カテゴリ: ミナミ(難波・心斎橋・日本橋)

スポンサードリンク
大阪の(数少ない)ラーメンファンの間で話題が沸騰している、なんばグランド花月の南側に出来た「宗家一条流がんこラーメン十八代目」ですが、早速私も食べに行ってみました。
入口は「大阪一うまいたこ焼きや」の隣にあり、がんこ特有の黒い店構えに骨がつるしてある地味な外見が完全に埋没してます(笑)。これでは一見の客はほとんど入らないでしょうね・・・
店内は狭いカウンターのみですが、厨房は比較的余裕があって清潔で、店長さんのラーメンに対する真摯な姿勢が伝わってきます。
メニューは塩+エビ油、塩+ネギ油、醤油の3品で、タレの量は標準の30から増減して注文できるらしいです。が、今回は最初と言う事でお薦めの塩+エビ油・タレ標準で行ってみました。
がんこと言えば、コクと塩辛さの際立った黄金色をしたスープに縮れ麺と巻きチャーシューが標準的なスタイルなのですが、こちらは角煮風に分厚く切った煮バラ肉をあぶったものが載せられています。そして海苔と太いメンマ、白髪ネギを載せて最後に熱した油をかけて出されます。
まず一口スープをすすってみると、最初の感じではしょっぱさは東京よりも幾分押さえられている印象を受けますが、食べ進むにつれてじんわりと体に塩が溜まって行く感じになって来ます。そこをダシの力で最後まで引っ張って食わせる。ああ、やっぱりこれはがんこのラーメン以外の何物でもありません。
味のほうは、まあ私があんまり塩ラーメンが好きじゃないってのもあるんですが、エビの風味が突出しすぎてネギとメンマの存在感があんまり無いのが気になりました。チャーシューはトロトロでうまいですが、あぶっている割にはスープの塩気に負けてしまっている感がありますし、これならホロホロとスープと一体化する巻きチャーシューのほうが合っているような・・・
と文句ばかり書いてますが、ここまで味のレベルが高いラーメンは大阪では珍しいですし、700円と言う金額もチャーシューの質とボリュームを考えれば十分に納得できます。これからも何度か通おうという気になる店なのは間違いありませんね。
公式サイト http://blog.livedoor.jp/ganko18/
スポンサードリンク

スポンサードリンク
せんば心斎橋筋の丸善の向かいにあるビルの地下にある居酒屋。
ここの「かつめし」がテレビや雑誌で取り上げられて有名らしいので昼に行ってみました。店の外にはこの店が紹介されているテレビの録画が延々と流されています。テレビ局の許可を得ているのかな?
その店ご自慢の750円のかつめし定食は、直径20cm強はある大きなお椀にご飯と海苔と錦糸玉子が盛られ、その上に覆い被さるように大きなカツが載っているといった巨大な代物で、卵でとじてなくてタレをかけて食べます。
見た目もボリュームも凄くて、カツの揚げ具合もさっくりなのですが、肝心の肉質がどうもぱっとしません。カツは細めに切られているので一見分かりにくいですが、某カツ丼チェーンのように固くてパサパサな様子。その量と相まって、最後のほうはかなり飽きがきてしまいました。
それでも、ボリュームを考えればそれほど悪い値段ではないので、とりあえず腹一杯になりたい人にはいいのではないでしょうか。
味名人 (とんかつ / 本町)
★★★☆☆ 2.5

スポンサードリンク

スポンサードリンク
この店に初めて訪れたのは私が大学生のころ、確か「あまから手帖」に紹介された店をまとめた本に載っていたか何かで、「天丼の店」というシンプルな屋号に惹かれて訪れてみたのが最初でした。
その頃はまだ先代が店に立っておられて、その愛想の無さと、はげ頭で目がギョロリとした鋭い風貌に、少し居心地の悪さを感じたものでした。
天丼を食べてみても、大学生の胃袋には少々ボリュームが少なく、具のシンプルさや海老天の軽さと相まってあまり食べた気がせず、もう一つ「何度も通ってみよう」という気にならなくて、結局5、6回行ったきりで後はその存在をすっかり忘れておりました。
しかし、B級グルメのサイトを開いた事もあって、「一応ここも押さえておく必要があるよな」と思って久しぶりに訪問したところ、他の店ではなかなか味わえない海老の甘さと火の通しの絶妙さに改めて感嘆し、何でもっと行っておかなかったんだと後悔しました(笑)。
まあ、それだけ自分の味の嗜好が変わってしまったんだと思いますが、もっと軽く天ぷらを揚げておられた(ように思える)先代の時にタイムマシンで戻って、今の舌でもう一度食べてみたいですねえ。
天丼の店 (天丼・天重 / 近鉄難波、日本橋)
★★★★ 4.0

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ