カテゴリ: 大阪市西区

スポンサードリンク
いつも情報提供でお世話になっているキャマラードさんご紹介のお店。
キャマラードさんお薦めの場所らしく(笑)、バッチリガッツリ肉系のランチがいただける洋食店です。店はマスターが一人で料理を作っている割には大バコで、それでもランチタイムにはぎっしり席が埋まる人気振りです。
一番人気は2種類ある焼肉定食で、1つは薄切りロース肉を塩コショウで焼いて熱い鉄板からタレにつけて食べるタイプ、もう一つはハラミ肉を日替わりのタレで焼いたタイプがあります。
この他にも山盛りの焼肉が載った焼肉丼、ハラミ焼肉とエビフライが載ったB定食、そして800円のステーキ定食とかもあるので、全部で5種類あると言ってもいいかもしれません。
肉はもちろん、揚げ物メニューもご飯もボリュームタップリで、値段は激安じゃありませんが納得一杯のコストパフォーマンスですね。
いい店のご紹介ありがとうございました。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド
なにわ亭 (居酒屋 / 阿波座)
★★★★ 4.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
土佐堀シリーズの第2弾は、ちょうど炭火焼肉・英の2軒隣にある「グリルキムラ」です。
本サイトにも書いたとおり、ここの売りのメインはニューハマヤスタイルの焼肉定食で、ニューハマヤに比べて値段が安くて肉と付け合せの量が多く、CPでは完全にこちらが勝っています。
その割にネット界隈で注目される事が少ないのは、味付けが甘辛で割と想像できる範囲なので、ニューハマヤに比べるとジャンクな中毒性というものに欠ける部分があるのかもしれません(笑)。
ここは焼肉以外にも、コロッケや魚フライといったメニューが秀逸で、ニューハマヤに比べるといろんな面で万人向きなのは確かですね。
しかしこの店、家族経営で長くやってるっぽいのに、店員のチームワークがいつ行ってもなんかずれてるのが不思議なんですが(笑)。
そして萩之茶屋・あいりんエリアから久々のアップ、「酒のもりた」です。
このあたりにしては値段が高めで高級海鮮類も豊富に揃っており、店内にギャンブル放送が流されているのを見ると、一発勝って儲けた人用の店かなと思ってしまいます。もちろん、負けた人は難波屋ややまき、その向かいの天ぷら屋になっちゃうんでしょうけどね(笑)。
ここは生ビールがおいしいのですが、量の割にちょっと値段が張るので、ケチりたい時には淡麗の生で行くのも手だと思います。
営業時間は当然朝から。貝汁や湯豆腐が安くなるモーニングサービスもあります。
って書いてて思ったけど、名古屋の豪華版のように、もしかすると萩之茶屋のモーニングも世間に注目される・・・事は永遠に無いな(笑)。
大阪・関西のB級グルメガイド
スポンサードリンク

スポンサードリンク
世の中にトルコライスと名のつくものは数あれど、ピラフにとんかつとナポリタンスパゲティが載ったものが「長崎風」と言われるタイプのようですね。
その長崎風トルコライスが大阪で食べられるのが、西区新町にあるガッツリ系中華料理店の雄である「西遊記」です。
そのトルコライスは、楕円形の大皿の中に、カレーピラフとケチャップソースと辛子がかけられたとんかつ、ケチャップ味のスパゲティ、キャベツの千切りがぎっしり敷き詰められ、相変わらずのボリュームです。
味はまあ西遊記らしく(笑)、とんかつは業務用冷凍食品ってな感じで、カレーピラフやケチャップも単純な味付けでそこそこレベルなんですが、580円と言う値段で腹一杯になれてデミタスコーヒーまで付くのだから、やっぱりここはお得ですよね。
店は最近何かのマスメディアで取り上げられたっぽく、以前よりもさらに賑わいを増していましたが、隣であの超絶ボリューム定食を食べていた女性が半分以上を食べ残して退店していたのを見ると、有名になるのも良し悪しだなあと思いました。
西遊記 新町本店
住所:大阪府大阪市西区新町1-33-16
電話:06-6543-0372
営業時間11:00-29:00
定休日:無休
 

[map:大阪府大阪市西区新町1-33-16]


西遊記 (中華料理 / 西大橋)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
以前、ここに白金豚の油そばを食べに来た時に、メニューに追加されて気になっていた煮干醤油ラーメンを食べてみました。
油そばはラーメン二郎を強く連想させる味だったんですが、この煮干醤油は平打ち麺を使っているのもあって、まんま尾道ラーメンという感じですね(笑)。
おそらく煎った煮干の粉だと思うのですが、丼のふちに黒い粉が残っているぐらいに煮干の旨みを強く出した、ラーメンスープと言うよりはうどんやそばの「かえし」に近い印象を感じさせて、他の具とのまとまりも非常に良かったのですが、肝心の平打ち麺がねえ・・・
もともと、固めに茹でないとスープに負けてしまうタイプの麺だと思うのですが、この日食べた麺は明らかに茹ですぎで、メニューに書いてある「モチモチ」というよりはビロンビロンという感じです・・・ぶっちゃけ、チキンラーメンが延びてしまった感じと言ってしまったほうが正確かもしれません(苦笑)。
きちんとした茹で方で提供が出来ないのであれば、普通の麺で出したほうがいいと思うんですがねえ。スープの出来はいいだけにもったいない一品でした。
カドヤ食堂 (ラーメン / 今福鶴見)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
これまた過ぎた話で申し訳ないのですが、携帯サイトの「超らーめんナビ」会員に7月限定で出される、カドヤ食堂の「白金豚旨みそば」がうまいという話を聞き、早速登録して行ってみました。
行った時間が若干お昼前だったにもかからわず、既に店内は人でいっぱいで、しかも1/3ぐらいのお客さんがその限定メニューを頼んでいる様子。いや、大阪にもラーメンマニアが結構いるもんなんですね。>自分棚上げ
白金豚旨みそばは、いわゆる油そばのような感じになっており、麺に油だれがからめてあって、その上にチャーシューと刻みチャーシュー、メンマ、そして白髪ネギが載せられ、きゅうり漬けと黒酢とラー油が添えて出されます。
食べてみると、豚のラードの旨みとにんにくの香り、醤油の塩気がガツンと来ます。刻みチャーシューやメンマの味付けも濃厚で、実に力強いインパクトを感じます。
ところが、そばを夢中で食べているうちに、「この味は妙に馴染みがあるな・・・」と不思議な既視感に囚われました。よく考えてみると、この豚臭さと醤油、そしてにんにくのコンビは、あのラーメン二郎の旨みの要素とほとんど同じなんですよね。
化学調味料満載の二郎と、全く入れないカドヤ食堂と同じ扱いをするなとファンの方には怒られるかもしれませんが、いったん自分の中で記憶が重なってしまうと、もう引き剥がす事は出来ません(笑)。
そばを8割ほど食べたら、店の方がスープにひたしたご飯を持って来てくれるので、これを丼の中に入れて雑炊のようにしていただきます。これはこれで腹が膨れていいのですが、最初のインパクトが強すぎて印象としては薄いですね。一緒に食べたきゅうりの漬物はおいしかったです。
ともかく二郎ファンでもある私としては、二重の意味で大変楽しい食事体験をさせていただきました。レギュラーメニュー化を是非期待したいところです。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ