カテゴリ: 南インド・グルジリ

スポンサードリンク
コミスタ神戸での料理教室の後は、IPSや神戸ハラルフード、モスクなどの北野のインドスポットに渡辺玲氏をご案内させていただき、5時半からはベンガル料理の名店、SONA RUPA(ショナルパ)での食事会に突入。

ここからは関西カレー界のドン(?)であるK1郎さんやKALUTARAのマスター、グルハギ・グルコバ常連のNORIさんの姿も見え、さながら関西のインド料理好きが集結してしまった感があります(笑)。
まずはショナ・ルパのオーナーシェフであるビジョン・ムカルジー師によるメニューの解説があり・・・

ある意味、ショナルパの真骨頂とも呼べる、渡辺氏も絶賛のスープ。以前のトマトスープにも感嘆させられましたが、このコーンスープもマッシュルームや野菜の旨みと軽いクミンホールの香りがマッチしていて絶品。これらのスープだけは、何年練習したとしても絶対真似できそうにありませんなあ。

左から、シンガラと呼ばれるベンガル式サモサ。皮にカロンジ(カロジレ・ニゲラ・ブラッククミン)と呼ばれるベンガル特有のスパイスが入っています。真中はジューシーなタンドリーチキン、右はマチェル・チョップと言うべきベンガルの魚コロッケ。どれもショナルパ特製のフレッシュコリアンダーチャットニーとの相性は抜群♪

そしてメインはプラオにカレーが3種、写真には載ってませんがナンとミントパラタが1枚ずつ。
プラオは、参加者の方々から「これは何のスパイスを使っているんだろう?」という疑問が出たぐらい、バスマティ・ライスの香りが凝縮された素晴らしい逸品。甘すぎずパリッと焼かれた本格的なナン、フレッシュミントがふんだんに使われたパラタと共に、カレーと絶妙のコンビを見せてくれます。
カレーは、左からベンガルのスペシャリテである生クリームが入ったマイルドな海老カレー、チングリ・マライ。カスリメティが程よく効いたナスとヒヨコマメのカレー、そしてピーマンの肉詰めをマサラで煮込んだシムラ・ランカル・ドルマと呼ばれる手の込んだカレーの3種。どれも絶品な事は言うまでもなし。

インドワインを皆で飲んだ後は、最近日本でも取り扱いが始まったと言う、アルコール度数7%と高めで少し甘めのGodFatherというビールも飲み~ので楽しい時間は過ぎていき・・・最後のデザートは、キールとマンゴーアイスが出され、私はマンゴーアイスのほうをいただきました。
しかしこの店を訪れる度にいつも感嘆させられるのは、料理に使われているスパイスの少なさ。
渡辺玲氏のレシピも、スパイスの少なさでは定評がありますが、ビジョンさんの監修本である「とっておきのインド・ベンガル料理」を見ると、それよりも1/2か2/3ぐらいのスパイスで料理が作られているのに驚いてしまいます。
それだけ、素材の質やテクニックに自信がある証拠なんでしょうが、大阪の某店のようにパウダースパイスてんこ盛りのカレー、いや刺激物がもてはやされている日本の現状では、この路線を貫くことがどれだけ勇気と信念、そして日本人に対する信頼が必要なのか、想像を絶するものがあります。
スパイスを隠し味的に使って素材の持ち味を最大限に生かすショナルパの料理は、一見して物足りなく思われる事も多いでしょうが、自分でインド料理を作れば作るほど、ここの料理の凄みに改めて気づかされてしまいますね!
ところで、今回は皆インド料理を愛する人たちばかりなので、特別にビジョンさんの許可が出て料理の写真を撮らせていただきましたが、現在ショナルパでは食事中の写真は不可になっていますのでご注意ください。
その理由としてK1郎さんも書いてますが、以前ショナルパに来られた方が、ブログ用の写真を撮るために全部の料理が揃うまで手を付けようとせず、料理を出すスピードに文句を言った挙句に自分の席の隣りに料理を並べて写真を撮り、ブログに載せた時には店の対応に腹を立てて酷評した事があったそうで、そこまでマナーの悪い、自分優先のブロガーがいるのかと愕然とさせられました。
自分でインド料理を作っていると分かるのですが、あらかじめ出来てる作り置きを温めているだけのいい加減な店ならともかく、ちゃんとおいしいカレーを作るためには、食べる直前でのスパイスの配合や仕上げが不可欠で、ホテルの大厨房ならともかく、この店の規模で全ての料理を一度に出すことは不可能なんですよね。
その店の誠実さを逆手にとって批判するのは、二重の意味で許しがたい気持ちを持ってしまいます。まずどこの店でも料理をおいしく食べることに集中する事。それが、客としての一番大事な姿勢ではないでしょうか。
追記:渡辺玲氏のブログにもショナルパの記事がアップされたのでトラバさせていただきます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
日曜日は、神戸市生涯学習支援センター「コミスタ神戸」にて、インド料理を作る人間にとっては知らない人がいない偉大なカレー伝道師、渡辺玲氏を迎えての南インド料理教室が行われました!

メニューは、左上のカトゥリから時計回りに、南インドのチキンカレー、レモンラッサム、トマトライス、ジャスミンライス、トマトのアチャール、サトイモの南インド式香味炒め、パパドでした。
今回は、いつものグルジリシリーズとは違ってきちんとした料理教室なので、調理前には整然と36人分の材料や調理器具が並べられ、渡辺氏の指示によってきっちりと皆が揃った進行で行われます。
料理の段取り計算はもちろんですが、そもそも私がグルコバを開いている飛鳥人権文化センターでは、全ての調理台に同じ調理器具を用意するのが不可能なのでこりゃ自分には無理だなあと思ってしまいました(笑)。

当然、要所要所では渡辺氏じきじきのスパイス使いのテクニック、コツが懇切丁寧に惜しみなく披露され、誰でも容易に南インド料理の技術が習得できます。
私も今でこそグルコバという会を偉そうに開いていますが、かつて怪しいおぢさんやHaggie氏の食事会に参加していた時には、自分で料理を自作すると言う考えは綺麗さっぱり持っておらず、ろくに教えを吸収しないまま酔っ払っていた超不肖の弟子だっただけに、今回で改めてテクニックの再確認が出来たことは本当にためになりました。
そして、一応自分なりに自己流でやっていた方法も、それほど大きく間違っていたわけではないことが分かって少しほっとしました(笑)。これでこれからのグルコバもさらにレベルアップ出来ると思います!

これが、それぞれの料理が完成したところ。チキンカレーやレモンラッサムの味はバッチリ覚えたので、次のグルコバでパクリ再伝導しますよ~!

食事後には氏の著書にサインをいただき、最初から最後までホクホク気分の料理教室でした。
まさやんさんやHaggie氏を始めとする準備委員会の方々、大変な準備と段取り、本当にお疲れ様でした。また次の機会も待ち望んでおります~!
追記:渡辺玲氏のブログにも記事がアップされていましたので、トラバさせていただきます。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
hagi.jpg
この日曜日は、Haggie氏が主催する南インド料理を作って食す会である第18回グルハギに参加していました。
場所は、いつものように神戸市長田区にある、古民家を移築した御蔵通5、6、7丁目自治会館。
kaijo.jpgkaijo2.jpg
私はもちろん買い物・調理から参加したのですが、やっぱり勤勉に調理に励む皆さんを眺めながらビールを空けておりました(笑)。あ、それでも一応ライタだけは作りましたけどね。
今回は初めての参加者が多く、年配や子供の方もいると言うことで辛さ控えめで品数を絞った内容になりました。それでも、相変わらずボリュームは十二分で腹一杯です。
これで会費はなんと600円なんですから、何度来てもびっくりする強烈なコストパフォーマンスですよね。
では、メニューの解説。
menu.jpg

1.ソヤチャンクス(高野豆腐状の豆だんご)と大根のサンバル
2.がぼちゃとさつまいも、ブラウンチャナ豆のクートゥ(ココナツ風味カレー)
3.パプリカ・きゅうり・トマト・ブラウンチャナ豆のライタ(ヨーグルトサラダ)
4.ワダ(スパイス入り豆粉のドーナツ)
5.パパド(豆粉せんべい)
6.ギーライス(クミンを混ぜたバター風味のジャスミンライス)
7.玉ねぎのアチャール(即席漬け)
8.じゃがいものココナツトーレン(炒め煮)
9.ココナツチャットニー

スポンサードリンク

スポンサードリンク
guruhagi15.jpg
この日曜日は、神戸で行われた南インド料理食事会、グルジリシリーズ・グルハギに参加するため、はるばる長田まで行ってきました。
会場はおなじみ古民家を移築した風情のある建物、御蔵通5,6,7丁目自治会館。
前回のグルジリとは違って今回の調理隊は少数精鋭。でも、皆さん手際が良くて野菜のカットや調理具の洗い物をテキパキとこなされていたので、私は面倒な部分はパスしてビールを飲みながらちょこちょこと味見やテンパリングの手伝いなんかをしたりするだけでした(笑)。
とは言え、それじゃあまりにも役に立たなさ過ぎなので、主宰のHaggie氏に無理を言って、追加でオクラのパチャディとじゃがいものポリヤルを作らせてもらいました。おかげでまたもてんこ盛りの品数に(笑)。
それでも会費はたったの700円! いくら利益を取らない会だとは言え、フレッシュカレーリーフやココナツといった、まずその辺のインド料理屋ではお目にかかれない貴重な食材を使ってのこの値段は、まさにコストパフォーマンス無限大ですよね。
ちなみにメニューは以下のとおりです。
guruhagi15.jpg
A.オクラのパチャディ(ヨーグルト和え)
B.トマトとクミンのラッサム(胡椒の利いた辛酸っぱいスープ)
C.ニンジンとブラウンチャナ豆ののムングダル・クートゥ(ココナツ味のカレー)
D.ハロウィン・サンバル(かぼちゃ入り野菜カレー)
E.ブラックペッパーとブラウンマスタードのワダ(豆生地のドーナツ)
F.トマト・チャットニー&ココナツ・チャットニー
G.ロビア豆と野菜のレモン風味サラダ
H.パコディ(生姜&豆だんごのフリッター)
I.ギーライス(スパイスとバターを混ぜ込んだジャスミンライス)
J.プレーンパパド(豆せんべい)
K.じゃがいものポリヤル(炒め煮)
L.トマトとバナナ、ポテト味のアッパラム(米粉せんべい)
長田まで遠征して疲れましたが、相変わらず楽しいイベントでした。大変ご馳走様でした。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

もうじき2桁の開催数になろうかという関西グルジリ。怪しいおぢさんを囲んで皆で南インド料理を作って食す会です。
フレッシュのカレーリーフや生のココナツなど、まず国内のインド料理店でお目にかかれない貴重な食材をふんだんに使用し、なおかつ会費がおおむね1000円前後で済むという、B級グルメ的にも恐るべきコストパフォーマンスを誇れるイベントです。
前回は別の予定が入っていたために泣く泣く参加できず、今回はスケジュールに万全を期して出席しました。
それぞれのメニューの解説はおなじみ「うまから手帖」にお願いするとして(笑)、今回は青バナナを使ったカーランや冬瓜のココナツ煮のオーラン、ビーツを使ったパチャディなど、今まで見なかったメニューが登場してとても刺激になりました。
調理時間の最後のほうでは調理室には30人以上の方が詰めかけ、昼過ぎにはほとんどの料理は仕上がってしまっていたので、怪しいおぢさんを皆がかこんで調理法をメモに取るという、今までのグルジリではあまり見られなかった料理教室っぽい光景が見られました(笑)。
もちろん私はそこまで真面目ではないので、時間が余った後半はビールを飲んでくだを巻く立派な酔っ払いオヤヂと化していました(笑)。そういうのもグルジリの楽しみなんですけどね。
いや今回も怪しいおぢさんの素晴らしい料理とオヤヂギャグを堪能させていただきました。
現在はグルジリやグルハギの募集はMixi内でしか行ってませんので、「今度はいつ?関西グルジリ」というコミュニティに入っていただいて、開催の告知を待っていてください。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ