カテゴリ: 名店探訪

スポンサードリンク
神戸の洋食と言えば、国際航路の豪華客船でコックを務めたシェフによって開かれた、などなど高級路線の老舗が多く、どうも大阪の金銭感覚からすると訪れにくい感じで、個人的には神戸に来たら中国料理店に行く事が定番になっています。
しかし、この日は前のエントリーに書いたように、夕食で海老ワンタン麺を作る予定だったし、子供らが肉系が食べたいという話だったので、昼は久々に「洋食いくた」で食べる事にしました。
何せ、単品のハンバーグやビフカツが500円台だし、大阪でも1000円以下の店を探すほうが難しい、タンシチューやビーフシチューがそれぞれ650円と750円なのだからビックリします。
今回は、私と次女兼用で870円の特ランチご飯大盛りと、長女用に600円の焼肉定食をオーダー。長女の、「ステーキがいいなあ」という要望は「焼肉も肉だ!」と華麗にスルー(笑)。
ここの特徴は、スープに重きを置くフランス料理の伝統を引き継いでいるのか、ランチに大きな皿に入ったポタージュスープが付くことで、あっさりとしたじゃがいも主体のしみじみとした滋味がいいですね。

メインの皿には、目玉焼き載せハンバーグに開いたエビフライ、ロースハム2枚、キャベツにトマト、キュウリ、ポテサラ、ケチャップスパと盛りだくさん。
ハンバーグと目玉焼きは焼き置きですが、ふんわりしたハンバーグにほんのりと苦味を感じるオーソドックスなドミグラスソースの相性がいいですね。
エビフライも開いている割には大きく肉厚で食べごたえがあります。ハムに載っているマヨネーズソースも軽やかで、ちゃんと真面目な仕事がされているな、と思います。

長女からちょっともらった焼肉は、ちょっと酸味のあるタレが独特でご飯が進みます。スープに倣ってなのか、味噌汁椀のサイズも大きいのが面白いです。
この日は電車で来ているので親父はビールも頼みましたが、中瓶で470円と洋食店としてはかなりリーズナブルなのも嬉しいです。
グリルトミーや丸島洋食店が無くなり、大阪でも安価で真面目な仕事をしている洋食屋を探す事が難しくなった昨今、神戸でこういう店がちゃんと生き残っているのは心強いことですなあ。


関連ランキング:洋食 | 三宮駅(阪急)、三宮駅(神戸市営)、旧居留地・大丸前駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
日曜にイベントで出店する嫁さんを阿倍野まで送った後、帰り道の昼飯は久々に河内小阪の「とん文」さんへとお邪魔することにしました。
この店は本サイトを作った当初から載せているのですが、ここ数年の間に老舗の個人洋食店がいくつも閉店していく中で、創業50年を達成する健在ぶりで何よりです。
ここの名物は肉を叩いて大きく引き伸ばされてカラリと揚げられるヒレとんかつなのですが、牡蠣のシーズンが始まっているので、カキフライが2個とクリームコロッケ、エビフライ、一口カツ2個が乗ったミックスフライ定食(1100円)にしました。

そのカキフライをかぶりつくと、小ぶりでありながら予想以上に旨みたっぷりの汁が口の中に溢れ、手作りのタルタルソースとの相性も抜群で、しばしうっとりと至福の時間を味わいました♪
カキフライにはビール派の私としては、車だったのが極めて残念ですが、あっさりしたベシャメルソースが詰まったコロッケや、サクサクのエビフライ、安定した旨さのカツでご飯をワシワシ行って大満足。
欲を言えば、ドミグラスソースをかける量をもうちょっと奮発して欲しかったのですが、ツヤツヤしたおいしいご飯と、山椒が効いた味噌汁が1杯ずつおかわり出来るのが嬉しいですよね。
店の近くにあるUコミュニティホテルに30分無料で駐められる駐車券サービスもあって、車でのアクセスも楽ですしね。是非また寄らせてもらいます。ご馳走様!


関連ランキング:洋食 | 河内小阪駅、八戸ノ里駅、河内永和駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の土曜はサンシビック尼崎まで、グルコバの会場予約に行っておりました。
この日は子供連れで、いつもであればラーメンマニアの次女が昼飯にラーメンを激しく主張するのがパターンなのですが、朝にたまたま家に余っていたインスタントラーメンにしたので、ハンバーグが良いと。
そこで、iphoneの食べログアプリを使って、近所で評判がよさそうな洋食店へと行くことにしました。
グリル一平と言えば、神戸にある同名の店が有名ですが、公式サイトを見ても尼崎の店は載っておらず、はっきりとした関係は無さそう感じですね。
店は外壁に蔦が絡まった洋館のような作りで非常に趣があります。1階はキッチンが大きなスペースを取ってますが、2階は落ち着いた雰囲気でデートにも良さそうですね。
ランチタイムは、ほとんどのお客さんが日替わりのサービスランチ(800円)か、1000円の一平ランチを頼まれており、我々のオーダーも一平ランチにしました。

ワンプレートの中には、ミンチカツとエビフライ、白身魚のピカタ、ロースハム、サラダ、ポテサラ、漬物と実に盛りだくさん。
各アイテムはちょっとサイズ小さめですが、1000円という値段を考えたら十分な内容。ミンチカツはそれほどジューシーじゃないですが、ムッチリと肉々しくて、オーソドックスで正統派のドミグラスソースと良く合ってます。
キッチンの規模の割に座席が多いせいか、ちょっと待たされる時間が長かったのが難ですが、そこはiPhoneのゲームで子供なだめられたので良かったです(笑)。
また尼崎に来たときは寄らせてもらいますね。どうもごちそうさま!


関連ランキング:洋食 | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
どうも最近はラーメンの記事が多いですよね。と、自分でも感じるぐらいだから、ここを見ておられる方はさらにしつこいと思っておられるでしょうが、一応言い訳をさせていただくと、ラーメン以外の食べ歩きは基本的に本サイトへの新規掲載用のデータ集めなので、どうしても何度か通ってから掲載という形になるんですよね。
でもラーメンについては、最近はラーメンブームに疲れてあまり新規店を開拓する気力が無いので、どうしても既存店への訪問が多くなり、その都度ブログに書かないと自分の中であっという間に記憶が陳腐化しちゃうんですよ。ま、食べ過ぎである事は否定しませんが(笑)。
で、今回も既存掲載店ネタです。
ちょっと前に、家族のパスポートを作成する必要に迫られたので、戸籍抄本を発行してもらいに京都市下京区の区役所に訪れました。
戸籍は郵送が可能らしいのですが、日数がかかってしまうし子供の本人確認とかどうすんだとか聞くのが面倒くさいので、結局自分で行くことにしました(笑)。
京阪七条からテクテク歩いて行ったのですが、七条通や京都駅付近を歩くとなると、どうしても「たかばし」の登り口にある、こちらと新福菜館本店の引力に負けてしまいますよね(笑)。
土日なら行列を覚悟しなければならない2軒ですが、平日の午前中とあって客入りには余裕があります。この日はあんまり醤油濃いラーメンの気分ではなかったので、第一旭さんのほうに入店。

ノーマルのラーメンは、クリア豚骨醤油スープに中太ストレート麺、たっぷりのモヤシと九条ネギ、モモ肉チャーシューという典型的な京都ラーメンのスタイル。
シンプルなんだけど豚肉の旨味が染み出たスープと、その表面に浮かぶラードのコクが合わさって実においしく、大変に満足できる一杯です。まさに、京都ラーメンのスタンダードな一杯だと言えるでしょう。
新福菜館は大阪でも支店が出来るようになって来ましたが、こちらは京都にしか直営店がなく(神戸第一旭と称しているチェーンは別物)、京都に来てしか食べられない味ですよね。どうもご馳走様!


関連ランキング:ラーメン | 京都駅、七条駅、九条駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は天気が悪かったので、子供らをドリーム21という東大阪市にある室内遊戯施設に連れていきました。

ドリーム21には大型滑り台やスポンジ遊具、マット、ターザン型遊具などが揃っている予約制の子供広場があるのですが、雨の日はどこの家も考えることは同じのようで、10時半ぐらいに来ても午前の回はだいたい売り切れてしまっています。
なので、午後のチケットを購入した後に昼飯を食べに行ったのがこちら。
店は一応外環沿いにあるのですが、ちょうど立体交差の側道に入ったところにあるので、フリではまず存在に気づかないロケーションです。
海老天ランチや中華カツ丼など魅力的なメニューが揃っている店ですが、今回は650円の天津飯と730円(だったかな?)の半チャンラーメンを注文。
天津飯は卵焼きを載せる普通のタイプじゃなくて、塩味の餡の中にゆる~く卵がとじられ、ところどころにプリッとした海老が散らしてあります。ボリュームは多めですが、サクサクスイスイ食べられる軽いおいしさがいいですね~。

ラーメンはごくごく普通の鶏がら醤油味ですが、しょうがが効いたスープの味わいとたっぷり盛られた自家製チャーシューがパンチを与えていて絶妙です。そしてチャーハンは卵たっぷりのフワパラでこれまたうまい!
店は正直言って御世辞にも綺麗とは言えませんが(笑)、女将さんの心遣いも暖かく料理は何でもうまい、まさにB級中華のお手本と言える店ですな!


関連ランキング:中華料理 | 新石切駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ