カテゴリ: 洋食

スポンサードリンク
週末、いつものように冷凍庫の中を覗いてみるとメインとして使えそうな食材は鶏ささみのみ・・・

確かに節制が必要なお年ごろではありますが、やはりささみはどうも焼いたりするとパサパサして苦手。なので、胸肉と同様に揚げ物路線で攻めることにしました。

NHKのためしてガッテンでやっていた、胸肉への浸水のさせ方を参考にしていったん砂糖塩水に漬け、水気をフイた後は脱水を避けるために肉にはそのまま味を付けず、チーズと塩コショウ、パセリ、パン粉を混ぜた衣でフライに。

IMG_2889

ささみはやっぱりささみなのでモモ肉のようにジューシーとまでは行きませんでしたが、スカスカじゃなくて適度なしっとり感があって、チーズとパセリの香りも良い感じでした。長女はこのままでも美味しいといってソースを漬けずに3本のささみをバクバク食べてましたね。

私はたっぷりのレタスサラダとカツを1本いただいてビールをやっときました。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もはや恒例になっている週末の自作料理。今回は子供のリクエストで、ハンバーグと豚汁を作りました。

ハンバーグは今までに何度も作っているので、目先を変えて肉屋でただでもらえる牛脂と、ゼラチンパウダーを加えてジューシーさをアップしてみました。

IMG_2763

ハンバーグを切った時に明らかに分かるようなジュースは出てこなかったですが、いつもよりはしっとり感はアップしたかな?

でも、冷めるとゼラチンが固まったような粒を感じたので、やっぱ使わないほうがいいかも。本当は、牛すじから煮こごりを作って入れるべきなんでしょうけど、そこまでやる気は起きませんからねえ・・・(笑)

まあどんな作り方をしても子供は喜んで食べてくれるわけですが。原価が安くつくハンバーグは庶民の味方です。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ここ最近は何故か食いしん坊仲間のishさんと洋食について語らうことが多くて、先日も夜中にドミグラスソースの作り方について熱くTwitterで語ったかと思うと、天満や京橋で洋食中心の飲み会を開いたりしておりました。

しかし、そういった真っ当な洋食ばかりを話題にしていると、ついつい反動でチープな大衆洋食も行きたくなるもので、天満の会の時にふと思い出したグリルうえのへ久々に訪問してみました。

店頭に飾ってあるオムライスの姿とは似ても似つかない、皿の端までこんもりと円形に盛られた大量のチキンライスの上に薄焼き卵がライスを覆い切らない状態で載っているという、言わば逆誇大広告とも言うべきオムライスが名物の店ですが、その他のメニューも相当なボリュームです。

IMG_2722

今回はこちらの独特なドミグラスソースを味わいたかったので、ハンバーグを注文。本サイトにデータを載せた当時であれば巨大なチキンカツを行ってたところですが、もうさすがに年齢的にきつくなってしまいました・・・

しかしハンバーグも容赦なく、みっちり肉が詰まった大人の手のひら大サイズな上に、目玉焼きとスパゲティの付け合せ、多めの皿ご飯で腹いっぱい。

薄茶色のソースは、ドミグラスと言うよりもイギリス・アメリカ料理のグレイビーソースに近いタイプで、トマト及びケチャップの甘みや酸味が入らない塩味ベースなのが特徴です。なにげにゴツイ目に切られたキャベツにかかっているマヨネーズが手作りなのもポイント高し。

このソースだけだと少々ボケた味わいなのですが、これに卓上のタバスコをたっぷり、ウスターソースを少々ブレンドすると、何ともごはん泥棒な絶妙の味わいに変化するんですよね~。数年前まで堺筋本町にあった漁火という洋食店も同じようなソースだったのですが、もうこの味はここでしか楽しめないのかもしれません。

こちらも一時は閉店の危機にあったようですが、何と現在は娘さんが厨房に立って店の味を守っておられます。ご主人の引退即閉店というのが個人B級グルメ店の宿命なのですが、これは非常に嬉しい例外ですね! 常連さんとの会話によると、消費税アップ後も値段は据え置きで頑張られるそうで頭が下がります。

以前と変わらぬ味を楽しませていただきました。どうもご馳走様!

グリルうえのハンバーグ / なんば駅(大阪市営)、大阪難波駅、難波駅(南海))

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0
スポンサードリンク

スポンサードリンク
火曜日は、長女が小学校の卒業式で、私も1日休みを取っておりました。

育ち盛りでむちゃくちゃ食べる長女の希望で、最初はランチを焼肉食べ放題にする予定だったのですが、何かと出し物が長くて終わったら1時を過ぎており、焼肉食べ放題の値段が上がってしまうために断念。第二候補として、もとフレンドリーだった場所に出来たハッピーコングというステーキファミレスに行きました。

こちらの売りは、カレーやデザート、パン、スープまで付いている充実したサラダバーが全てのメイン料理についている事で、入り口には何と作り放題のわたあめマシンまであったりします。

IMG_2667

とりあえずサラダバーの第一弾を盛ってパチリ。カレーはまあ普通の業務用って感じですが、ちゃんと福神漬けまであるのが親切ですね。サラダのアイテムの品数も多くて不満はありません。

IMG_2668

自分のステーキは、塊肉では一番安い肩ロースのステーキ150g(980円)をオーダー。ちょっと肉と脂身の間にある筋が切れずに往生しましたが、肉は厚みの割にそれほど固くなくて思ったより食べやすかったです。

逆に、薄切りのキッズステーキのほうが硬くてまだ乳歯がほとんどの次女には食べにくそうでした。が、彼女らはデザートとわたがし、ジュースがあればご満悦なのでいいんですけどね。

サラダバーやご飯は2度ほどおかわりして晩御飯がアテだけで十分なほど腹一杯になりました。これで980円というのはやっぱお得ですよねえ・・・肉の原価っていくらなんだろうか(笑)。

ハッピーコング 巣本店ステーキ / 萱島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
写真を整理していたら、自作料理のエントリーを1個あげ忘れていたのでネタ作り。

まずは冷凍庫にあった鶏胸肉使ったチキンカツです。

IMG_2416

薄手の紙カツみたいなのをイメージして包丁の背中で肉をどんどん叩いて伸ばしてみたのですが、筋が切れるまで行かないようで火が通ると結構縮まって棒状になってしまうんですよね~。

肉叩きがあればもっと薄手のままで揚げられるのかなと思うのですが、たまの揚げ物用にわざわざ買うっていうのももったいない気がして未だに実行できていません・・・なんか良い方法ないでしょうか?

IMG_2396

そして子供らのリクエストがあったのでオムライスも製作。と言っても、チキンカツで面倒くさくなったので白ご飯を卵でくるんだだけですが(笑)。それに次女は味付きご飯よりもこっちのほうを好むんですよね、困ったことに。

ケチャップアートは長女作。なかなか絵心があるでしょう? でも次女は私に似たのか正直あんまり・・・兄弟でも資質や性格って違うもんですよね~。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ