カテゴリ: お好み焼き・焼きそば

スポンサードリンク
毎年、大阪B級グルメを謳っている割に情報のアップが少ないお好み焼きですが、「少数精鋭」で良い店がピックアップできました。<と言っておく(笑)
まず挙げたいのが、生野区の周りに何もない住宅街にある「どかどか」
若いけど、品質には頑固なマスターが作るお好み焼きは、値段の割にボリュームや味がハイレベル。以前は店であまり酒を飲んで欲しくない、みたいな事をおっしゃってましたが、徐々にアテ系も増えてきてアクセス以外は(笑)使い勝手がますます良くなっています。
そして、菊水亡き後はもはや天神橋筋商店街を代表する一軒というべき「双月」
昔の雰囲気を残す狭いボックス席で食べるお好み焼きは、肉がこれでもかと入った豚玉を筆頭に、焼きそばの焼き具合にも地味ながらキラリとした技が光るなど総じて安定したクォリティが感じられ、今時珍しくなった自分で焼けるシステムも楽しく、客人を連れていっても満足していただけるお店だと思います。
全体的に値段は高めですが、土日でもOKなランチタイムに来ると、結構たっぷりしたご飯と漬物、味噌汁がサービスで付くので食べごたえは文句なしです。
あと、たこ焼きについては、今年はあちこちで出店ラッシュがあったようですが、私がアップしたのは私のソウルフードである「かおり」のみ。
あんまり絶対的なクォリティに期待されても困る店ですが(笑)、出汁が効いた生地に直接醤油をたらすスタイルのたこ焼きは、酱油の焦げた香りが香ばしくて独特のおいしさがありますよ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
現在の我が家では、米に関してはお取り寄せで買っているので毎月1日にならないと新しい米が届きません。
で、今週の米びつはと見ると、最近はとみに下の子がモリモリ食べるようになったので大ピンチの状態・・・というわけで、米を使わずに晩飯を作れとの命令が出てしまいました。
そうなると、あまりパン好きでない私としては麺か粉モンかの選択になってしまうのですが、昼にヘビーな麺を食ったので夜は軽いのにしたいなあ・・・と考えていると、ふと広島風のお好み焼きなら粉をそんなに使わないしライトな感じでいいんじゃないか?と思いつきました。
今までに関西風は何度も作っているけど、広島風は作ったことが無いので、オタフクソースの公式サイトにある作り方を参考にやってみたら、意外とうまく行きましたよ!

ひっくり返す時にお約束で野菜が取っ散らかってしまいましたが、何とか生地の下にかき集めて見た目だけはプロっぽくなったでしょう?(笑)
今まで広島風は店でしか食べたことがなくて、最初に平たく伸ばして焼く生地の意味合いがいまいち良く分からなかったのですが、自分で作ってみるとその必要性が痛感できました。
あのペラペラの皮が、キャベツともやしを載せてひっくり返した時に、ちょうど野菜の蓋になって水分を逃さず蒸し焼きになる効果があるんですね!
山のように積み上げた野菜が、生地の蓋のお陰でどんどんかさが減ってしっとりと焼きあがって行く工程は、なかなか唸らされるものがあります。
仕上げに甘めの鼓ソースと、青のり、かつお粉をたっぷりかけておいしく頂きました♪ また作ろうっと。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回は宝石の情報を改めてサイトにアップしたので、ブログ更新は1軒だけです。
ここは、以前にグルコバ仲間である「えて吉さん」のブログで初めて見かけた店で、面白そうだったのでえて吉さんに今度連れてけと無理強いして、一度オフ会を開いていたんですよね。

オフ会だと、やっぱり味わうよりも会話を楽しむことに意識が行ってしまうので、味の評価をする場合は後で必ずプライベートで裏を返しに行く事を心がけているために、本サイトの掲載が今まで伸びてしまってました。
何せ、場所が生野区のド下町なので近くにハシゴできそうな店が無い上に、粉もんはそれだけで腹が膨れるので、何かのついでに行くということが難しいんですよね。

店のポップな看板と若い店主で色物っぽい様子はありますが、料理はまさに直球本道ストレート。ふんわりとした生地とキャベツのシャキシャキ感のコントラストが楽しいお好み焼きや、モッチリこってりな味わいの焼きそばなど、世界一のお好み焼き激戦区である生野区にあっても全く引けを取っていません。
それでいて、値段が豚玉の500円からと安い上に、女性なら1枚で十分満腹になるボリュームです。
場所的に一見さんが全く期待できないロケーションなので最初は大丈夫かなと思ったのですが、味にうるさい地元客がしっかり付いているようで何よりですね。
店主さんは職人気質の方で、以前は酒をあまり飲んで欲しくないからアテ系の炒め物を置いていないとおっしゃってましたが、今回はちょっとだけアテメニューが増えていて、やっぱり地元客のニーズが高いんだなと再認識しましたね(笑)。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

どかどか (お好み焼き / 東部市場前駅)

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
秘密のケンミンSHOWで美唄名物?として取り上げられた事で、一気にブレイクしたとされる「角屋の焼きそば」が、阪急ファミリーストアの北海道フェアで売っていたので買ってみました。

炭鉱で働く人が、汚れた手のままで食べられるようにとソース味が最初から麺につけられているので、やっぱり最初はそのまま食べるべきかと悩みましたが、晩飯に冷たい麺をかじるのも悲しいものがあるので(笑)、塩コショウだけで炒めた豚肉とキャベツを合わせてみました。写真の毒々しい赤いものは紙じゃなくて紅しょうがです。麺の袋の脇に別添えの袋が張り付けられてました。
麺は、ちょっとだけ生でかじるとシナモンっぽい薬臭さが感じられましたが、油で炒めるとクセが無くなって食べやすいです。
でもやっぱり肉野菜と合わせると味が薄かったので、星鶴醸造のウスターソースを卓上でかけて食べてみたところ、フルーティな味が加わってぐっとおいしくなったので驚きました!
普通の焼きそばにウスターソースをかけてもそんなに味が変わらないのに、この焼きそばだとこんな化学変化が起きるとは意外でしたね~。
でも1玉158円と言う値段は、やっぱり普段使いとしては高めなので、これはこれでおいしかったのですが、次見かけたら買うかどうかは微妙なところかなあ(笑)。

(有)角屋 (焼きそば / 美唄駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
阪急豊中駅前の、豊中一番街商店街と言えば、私的にはインド食材店の「Sartaj Foods」がある場所という認識なのですが(笑)、この店もその途中での立ち寄りです。

ランチタイムメニューには、お好み焼き屋なのにラーメンや炒め物などの定食も揃っていましたが、ここは無難に広島焼きと半玉焼きそばのセット(850円)にしておきました。
オタフクソース印のソースポットが3つあり、オタフクソースの甘口と辛口、大阪風ソースの3種類に、青海苔・粉鰹・七味が卓上に、さらにお好み焼きと一緒にケチャップ・マヨネーズ・辛子の容器が持ってこられるので、いろいろ味を変えて楽しむ事が出来ます。グルメぱどなどのクーポンを使えばドリンクバーが100円になるし、家族連れには最適な店ですな。
広島焼きは標準(?)に比べると小さめかな。でも焼きそばともども具のボリュームはしっかりしているし、これで850円ならコストパフォーマンス的にはまずまず合格点でしょうかね。
あ、そうそう、今はSartaj Foodsのサイトは見られなくなってますが、店は無事営業してました。店の人に聞いたら、単にドメインの更新をし忘れていたみたいで、近々再開するらしいですよ(笑)。
どうもご馳走様でした!

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ