気にハードルが上がりますからね。しかも値段はそこそこで抑えるとなると、それこそサイゼリアや回転寿司になってしまいますし、それだと全然イベントっぽく無いですからねえ・・・
で、何とかひねり出したのが、生野のコリアタウン御幸森商店街にある、生野随一の格式を誇る韓国料理屋「パゴダ白雲」。アクセスは上本町の支店のほうがいいですが、ランチをやっていないので本店に行きました。
独身時代はこの近くに住んでいたので馴染みがあり、本サイトの方にも早くから情報を登録していましたが、結婚してから家族で訪れるのは始めてです。
御幸森のコリアタウンは、GWというのもあって凄い人出で、店にもたくさんの席待ちをしている人がいましたが、我々はメール予約を入れていたのですんなり着席。

まずは、この店に来たらオーダー必須の「特撰ハラミ」。適度な脂が乗ったジューシーなハラミが100gは間違いなく入ってて1000円とは、他の焼肉店では真似できないCPです。また、あっさりしたつけダレの美味しさも特筆モノ。

そして長~く切られた厚切りの豚バラを焼き、サンチュやエゴマの葉に、ニンニクや青唐辛子、味噌を載っけて巻いて食べるサムギョプサル。その辺の店だと豚は冷凍物を使ってたりしますが、ここはちゃんと生肉を使っているのが嬉しいですね。しかも1人前は800円と格安。

隠れたお薦めなのが、この店のチヂミとキムチ。鉄板に並べられたチヂミは厚さ5mm、直径は20cmほどはあるジャンボサイズで値段はたったの500円と、鶴橋で売ってるチヂミと同じような値段なのに、ふんわりサクサクでクォリティは抜群です。ほんのり甘いタレも良いですね~。
キムチは魚介の旨味がガツンと効いていて、コリアタウンや鶴橋にある数あるキムチ屋の中でも間違いなくトップのクォリティ。店で食べなくても持ち帰りで売ってくれるので、皆さんも是非お試しを。
あとは生センマイと子供らのご飯、そしてビールを頼んだだけで十分腹が膨れました。酒を飲んでも親子4人で6000円と、大変リーズナブルに収まって家計も満足な誕生日でした!
パゴダ白雲 コリアタウン本店

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:韓国料理 | 鶴橋駅、桃谷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
安くてボリューム満点、いつも活気でムンムンという、B級酒場のお手本のような店である守口の大阪城。
ちょっと萱島の店に寄るついでに、途中で温まるために久々に訪れましたが、以前と変わらぬ賑わいで安心しました。

まずは、体の芯から温まる「牛スジスープ」。
300円という値段なのに、スジ肉、もやし、春雨がこれでもかと入ってます。後ろのビールは小瓶じゃないですよ、と注釈したくなるほどデカいお椀にスープもたっぷり♪
ちょっと変化球なコンソメ味のスープに一味唐辛子を加え、これで体はポッカポカ~

まだサッポロビールも残っていたので、こってりと脂が乗ったカンパチもいただいて、さて萱島までもう一息頑張りましょうか!


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 守口市駅守口駅土居駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
天かすと桜えびがたっぷり入った、カリカリでサクサクのたこ焼きが美味しい名店である、緑橋の「あかし屋」。
先日、鶴橋まで自転車で買い物へ出かけた時に、帰り際に晩御飯用として立ち寄りました。
たこ焼きは、レンジでチンすると単なる小麦粉団子になってしまうので、温めなおしても風味が落ちにくいお好み焼きのほうをオーダー。

値段は1枚330円と商店街価格としては少し高級な部類ですが、たこ焼きと同様に生地には桜えびや天かすがふんだんに使われていて豚肉も柔らかく、とても濃厚な味わいで美味しいです。

それにしても、この店を最初に掲載したのが2004年ごろだから、それからもう8年になるんですよね~。久々に来てみると、たこ平焼きやいか平焼き、イカ焼きなどのメニューも増えていて、お客が賑わっていて何よりです。
たこ焼きとかお好み焼きについては、昔ながらの個人店がどんどん消えてしまっている昨今ですが、これからも頑張って欲しい名店ですね!


関連ランキング:たこ焼き | 緑橋駅、深江橋駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ