カテゴリ: ミナミ(難波・心斎橋・日本橋)

スポンサードリンク
この店の母体は今里にある同名の居酒屋で、嫁さんも仕事仲間と何度か行ったことがあるらしく非常に良い店との評判は伝え聞いていたのですが、座り飲みの人気店と聞くと予約やら待ちやらの事が頭に浮かび、どうもなかなか足を運べないままでいました。
そこが、最近なんばエリアに立ち飲みの支店を出したという話を聞き、立ち飲みだったら入りやすいだろうと言う事で、苦手な(?)裏なんばへと通ってみました。
店は立ち飲みの割に意外と大箱で、扇町の得一ぐらいのキャパがあり、何人もの店員さんが忙しく立ち働いておられます。

でも料理は手抜きなしの本格派で、刺身盛り合わせは鉄分ビシバシの本マグロ、コリコリのつぶ貝、銀色が眩しいカンパチ、味が濃いのに爽やかなカツオ、ゴリッと旨味が凝縮したヒラメなど一級品のネタ、そして本物のワサビが載っており、それなのに値段は650円と破格の安さ。

フグの白子や天然鰻の白焼きなんて希少価値のある料理でさえ3桁の値段で食べられるのだから驚異的です。ジューシーな鶏の唐揚げ、天然だしが効いた鱧の子の卵とじなど、惣菜系の出来も申し分ありません。
そして酒も安い!獺祭、三岳、兼八といったプレミア値段当たり前な銘柄が350~400円の普通の価格で飲めるのは素晴らしいの一言。
短所をあえてあげれば、やはり客が立て込んでいるのでオーダーミスや注文してから時間がかかる場合がちょいちょいある事。まあ、CPを考えたら十二分の相殺出来るところではありますけどね。いや、とにかく絶対のお薦め店であることは間違いありません!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

魚屋ひでぞう 立ち呑み店立ち飲み居酒屋・バー / 難波駅(南海)、近鉄日本橋駅、日本橋駅)

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近、小規模な飲食店の進出が多い千日前から日本橋界隈の事を、巷では「裏なんば」と呼んでいるそうですね。
バブルの一時期にもてはやされた”堀江・南船場”もそうですが、どうもああいう「トレンディ(死語)」な流れに乗っかるのが嫌で、その裏なんば界隈ではあまり新規開拓する気が起こらなかったのですが、その中でもこの店だけは気になっていたのです。
何しろ、食べログにも一応データは載ってますが掲載保留扱いで検索できず、取材も知り合い関係を除けばお断りしているというのは、やたらとMeetsを始めとしたアンテナ系マスコミ(笑)に取り上げられる難波界隈では稀有な存在です。
と言っても取っ付きにくい部分は全く無く、明るい女将さんとイケメンシェフのご主人、民家を改造した店に和箪笥などを置いたレトロな雰囲気と相まって、多くの常連が足繁く通う温かみのあるお店です。

料理はマグロのポキやアボガドのサラダなど、パシフィックリムまたはハワイアンフュージョンっぽい品や、チーズオムレツやビーフシチューなどの本格洋食、鯖寿司や赤エビの刺身、若竹煮といった純和食など、品数は絞られていますが多彩で丁寧に作られた料理が並んでいます。

酒の値段は、まあ難波の立ち飲みとしては標準的な値段ですが、料理はクォリティを考えるとかなりリーズナブルで、繁華街という場所を抜きにしても優れたCPの推薦店ですよ。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立ち呑み にと立ち飲み居酒屋・バー / 近鉄日本橋駅、日本橋駅、難波駅(南海))

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
7/3は、餃子の珉珉チェーンが60周年を迎えた日という事で、創業当時の値段で料理を提供する1日限りのセールが行われていました。
珉珉の直営店は、梅田や京橋にもあるようですが、昨日は雨模様だったので地下街にあるなんばwalkにある支店に行きました。

着いたのが晩飯時だったのでさすがに長い行列が伸びており、店の前で列がいったん切られて地上階段のところにも並ばされていましたね。でも何とか1時間ほどの待ち時間で入店。

この日のメニューはこれらの品だけの提供になってます。なお、餃子とビールは1人につき2つまでの注文に限られてます。
若い人だと、全品頼んでいる人もいたりしましたが、さすがにおぢさんの私にそんな注文は無理なので、餃子2人前とビール2杯、そしてチャーハンを頼みました。

まずは先に餃子1人前が到着。ビールは本来は瓶で提供されるはずなのですが、瓶の在庫が無くなってしまって残念ながら生ビールになってしまってました。これで2杯はちょっと物足りないですね。
さすがに店の人はてんてこ舞い状態で、間違ってビールが3つ計上されていたりしたので訂正してもらいました。でも、それって良く考えたら実は1人でビール3つ以上頼めたのかも(笑)。

空きっ腹で行ったはずなのに、チャーハンまで食べたらもう腹一杯になってしまいました・・・〆て会計は440円。究極の500ベロ、ご馳走様でした~!
珉珉 虹の町店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 日本橋駅、近鉄日本橋駅、難波駅(南海)


スポンサードリンク

スポンサードリンク
松屋という名前の牛めしならぬ立ち食いうどん店は、京橋、布施、新世界、阿倍野、萩ノ茶屋など結構あちこちで見かけるのですが、それぞれどういう関連があるのかいまいち良く分かっておりません。
ただ、難波の南海通のある店と、この道具屋筋にある店については、自販機やメニューの内容がほぼ同じなので、一緒の系列なんだろうなとは思います。
その難波松屋は、どんぶりなどのメニューが充実している事で知られていますが、もう1つユニークなのが「かすうどん」を置いている事。
牛の小腸を油でカリカリになるまで揚げた「油かす」は、さいぼしと同じルーツを持つ日陰の貧しい食材だったわけですが、今ではすっかり高級品になってしまい、100gで400円前後と黒毛和牛もビックリなお値段になっています。

なので、巷のかすうどんはどこで食べてもワンコイン以上はしてしまうわけですが、それが350円で食べられるのはさすが松屋さんというところですね。しかも油かすの量はなかなかたっぷり。食べ終わったら口の周りが牛脂でベタッとするぐらいですよ。
おにぎり2個120円と合わせても470円で、十分ゴージャスなお昼ごはんです。

あと、面白いのはかすうどんにはおろしニンニクが入った容器を持って来てくれる事。これを入れると味にパンチが出て一気にジャンクさが倍増しますよ!
ただし、おそらく容器に入れっぱなしのせいか酸化でニンニクが酸っぱくなってしまっているので、入れ過ぎには注意の事(笑)。

松屋

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:うどん | 難波駅(南海)、大阪難波駅、近鉄日本橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日、別件でこのあたりを通っていた時に、のスたOSAKAの前に「賄いルーシー」という新メニューがお目見えした、という内容の立て看板を見て、一体それはナンジャラホイと思って試してみる事にしました。
何がルーシーなのかはさっぱり分かりませんが、とにかく塩と醤油、ポン酢をブレンドしたタレを使ったあえそば、というのが正体のようです。

内容は、あつもりの麺と通常より多めに見える野菜、かいわれ、鰹節、味玉半分、チャーシューが1枚と刻みチャーシュー、そして別皿で後半に味を変えてみてくださいと言われて渡された酢漬けの生玉ねぎと非常に盛りだくさん。
二郎系のあえそばと言うと、醤油辛さと背脂でギトギトのタレ、というイメージがありますが、こちらは固形脂分はほとんど無くて、ポン酢のほんのりとしたすっばさが効いてあっさりと食べられます。
ただし、個人的には酢漬け玉ねぎを入れると酸味のバランスが崩れるように思ったのでいらないかな・・・それよりもキムチ的な存在のほうが欲しかったです。
あと気になったのは麺の茹で方が柔かった事。麺の量がただでさえ多いのに、デロデロになった麺が底のほうでくっついて食べるのに難儀しました。タレもあえそばにしては水気が多くて麺がふやける原因になっているのではないかと。麺に関しては、近所のマッチョのゴワゴワ麺のほうが良いですねえ・・・
野菜はとても美味しいし、味や具の構成としては良く出来ていると思うんですが、いろいろバランスを崩している要素があって全体としてはやや残念な感じになってましたね~。やっぱ二郎とは完全に別物、と思っておいたほうがいいのかもしれません。


関連ランキング:ラーメン | 難波駅(南海)、近鉄日本橋駅、日本橋駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ