カテゴリ: キタ(梅田・中津)

スポンサードリンク
本店は今や押しも押されもせぬ神戸の有名店だそうですが、実はその店には6年前にたまたま出張仕事で近くを通った時に見かけて、一度訪れたことがあるんですよね。

その時は、昼時なのにポツポツとしかお客さんがおらず、結構おいしいラーメンなのに場所柄こんなもんなのかな~と心配になった記憶があったのですが、大阪に支店を作るまでになったとは驚きました。

miyatoyakobe2

ラーメンはあっさりとこってり共に鶏ベースで出汁がどちらもしっかり出ているのに感心します。しかも清湯のあっさりはたったのワンコインというのだから驚き。ミナミとかに出店している今どきのラーメン店だと800円は取ってもおかしくない品です。

miyatoyakobe

つけ麺とこってりラーメンのタレは、ヴィシソワーズを思わせるようなサラリとしたとろみの濃厚白濁スープが特徴的で、プリッとした全粒粉の麺が良い相性を見せています。

具は共通で水菜とレタス、海の香がする岩のり、そしてラーメンはしっかり歯ごたえのあるチャーシュー、つけ麺はトロトロの豚軟骨、揚げエシャロットがプラスされます。

サイドメニューは、神戸のような惣菜盛り放題はありませんが、日替わりでカレーやトマトソース丼などが100円プラスでいただけるサービスがあって、あっさりとセットだと600円という値段で腹一杯になれますよ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

みなとやラーメン / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
手軽に美味しいカツ丼を食べさせてくれるのでお気に入りにしている大阪駅前第2ビルB2の「とん亭」で、いつの間にかカツカレー(700円)が登場していたので気になって食べてみました。

tonteiumeda

見た目、西成のカツライス状に格子目で切られたカツがご飯に乗っかり、その上からさらっとしたカレーがかけられています。

食べてみると、おそらくカツ丼用のタレとソース、カレー粉をアレンジして作ったと思われる和風チックな甘辛味で、カレー味のソースカツライスと呼びたくなるような独特な味わいです。

でも下手にレトルト丸出しのカレーよりも個人的には好きですね。卓上の一味はもちろん、練りからしを加えても結構合いますよ。

値段がカツ丼に比べると150円増しなのが玉に瑕ですが、B級グルメ好きなら試す価値ありのメニューだと思います。



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、次々回グルコバの会場予約のためお出かけ。でも午前中はは排水管洗浄のために自宅待機だったので出るのが遅めになり、尼崎ではなくて途中の梅田で昼飯にしました。

前日が曇天の寒い日で、そんな時に上着を持たずに自転車で走り回り、体が冷えて体調を崩しそうだったのでスタミナをつけようと思い、ニンニククラッシュが出来るこちらにやって来ました。

shiromarubase

SHIROMARU-BASEとは、博多一風堂のセカンドブランドだそうで、ラーメンはベースの白丸一種でトッピングをいろいろ追加するシステムになっており、辛もやしや高菜の無料サービスが無くて卓上にあるのはニンニクと生姜、すりごまのみに絞り、その代わり値段はベースが590円と一風堂の白丸よりも160円安くなっています。

同じ建物の1Fにある一風堂のほうは10人以上の行列ができていましたが、こちらは12時少し前ぐらいなのに行列は出来ていませんでした。皆あまり知らないんですかね?

私がオーダーしたのは、背脂をたっぷり浮かべた超特濃オプション(20円)と替え玉(100円)。そしてニンニクは3かけガッツリ行かせてもらいました。

一風堂は値段が高くてあまり行く気にはならないのですが、こちらの値段ぐらいなら味はそんなに変わらないし、CP的にはそこそこ納得できるような気がします。どうもご馳走様!

シロマルベース 梅田店ラーメン / 梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪急)東梅田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
毎年この時期に、日本各地で行われているベルギービールの祭典、ベルギービールウィークエンドに行って来ました。
このイベントには2年前も行っていまして、やたらと人が多くてボッ○クリっぽいオクトーバフェストに比べると、3100円でビール3杯とアテが1品が楽しめ、グラスも持ち帰れるのでコストパフォーマンスが良いし、雰囲気もうるさいステージMCを除けば(笑)落ち着いているしお気に入りのイベントなんですよね。
今回はグルコバ仲間のえて吉さんらと待ち合わせで会場オープンの11時からスタートしました。

受付で料金を払うと、グラス1個とコイン12枚、ビールのカタログがもらえます。

私のビールの狙い目は、主にトラピスト・ビール。最近は普通のスーパーでも珍しくない存在になりましたが、このタイプのビールは生と瓶で味わいが全然違うので、生で飲める機会は貴重なのです。これはシメイのレッドでコイン3枚と交換。

ビールを1杯飲むたびに、会場に置かれているグラス洗浄機で中を洗って、また次のオーダーで注いでもらいます。

ベルギーと言えばグルメの国で、フレンチやムール貝の料理が有名ではありますが、25年前に貧乏旅行でベルギーをチャリンコで走っていた私にとってはそんな高級料理はとんと縁が無く、外食するならマヨネーズをどっさりぶっかけたフリッツ(フライドポテト)が定番でした。その青春の味をしばし楽しみます(笑)。

最後の1杯は、何とアルコール度数12%の「マルール12」というビール。生で飲める機会は極めて限られている上に、普通なら1杯1000円はするものがコイン4枚で飲めるのだから割安ですよね。
いや~、今回もしっかり楽しませていただきました。また来年も是非行きたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
本サイトの方をご覧になっている方はだいたい分かってらっしゃるとは思いますが、私があまり寄り付かない飲食店形態の筆頭は、大規模ショッピングセンターや百貨店等のテナントですね。
それは、まずテナント料が高額でその分をコストパフォーマンスに転嫁せざるを得ない事と、休みが少なくて通し営業なので、マスター1人で調理とするわけにはいかず、どうしても質的なばらつきが出るか、FC等のチェーン管理がされている業態になってしまうんですよね。これで、B級的な当たりを探せというのが無理な話です。
そんな中で、この店は珍しく味と値段、ボリュームのバランスが取れている店かなと思います。

肉は輸入肉の赤身だとは思いますが、牛鍋定食や牛ステーキ丼が880円という。こうったテナントではまずまずリーズナブルな値段の割にたっぷり入っていて食べごたえがあり、鍋の味付け、ステーキのタレがあっさり目で、肉のボリュームの割にさっくり食べてしまえるところがいいですよね。

それでも高い、という人には580円の牛とじ丼があるというのも良心的。値段はガクンと落ちますが、肉質は牛鍋と同じなので貧乏臭さは感じませんよ。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

本みやけ 阪急三番街店すき焼き / 梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)大阪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ