カテゴリ: 南インド・グルジリ

スポンサードリンク
Haggie氏が主宰となって、主に神戸付近を中心に開催されている、南インド調理・食事会「グルハギ!」に、久々に参加がかないました。
場所は長田にある御蔵通5.6.7丁目自治会館と呼ばれる場所で、なんと100年前の古民家を移築した建物で、非常に雰囲気が良かったです。食後に少し横になりましたが、畳の間の風通しも良くて気持ちよく、ずっと寝ていたかったぐらいでした。
料理は全部で13品で、私はHaggie氏レシピによるキャベツのトーレン、自分のレシピでオクラとキャベツのポリヤルを担当しました。
しかし30人分ともなると材料やスパイスの分量の加減がわやくちゃになりますな。最初はポリヤルもオクラのみで作る予定だったのですが、刻んで見てあまりの量の少なさに、あまったキャベツを急遽追加してしまいました(笑)。
例によって自分ではさっぱり写真をとっていないので、料理の写真や内容の解説はHaggie氏ほかK1郎氏のブログ等を参照してください。
いやあ、相変わらずうまくて楽しくて、そして安い(笑)充実の調理・食事会でした。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日は、Mixiの関西グルジリコミュニティ経由で開催された、南インド料理を食べるオフ会に参加してきました。
場所は、堺筋本町にほど近い場所にある「GRACE」というインド料理屋で、普段はナンやタンドール料理といった北インドのメニューを出しておられるのですが、シェフが南インドのケララ州出身という事で、今回は特別に南インドの料理を作っていただきました。
料理が順次出てきたとたんに食べていってしまったために料理の写真は全く撮らなかったので(笑)、メニューは名前だけの紹介という事ですいません・・・
・バナナチップスのスナック
・マサラドーサ(豆粉のクレープ、じゃがいものドライカレー添え)
・マサラ・ワダ(豆粉のドーナツ)
・トマト&ココナツチャットニー(ペースト)
・じゃがいもといんげん、にんじんのサンバル(野菜と豆のカレー)
・ラッサム(スパイスのスープ)
・キャベツのポリヤル(炒め物)
・鯖のカレー
・グリーンチャットニー(香菜のペースト)
・アチャール(辛い漬物)
・パパド(豆せんべい)
・バスマティライス
・サフランライス
・パヤサム(細い麺とコンデンスミルクのデザート)
・チャイ
味はもちろんベリーグッドで、N-jiri御大(グルジリの主催者)提供の、フレッシュカレーリーフがふんだんに使われ、ドライではなかなか感じる事の出来ない、山椒や柑橘系を思わせる香りに酔いしれ、心底満腹になる幸せなひと時を過ごさせていただきました。
事前に予約すれば、どなたでも南インド料理を楽しめるそうなので、皆さんも是非利用されてみてはどうでしょうか。
GRACE
住所:大阪市中央区久太郎町2-3-8ハイム船場B1
電話:06-6271-7799
営業時間:11:30-14:30 17:00-21:30
定休日:無休
スポンサードリンク

スポンサードリンク

神戸三ノ宮にあるバー「Der Kiten」で5/27に行われた、Haggie氏主宰の「南インド料理を作って食べる会=グルハギ」で出された料理です。
私の携帯がしょぼいので色が飛んでしまってますが、とりあえずHaggie氏がMixiに上げていた料理のリストを転載しておきます。
・サンバル(野菜の豆のタマリンド煮込みカレー)
・トマトラッサム(辛酸っぱいスープ)
・ムングダル(豆の煮込み)
・ゴーヤマサラフライ(厚切りゴーヤの炒め揚げ)
・ポテトポリアル(スパイシーなポテトの蒸し焼き)
・ココナツチャトニ(ココナツベースのディップ)
・アチャール(タマネギ、トマト、キュウリの浅漬け)
・ベスンポディ(スパイシーきな粉)
・レーズンのライタ(レーズン入りヨーグルト)
・パパド(豆のセンベイ)
・ライス(インディカ米)
今回の参加者は20人強といういつもよりは小規模な集まりだったので、各料理の作業工程をじっくり見る事が出来て大変勉強になりました。
もちろん料理の出来栄えもエクセレントで、素晴らしい時を過ごさせていただきました。改めてメインシェフのHaggie氏と会場を快く提供していただいたKitenマスターに感謝です。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日の日曜日に千里公民館で久々に行われた、南インド料理を作って食べる会関西編、いわゆる「関西グルジリ」に参加してきました。
今回も家族で調理から参加していたのですが、さすがに手馴れた方々が集結していただけあって、一部の荷物が宅配便のトラブルで届かなかったアクシデントはあったものの、80人分の料理を作っているとは思えないほど終始スムーズに作業が運びました。時間がかかるプーリが無かったせいもあるかな?
料理も、スジと呼ばれるセモリナ粉の代わりに米を粉砕して作ったウップマと呼ばれるおかずもモチモチしていて一味違った楽しさがあり、KALUTARAマスターのじゃがいもの炒め物やHaggie氏渾身のダルやラッサム(カレーの一種)も絶品でした。
ただ残念だったのは、月曜日も神戸でグルジリが行われるとあっていろいろとあわただしく(なんと昨日は名古屋!)、主宰のN-jiri御大を始め、各メンバーとゆっくり話が出来なかった事ですね。神戸のほうにも行ければ良かったのですが・・・またそれはHaggieジリもとい、グルハギに期待か(笑)。
この日食べたメニューについては、K1郎さんのBlogをご覧になってください。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
関西グルジリスト待望のイベントの開催が決定しました。
以下概要を転載。
10月9日(日)第6回関西グルジリを行います。
[内容]
N-jiri(怪しいおぢさん)と有志の作った南インド料理を食べる。
[日時]
2005年10月9日(日)18:00~20:00頃
[受付時間]
17:45~18:00
18:00から一斉に食事開始です。
[場所]
千里公民館
http://www.city.toyonaka.osaka.jp/toyonaka/yu_guide/koumin/senri.html
調理室(調理のみ)
講座室(食事場所)
[定員]
80名
[参加費用]
実費精算、想定@¥1000
参加表明はこちらまで。
そして、11時からの調理にも参加出来ます。グルジリの楽しみのほとんどは、南インド料理の独特の食材や調理法を見ることだと思っているので、是非とも調理からの参加をお薦めします。
調理への参加はこちらまで。
追記:調理のほうは早々に満員になってしまいました~
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ