カテゴリ: 大阪市北区

スポンサードリンク
この日は別の目当てだった店が臨時休業で、さてどうしたものかとウロウロしてたらたまたまワンコインランチの看板を見てこのお店に飛び込みました。

IMG_3113

大分名物の鶏天が売りの店で、店名もズバリ「とり天」。ランチメニューには丼などいくつかありますが、まずは看板のワンコインとり天ランチをオーダー。

IMG_3114

とり天はおそらく胸肉を薄手に切った一口サイズのものがわさっと盛られており、皿の上には切り干し大根、しば漬け、サラダ、辛子が載っていてなかなか盛りだくさん。これにご飯と味噌汁、ポン酢がついてます。

天ぷらはふんわりした衣で肉も柔らかく、ちょっと味濃いめのポン酢に付けて食べるとホイホイと胃の中へと消えて行きます。ボリューム的にはちと多いかなと思ったけど、案外さっくりと食べてしまえました。

これで500円ならコストパフォーマンスはかなりよろしいんじゃないでしょうか。目当ての店は閉まっていたけど、良いランチで満足でした。どうもご馳走様~!

とり天鳥料理 / 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日はすっかり定休日のことを忘れていた新規開拓店に振られ、大阪駅前ビルに行こうとも思ったんだけどそこまで遠回りする余裕が無かったので、新梅田食道街で昼飯を探すことに。

最初に考えた洋食マルマンのライトランチは、日替わりメニューがあまりそそられない内容だったのでパス。それでこの店の存在をふと思い出して久々に立ち寄りました。

夜は串焼きをメインに出す店なのですが、昼は鉄板の上で大量に焼かれている牛細切れ肉を使った700円の焼肉定食のみ。

kirakuumeda

細切れ肉の焼肉といえばダブダブのニューハマヤが有名ですが、あれも値上げですっかり今では高級品になっちゃいましたからねえ・・・その点、こちらは最初に訪れた7年前からわずか20円の値上げだから立派です。

こちらは玉ねぎとか混ざらない純粋な牛肉だけを炒めた直球勝負で皿の上は真っ茶色。タレはシンプルな醤油味なんですが、これに山椒と一味をぶっかけて、水切りの悪いキャベツを混ぜてかっこむと何ともジャンクで旨いんですよね~。後口に残る輸入肉の油っぽさもまた乙なもんです(笑)。

久々にいただいて満足いたしました。どうもご馳走様~!

喜楽焼肉 / 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪急)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
ハワイやロシアなど海外にも店舗を拡大していて飛ぶ鳥を落とす勢いの丸亀製麺・とりどーるグループ。そこが新たに放った天ぷら専門店業態が「まきの」。

既に神戸方面ではいくつか店舗が展開されているようですが、大阪ではこの天満駅前の店が初めて。しかし早くも昼時になるといつも行列が出来る人気ぶりです。

店は長いカウンター席が中心で、2つの巨大な天ぷら鍋で次々と揚げられ、お客さんの前にすぐさま揚げたての天ぷらが順不同で置かれます。なので、いつでもどれでも天ぷらが揚げたて熱々。

makino

定番の品である「まきの定食」と「野菜天定食」(どちらも690円)は、まずおかわり自由のご飯と味噌汁、天つゆ、大根おろし+しょうが、塩のセットが置かれ、アルミ皿の上にどどーんと野菜のかき揚げが載せられます。

makino2

makino3

その後、まきの定食なら海老とナス、イカと鶏胸肉の天ぷらが出て来ます。しかし鶏天とイカの大きなこと。

makino4

野菜天定食は、ナス、オクラ、舞茸、しいたけがぎっちり置かれ、さらには子供の手のひらサイズはあるさつまいもが付くという豪快さ。

卓上には柚子大根の漬物があって、当然ながらこれも取り放題。天ぷらのクォリティはちょっと衣が固めとは言え、油の質は悪くないし、このライブ感とボリュームでこの値段というのは人気がでるのも当たり前ですねえ。

欲を言えばもっと天ぷらの品数や一品料理があれば夜も楽しめるだろうし、実際に芦屋の店では魚の天ぷらなんかもあったりするようで、せっかく市場があって夜の賑やかな天満という場所にあるので、その辺の充実に期待したいですね。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

まきの 天神橋四丁目店天ぷら / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
金曜に食べたきずしに当たったおかげで土曜は完全に体調不良で寝込み、日曜になって少しだけマシになったかなと思い、6/4~8まで新梅田シティで行われていた恒例の「ベルギービール・ウィークエンド」に家族で行って来ました。

IMG_2981

嫁さんはちょっとしたアテを買ったりしていたようですが、私は胃腸が死んでるのでベルギー名物のフリットを2~3本摘んだのみ・・・

IMG_2982

まずいただいたビールは、オーソドックスにシメイのゴールド。トラピストタイプにしては甘みが少なく、落ち着いた感じの味わいですね。

IMG_2983

2杯目は、去年も飲んだ気がするグーテン・カルロス・クラシック。アルコール度数が高くて甘みも強く、非常に濃厚な味わい。

IMG_2986

さすがに体調不良でほとんど物を食わずにビールだけ流し込んだら気分が悪くなってきたので、最後は軽めのヴァイスビア、ミスティック・ホワイト。

IMG_2984

ビールグラスはお持ち帰り可能で、こうやってグラスウォッシャーで中を洗います。写真の手は次女でして喜んでやってましたね。

でもちょっと3杯は無理しすぎたのか、帰りはかなりしんどい思いをして帰宅してからはダウンしっぱなしでした・・・それなら行くなと言われそうですが(笑)、年に1度の楽しみなのでね~。

ようやく胃腸の調子が回復してきたので、開催が今週末だったらよかったのになあ・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク
実は、この店に最初訪れたのは、おそらく15年も前になるのではないかと思います。

その頃は西中島南方あたりから自転車で通っていたので、通勤路として長柄橋から天神橋筋商店街の北側を通ることが多く、嫌でもこの店が視界に入っていたんですよね。

で、ある日一度入ってみたのですが、何というか店内に独特の臭いを感じてしまい、それがどうも引っかかって今まで再訪せず、当然本サイトにもデータをアップしてなかったわけです。雰囲気とかは多少難があっても平気なんですが、昔から食べ物以外の店の臭いは気になるほうなんですよね。

しかし、つい先日にishさんやえて吉さんと某洋食店で会食をした際、こちらの店が噂に登ったをいう話を聞いて、何となく再訪してみる気になってしまいました。

十数年ぶりの店内は、マスターの顔も雰囲気も全く変わっていませんが、気になった臭いは自分が図太くなったのか改善されたのか、あまり気にならなくなっていました。

ただし、店はランチタイムだというのに食事をする人がほとんどおらず、定年を過ぎた常連のご隠居連中が日本酒を飲んで馬鹿話をしております(苦笑)。

riki

料理は巨大な皿にたっぷりのサラダとライス、チキンカツなんかは手のひらサイズの巨大さで腹パンパンになるボリューム。

riki2

トロトロの半熟オムレツはライスがついて550円と激安。

riki3

ライス付き600円のハンバーグは作りおきのチンなのでサイズは大きいですがクォリティとしてはいまいち。

日によって料理の出来にバラつきがあり、やはり女性や子供はとても無理な雰囲気だし、この機会にデータはアップしておきますが、やはりちょっとB級マニアにしか勧められないですかね~。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

利樹洋食 / 天神橋筋六丁目駅中崎町駅天満駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ