カテゴリ: 大阪市北区

スポンサードリンク
グルコバ前日恒例の天満への買い出し。

長女は習い事の方に行っていたので、次女だけ連れて出かけました。となると、昼飯はどうしても次女が大好きな麺類に・・・

でも最近は次女も本当に良く食べるようになり、普通のラーメン屋だと2杯頼まないといけなくなって出費がでかいので、ガッツリ系の店で探したのがこちら。

店名は違いますが、メニューの見た目や構成からして「ちぇり~亭」、「武士道」の系列店である事は明らかですね。

注文は中盛が無料だったのでそれとライスで840円。ここの系列はトッピングを追加して行くと値段が跳ね上がるので工夫が必要です(笑)。

IMG_3380

ラーメンの内容はおなじみ、豚バラスライスとキャベツ、もやしが炒められたものが太麺の醤油スープの上に載せられた形。二郎系と比べると単純なボリュームでは劣りますが、野菜が茹でじゃなくて炒めなので、最後まで熱々でいただけるのは嬉しいです。

ただ、天満の激戦区にある店としてはCP的に厳しいところはありますし、再訪はちょっと微妙なところですかね~、ごちそうさん。

傾奇御麺 天神橋本店ラーメン / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
9月26日、東天満交差点北東角、うどんの小雀弥さんが入っているビルの2Fに得一の東天満店がオープンしました。

IMG_3411

事前に知り合いから、オープンから2日間はドリンクが全て5円になるセールをやっているという情報をもらっていたのですが、もうそんなにバカみたいな飲み方をしない年でもあるし、混むと嫌なのでスルーするつもりだったのですが、土曜日はたまたま仕事で梅田まで出る用事があり、その帰りに様子を見てみたところ店が満杯というわけでもなさそうだったので、ちょっと立ち寄ってみました。

IMG_3413

店はかなりの大箱で、働いている人はほとんどが中国人っぽくて片言の日本語が飛び交ってました。5円セール中は1時間半の制限があるみたいですが、多分誰もチェックなんかしてませんね(笑)。

tokuichi

既に仕事の懇親会でそこそこ飲み食いはしていたので、アテはサンマの刺し身だけ注文。

しかし秋刀魚の刺身は最近自分でも作りましたが、原価は安くても結構骨抜きとかが面倒くさくて、人件費を考えたら半身で200円という値段は破格ですよね~。

IMG_3414

そしてたまたま途中でトイレに行ったところ、無駄に長い廊下みたいなスペースの先に便器があってビックリしましたよ(^_^;)。

酒はビールと焼酎の2杯だけいただいて退散。でも店の場所がわかりにくい2Fで大箱ってのは地雷物件のような気がしますなあ・・・飛ぶ鳥を落とす勢いで店を増やしている得一グループではありますが、さてここは流行るのでしょうか?

得一 東天満店立ち飲み居酒屋・バー / 大阪天満宮駅南森町駅大阪城北詰駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

スポンサードリンク
えて吉さん、ishさんと洋食屋「ごめんねジロー」に行った後、恒例の立ち飲みかんちゃんに立ち寄った事をすっかり忘れていて、過去の写真データを見ながら10分ほど「どこの店で食べたんだろう・・・」と悩んでました(笑)。

ごめんねジローでは、ちょうどワインのボトルが空になったタイミングでお開きにしたので、まだ皆さんお腹に余裕があったようで、今更ながらに結構いろいろ頼んでますね。

kanchan

まずは牛タンのたたき。サシが入って半生でも柔らか~い。

kanchan2

どて焼きは真っ黒な見た目とは裏腹に、じんわりと優しいお味。

kanchan3

大きくてブリブリの岩牡蠣。さすがに志摩で食べたものに比べると磯の臭いはキツ目かな。

kanchan4

脂が乗って生臭みなんか無いイワシの刺し身~。

kanchan5

そしてラストはネットリサックリなオクラのかき揚げ。

相変わらず安くてレベルの高い料理の数々。いつ行っても大満足です、どうもご馳走様~!

かんちゃん立ち飲み居酒屋・バー / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
月曜日は、嫁さんが「新梅田シティでメキシカンフェアをやってるらしいよ」との情報を仕入れてきたので、ちょっくら覗きに行って来ました。

とは言え、嫁さんは友達と行くとの事で子供の面倒は私が見ることになったんですけどね・・・

IMG_3362

もちろん自分的な目当ては食い物だったのですが、それに関しては正直物足りなかったかなと。

何せ、食べ物屋台は6箇所ぐらいあったのですが、料理がどれもタコスとケサディーヤ、ブリトーばかり。1箇所だけカルネ・アサーダとかを出している店はあったのですが、1皿900円では手が出ません・・・

IMG_3363

しかたがないので、一番人が並んでいて人気そうだった「タコス・エル・ノパル」という十三のメキシコ料理店が出していたタコスを購入。

タコスには最後にトマトで作ったサルサをかけて出してくれるのですが、その隣に何やら怪しげな黄色いサルサがあったので、店の人に「これかけていい?」と自分でたっぷりかけてしまいました。

ところが何と、このサルサはあのハバネロで作ったもののようで、タコスを一口食べた瞬間に唇に激しい痛みが! しまったと思っても時既に遅しで、その後は涙と鼻水と汗にまみれながら何とか平らげ、食後も胃痛に悩まされながら過ごすはめになってしまいました・・・

でもタコス自体は美味しかったです。ロスのグランドセントラルマーケットなら肉がこの5倍は入って3ドルぐらいで売ってますけどね・・・

IMG_3364

食べる方はイマイチではありましたが、ステージで行われていたメキシコ音楽はとても良かったです。このイベントは料理よりも、民族舞踊や音楽を楽しむためのものかもしれません。

IMG_3367

そして子供のメインイベントは「ピニャータ」!

紐で吊り下げたくす玉みたいなものにはお菓子が詰まっており、子供が棒でそれをぶっ叩いて壊れて飛び出た瞬間に皆が群がってお菓子の取り合いをするという算段です。

うちの次女も参戦しましたが、基本的にヘタレなのでお菓子は3回のピニャータで4つぐらいしか取れませんでした。おまけに腕とかお腹を踏まれたみたいで、後からブチブチ文句を聞かされましたが(笑)。

この後は機嫌直しでグランフロント大阪のボーネルンドなどに立ち寄って帰りましたとさ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ま~、うちのサイトも今では何だかんだで800軒以上のデータが載るようになってしまっておりますが、おそらくこの店が初訪問から掲載までに最も時間がかかった店でしょうなあ。

何しろ初めて訪れたのはかれこれ10年は前の話で、まだその当時はランチ営業をされていたんですよね。でもあっという間に人気が出て夜のみ営業になり、それも複数人でしか予約を受け付けないという具合にハードルが上がってしまい、それっきり完全なご無沙汰になっておりました。

ところが最近、洋食好きのishさんとの間でこの店の話題で出て、それじゃあえて吉さんも巻き込んで食べに行きましょうか、という事でようやくサイトに掲載出来るぐらいの回数を通うことが出来ました。

gomenejiro

やはりここの美点はとにかくコストパフォーマンス。立ち飲み居酒屋並みの300円台から料理があって、それも十分一人前のメインとして通用するボリューム。1人で訪れたら2品も頼めばたらふく食べられます。もちろん味もちゃんとツボが押さえられていて美味しい。

各料理の評価はサイトのほうをご覧いただくとして、ここでは料理写真のみを。

gomenejiro2

オムレツとミンチカツのセット。

gomenejiro3

前菜盛り合わせ、ごぼうのフライ、牛ヘレちょっとステーキ、茄子のミンチ詰めフライ。

gomenejiro4

白身魚のウニソース焼、ビーフカツ、和風サラダ、具のないカレーライス。

gomenejiro5

オムライス、タンシチュー、ちょっとエビフライ、卵のクリームコロッケ。

3人で結構好きなだけ飲み食いしても、お会計は1人3000円を超えたことがありません。神戸や東京あたりの高級洋食店であれば、シチュー一皿でそれぐらいの値段がしますよね。

さすがにドミグラスソースは市販品のアレンジだし、取り皿は基本一枚で食器は箸のみ、ドリンクは銘柄が1種類のみと徹底して合理化されていますが、これだけのCPからするとものの問題ではありません。それでも、もうちょっと給仕担当の方が愛想よくてもいいんじゃないかと思いますが・・・(笑)

それにしても、眼鏡で小柄な調理担当のマスターの風貌、作られる料理、そして値段がほとんど10年前から変わっていないのが凄いです。もう立派な洋食の老舗と呼ぶべき名店になったのではないでしょうか。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ごめんねジロー洋食 / 天満駅天神橋筋六丁目駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.0
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ