カテゴリ: キタ(梅田・中津)

スポンサードリンク
東日本大震災から5日が経過し、阪神淡路を越す死者が出ている事が確実になり、また原発事故も予断を許さない状況が続いているなど、そのショックは増えこそすれ衰えることがありません。
被災地はもちろん、その他の地域でもイベントやスポーツが軒並み中止になっているようですが、物流や節電、安全面で不可能になった場合は仕方ありませんが、自粛ムードに流されて、というパターンは出来るだけ避け、通常通り開催して欲しいと思うのは私だけでしょうか。
私の嫁さんは仕事の都合上、人と食事をする機会が多いのですが、地震以降はあちこちの飲食店の予約がキャンセルになってたりしていて、店の経営が非常に厳しい状況になっているそうです。
幸いにも元気な我々が今やるべき事は、何でもかんでも自粛して経済を沈滞させてみたり、買いだめをして必要なところに必要な物資を送る妨げをする事では無いはずです。馬鹿騒ぎをしろとまでは言いませんが、こういう時こそいつも以上にしっかり働いてお金を使い、経済を率先して回す必要があるのではないかと思います。
私も微力ながら、安くておいしい料理を提供してくれているお店をこれまで以上に応援したいと思っておりますので、よろしくお願いします。
そして、3/27開催のインド料理食事会もチャリティとして参加料のうち500円分を寄付する予定でいます。募集要項は事情によりここでは書けませんので、メールでお問い合わせをお願いします。

さて、こちらは梅田にある第三ビルと御堂筋を挟んだ向かい側に、宝石店と眼鏡屋に挟まるようにして建っている狭いビルの1Fにあるファストフードタイプのうどん店です。
ここの特筆すべき点は、まず出汁がおいしい事。このタイプの店にしては珍しく調味料が控えめで、麺の量は飲み屋街に隣接しているせいか少なめですが、値段と立地を考えたら立派な姿勢です。
そして、ランチタイムを中心に定食が充実しているのも魅力で、だいたいワンコイン前後、高くても600円以下で、揚げたての唐揚げがたっぷり載った定食(上の写真はこれでもレディースサイズでワンコイン以下!)や、酒や肉味噌の丼、玉子丼とフルサイズのきざみうどんがついた定食が揃っているのだから見事です。

これだけのCPを近隣のOLが見逃すはずはなく、半オープンエアーの店内で食べているのはおっさんばかりですが、持ち帰りで女性の姿を多く見かけるのもここの特徴ですよね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

めん処 なにわ家 曽根崎本店 (うどん / 東梅田駅、梅田駅(阪神)、北新地駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
私にとっては馴染みの深い大阪駅前ビル群ですが、その中でも比較的新しい第3ビルは第1や第2ほど店の雰囲気がくすんでないですよね(笑)。

しかし、JR北新地駅がオープンして駅前ビルがディアモールに直結したのと、この不況でテナント料の安い方に店が集まるようになったせいか、最近は第1や第2のほうが活況で、第3や第4のほうが空室が目立つようになって来ました。
その中で、ランチタイムにはなかなかの賑わいを見せているのがこちらのカレースタンド。
カレーは、店名とは打って変わってノーマルな喫茶店風ながらトマトっぽい酸味を感じるのが特色で、揚げ物は冷凍っぽいけどボリュームがあって通し揚げでアツアツと、昼食サラリーマンをそこそこ満足させるツボはしっかり押さえてある感じです。
ノーマルメニューは全体的に高めですが、日替わりでトッピングが変わるカレーやプレート、定食が昼も夜も580円~620円で食べられるのでCP的には合格点を挙げられ、店の雰囲気も明るいので使い勝手の良い店だと思いますね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

インドカレー (カレー / 東梅田駅、北新地駅、梅田駅(阪神))

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
もう既に立ち飲みの店としては掲載済みのお店ですが、ランチタイムのワンコイン均一の激安定食が秀逸なので、改めてランチどころとして再掲載する事にしました。

ランチメニューは、ベーシックな焼き魚や煮魚、トンカツ、スタミナ焼きといった定番ものから、日替わりで肉じゃが、鶏の照り焼き、すき焼きといったメニューを含めて8種類ぐらいが揃っています。

ここは安さはもちろんの事、定食に付くおかずの数にも特徴があって、上の煮込みハンバーグのような例外を除けば、メインのおかず以外に煮物や揚げ物、おひたし、冷奴など5種類ぐらいの副菜が載せられ、栄養バランスは極めて良好です。
そのせいか、絶対におっさんしか寄ってこないだろうという店の雰囲気なのに(失礼)、女性客の姿もチラホラ見かけるのが驚きです。
店はいつも行列が出来ていますが、回転はそこそこ早いのであまり待ち時間が無いのが勤め人には安心ですよね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立ち呑み処 和 (立ち飲み居酒屋・バー / 北新地駅、西梅田駅、梅田駅(阪神))

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
阪神百貨店地下2Fのフードテリアと呼ばれる食堂街にあるカレースタンド。
この日は阪神百貨店恒例の新春駅弁大会があり、夜はその駅弁を食べる予定になっていたので、昼はちょっと趣向の違うものが食べたいと思ってこちらに寄りました。

メニューは、オーソドックスなポークカツやチキンカツ、エビフライカレーなどがあり、それらの揚げ物をランチにしたセットもありますね。
やって来たカレーは、いかにも業務用のルーと冷凍の揚げ物という感じで、ボリューム的にもごくごく普通な何の特徴も無いカレー・・・味からすると決して値段は安くないし、ちょっと本サイトにまで載せる価値は無いかなあ。
でも、カレーと言えば当然のように個性が求められるようになった現在では、こういった超定番の食堂カレーがあまり食べられなくなってしまっているだけに、昭和世代としてはちょっと嬉しい感じがしましたよ。ごちそうさま。


関連ランキング:カレー | 梅田駅(阪神)、東梅田駅、梅田駅(大阪市営)


スポンサードリンク

スポンサードリンク
バブル崩壊後はすっかり往時の華やかさが無くなってしまった北新地ですが、格安ランチや立ち飲みが増え始めて何とか低成長時代に適応しようと頑張ってる様子ですね。

そのB級化の元祖というか、火付け役になったと言えるのがこのお店。
もともとは鶏肉卸の店で、北新地のラウンジなどに焼き鳥の出前をしていたのが、それを店でも食べられるように簡単なカウンターをしつらえたという経緯があったようですね。
とは言え、おばちゃんの愛想は御世辞にも良いとは言えないし、今でも鶏肉をさばくまな板をそのままカウンターにしていたりと、立ち飲みをメインにしようという考えは全く無さそうです(笑)。
ビールは中瓶で500円と立ち飲みにしては安くないですし、鶏肉専門店の焼き鳥という言葉から連想されるイメージを持ちすぎると少しがっかりする点があるかもしれませんが、北新地という場所でこの値段、この雰囲気で立ち飲みが楽しめるというのは貴重というしかありませんよね!
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

とり甚 (焼き鳥 / 北新地駅、大江橋駅、西梅田駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ