カテゴリ: 和食

スポンサードリンク
ダラダラと続けていた、伊勢志摩旅行の食い倒れレポートもこれがやっと最終話です。

大阪への帰り道、本当ならばどこかで伊勢かまぼこを買う予定だったのですが、途中で寄ったぎゅーとらにはあいにく普通のかまぼこしか置いてなくて断念・・・なので、以前から行きたかった伊賀上野SAにある「お福」のどて焼きを買って帰る事にしました。

名阪国道の伊賀近辺には、伊賀サービスエリアと道の駅いが、名阪上野ドライブインなどがあってどれがどれだか非常にややこしいのですが、この店がある伊賀上野SAは下り線にしか無く、しかもSAと名乗るのがおこがましいぐらいに狭くて目立たないんですよね・・・

IMG_3173

さらに、伊賀上野SAの建物はほとんど廃墟状態でこの店しか営業しておらず、何も知らずに駐車場へ入って来たら店がある事すら気づかない人がほとんどでしょう(^_^;)

ガランと妙に余剰スペースが多い店内を見ると、どて焼きで大盛りメシを食っているおっちゃんと、家族経営と思われる老夫婦と息子さんと思しき店員さんのみ。

持ち帰りのどて焼きは800円というなかなかのお値段。でも、こんにゃくなどは入っていないオールすじ肉、長辺20cmほどの発泡スチロール容器スレスレまで詰め込まれるのでお得感は十分です。つーか、持って帰って自分でこんにゃくを加えたら4人前ぐらいにはなりますよ(笑)。

IMG_3175

今回は旅行帰りで疲れていたのでそこまでせず、単にチンしただけで晩酌に頂きました。味噌の味は思ったよりもあっさりで、鬼スジすら噛み切れるぐらいにトロトロと柔らかく煮こまれています。刻みネギもビニール袋に入れて付けてもらえるのですが、ネギを入れるとまた風味が豊かになりますね。

大内の名阪上野ドライブインにある「おすみ」のホルモンほどのB級感は無く、同行者や家族にも好評で普通によく出来たどて焼きだと思いました。どうもご馳走様!

味のお福定食・食堂 / 広小路)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
いや昨日は台風が西日本を縦断して本当に大変でしたね~。

大阪は何故か台風が来ても進路がずれる事が多くて滅多に大きな被害が出ない地域なのですが、それでも結構風雨が凄かったです。もし先々週末に行った伊勢志摩旅行が1週間遅れていたら大変な事になってたでしょうね・・・

と言うわけではありませんが、その旅行の帰りに津の朝日屋さんで買った松阪牛の切り落としで土曜はすき焼きを作りました。

IMG_3199

松阪肉と言っても意外と赤身な部分もあったりするのですが、この肉は切り落としと言っても本当に美しい霜降りで、パッケージには牛丼用と書いてありますが十二分にすき焼きで楽しめる肉質です。

IMG_3200

常温で置いているとあっという間に脂が溶け出してトロトロと溶けてしまうので、食べる直前まで冷蔵庫に入れておいてさっと火を通してパクッと行くのが正解です。

IMG_3201

関西風にヘットで焼いた肉を楽しんだら野菜と一緒に煮込みます。普通、牛肉に火を通すと独特な生臭みが出て来るものですが、この肉はそういう癖が全く無くて、脂が多いのにサラッとしていてしつこくなく、脂が染みた野菜が何とも言えず美味しくなるんですよね~。

伊勢志摩旅行後のお楽しみ、今回も堪能させていただきました!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
普段、朝飯は少ししか食べない習慣なので、保養所の朝飯は焼き魚や卵焼き、ベーコンエッグなどもあって豪華だけどヘビー・・・

IMG_3167

他の大人メンバーも朝はしっかり食べたので、途中で寄った伊勢神宮内宮おはらい町では土産を買ったりビールを飲んだのみ。子供らはさすがに昼時は腹が減るので豚捨のコロッケを買い与えて虫養いにしてもらいました。それにしても凄い人!

遅めの昼食は、前日の会議でウナギを食べに行くことが決まっていたので、今回は嫁さんの希望で新玉亭を選択。で、駐車場に止めて店に向かおうとしたその瞬間に、店内から店員さんが出て来て暖簾を外すではないですか!

あれ、土日は通し営業だったはず・・・と思っていたら、何とウナギが品切れで閉店との事。ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、ウナギが食べられなくなるかもしれないと駆け込み需要が起きているというニュースを聞きましたが、やはり本当なんですねえ。

皆の頭の中がすっかりウナギになっているのでじゃあ諦めますかと言うわけにも行かず、自分のデータベースの中から選んだのが「はし家」さん。こちらも定評のある大箱店で、念のため電話をかけてみると大丈夫との事だったのでおっとり刀で向かいました。

IMG_3170

もう時間は2時を回っているというのに店内はお客さんでぎっしり! いや津のうなぎ人気は凄いです。(@_@;)

2Fの座敷席に入ってオーダーしたのは、私が小うなぎ丼大盛(1300+200円)。小で大盛ってナンジャラホイって感じですが、はし家さんでは小中大はうなぎの切り身の枚数で、御飯の量とは別なんですよね。

IMG_3169

で、大盛で出て来たのがこの漫画盛り(笑)。新玉亭の中盛も有名ですが、それに匹敵する盛りですなあ。もちろん、自分で全部食べるわけではなくて、うなぎ本体はいらなくてご飯だけが欲しい次女と分けるためではあったのですが、次女と分けてもまだ多くて長女にまでご飯をあげたぐらいでしたよ。

うなぎは、うなふじのようなクリスピーさはありませんが、十分柔らかくふっくら肉厚。タレはたまり醤油ベースで真っ黒ですが、甘さがそんなに無いので同行者には好評でした。

いや、やっぱりうなぎは美味しいですね。クジラはもう無理に食べる必要性は感じなくなりましたが、うなぎはやはり年に1~2度ぐらいは食べ続けたいですなあ。

うなぎ料理 はし家うなぎ / 津新町駅津駅阿漕駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

スポンサードリンク
夏場には向かない牛すき鍋の代わりに、牛バラ野菜焼き定食という新しいメニューが吉野家に登場しました。

鍋とコンロ+固形燃料という器の構成は牛すき鍋と同じなのですが、中には牛肉と玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、ニラといった野菜が入っており、底に醤油ダレが敷かれていて焼きながら食べるというものです。

IMG_3134

おそらく牛丼用を流用した肉にはあらかじめ火が通されていますが、大多数の野菜類はほぼ生なので、席に到着した時にはすぐ食べ始めずにコンロが温まってから野菜を混ぜ、ちゃんと炒めものになってから食べたほうが良いような気がします。と言ってもなかなか難しいでしょうが(笑)。

私はいつもの習慣で野菜から食べ始めたのですが、後の方になると肉とタレ、焼き過ぎでしなびた野菜が煮詰まって相当塩辛く感じたので、食べるバランス、ペース配分が結構難しいなと思いました。小皿でもあればいったん避難とか出来るんですが、現状ではご飯に載せるしか出来ませんからねえ。

タレの味は、吉野家にありがちなベタ甘さがなくてスッキリした醤油味なのが良いですね。値段の割に野菜がしっかり取れるので、牛丼+サラダ+味噌汁と同じぐらいの金額である事を考えると、コストパフォーマンス的にも悪くないんじゃないでしょうか。どうもご馳走様!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近は、イベント以外ではあまり昼酒を飲まないようにしているので、休みの昼に回転寿司へ行く機会はめっきり減っております。

しかし、ここ最近は日本代表のワールドカップでの不甲斐ない戦いぶりにストレスが溜まっており、ちょうど子供が好きな妖怪ウォッチのイベントが始まっていると聞いて、ちょっと寿司を摘みにやって来ました。

IMG_3012

消費税アップによる影響か、以前に比べると全体的に寿司のサイズが小さくなっているような気がしますね。同じ皿数を食べても胃袋の満足感がなんか違います。

IMG_2994

はまちと言えば、門真のすしバリューを思い出しますが、最近はとんとご無沙汰です。

IMG_2995

それでも、こんな生の紅ズワイガニなんて珍しいネタがあったりして、コストダウンしながらも客を楽しませる工夫は感じられます。

結局10皿も頼まなかったのでびっくらポンは1回のみ。当然ながら外れて、へそを曲げた子供に後でガチャポンをねだられましたとさ(笑)。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ