カテゴリ: キタ(梅田・中津)

スポンサードリンク
今や立ち飲み店のデパートと化した大阪駅前ビルの中で、最も雰囲気的にディープさをかもし出しているのはこのお店でしょう。

単なる安さだけなら上田酒店やmaidoたよしのほうが上でしょうが、ここの雑然とした雰囲気、そしてアテと酒のコスパの高さはまさに梅田の中にある西成と呼んでいいかもしれません。
何しろ、梅田でありながら大瓶がたったの380円、100gは入った生ギモが400円、それにいつぞやは中トロぶつ切りがたったの250円だったのにはただただ驚くしかありません。さらにスパサラもてんこ盛り。

あえて難点を言えば、特に日替わりの海鮮特価品は早い時間に売り切れる事が多く、ぶっちゃけ通常メニューの串カツとかはそれほど評価出来ないので(笑)、まずは店の外に置いてあるメニューに何が載っているかを確認してから入ったほうがいいところでしょうかね~。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立ち呑み処 和 (立ち飲み居酒屋・バー / 北新地、西梅田、梅田)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
豚ロース肉の厚切りをウスターソースダレで焼いた、四日市名物の「トンテキ」を出す店が梅田にも出来ました。

店のオープン当初は「とんとん屋」という名前だったそうですが、今年からトンテキを前面に押し出した名前に変わりましたね。そのほうが、コンセプト的にも明確だと思います。
メニューは、そのトンテキとトンバーグ(豚肉ハンバーグ)、薄切り肉を甘辛に焼いて玉子焼きとあわせた「とんたま」の3つがベースになってます。
メインのトンテキは、ソースは普通のマスプロ製品で肉質もそんなにいいわけじゃありませんが、200gある分厚い肉を咀嚼する快感は他ではなかなか味わえないものです。それでも物足りない時には、300gの大トンテキやトンテキが2枚載ったものまであります。
ただ、何故かご飯茶碗が普通の家庭サイズなのがちと残念。無料で大盛りにできるので大きな問題はありませんが、トンテキならデフォルトでご飯がド~ンと来て欲しいですよねえ(笑)。

中でも個人的な一押しは「とんたま丼」。600円と言うリーズナブルな値段でありながら、肉も玉子もたっぷりで食べ応えは十分。ご飯を大盛りにすれば150円高い定食よりも腹がいっぱいになれますよ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

大阪トンテキ (郷土料理(その他) / 北新地、西梅田、東梅田)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪駅前ビルと言えば、客層的にほとんどの飲食店が地味なオヤジ向けの店ばかりなのですが、そこにいきなり「狙った」立ち飲み店が出来たのにはビックリしました。

何しろ店名が「楠木フサエ」(オーナーの祖母のお名前だそうだ)で、3品とドリンクがついたワンコインセット、そして立ち飲みなのに飲み放題コースがあるなど、この建物には似つかわしくない「トレンド」「マーケティング」という言葉を連想させられます(笑)。

メニューも立ち飲みと言うよりは創作居酒屋で、つくねの宮島焼きにカルパッチョ、スズキの香草焼き、牛ほほ肉の赤ワイン煮、エビチリフォンデュなど、女性に受けそうな品が目白押しです。
さすがに調理の全てを1人でやっておられるので、そこかしこに出来合いや電子レンジ調理の影が感じられて、私のような昭和懐古人間にはちと気分的に引っかかる部分はあるのですが、値段の分のボリュームはしっかりありますし、コストパフォーマンス的には十分合格点だと思いますよ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立呑屋 楠木フサヱ (立ち飲み居酒屋・バー / 北新地、西梅田、東梅田)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
萩之茶屋の立ち食い寿司の「板さん」が閉店してしまい、堺筋本町の「かつとじかわかみ」も店が開かなくなってから随分経ちますし、最近は本当にオープンしてからすぐに店を閉めてしまう店が多いですなあ・・・

先日閉店したラーメンの「麺処凛や」にしても、訪れたときに立地や価格、メニュー構成に少しでも「これで大丈夫かな?」と思った点があると、あっという間にダメになっちゃいますね。それだけ、飲食店をめぐる環境も厳しいのでしょうが、どんな店でも客がつくまでは我慢の時間が必要なわけで、それが半年も持たないって事は出店するオーナー側にも余裕が無くなっているって事なんでしょうなあ。
さて、ここも例に漏れず最近は新陳代謝が激しい大阪駅前ビルの中でも、ずっと店を閉めていた第2ビルの「くし丸」がとうとう別の店に変わってしまいましたね。それ以外にもいくつか新しく立ち飲みがオープンしていて、讃岐うどんの次は立ち飲みブームって感じですなあ。
酒屋から創作料理系まで様々なタイプが揃う大阪駅前ビル立ち飲みの中では、ここは比較的中堅どころと言ってもいいでしょうね。
システムは、「くし丸」や「力」、「和」と同じく皿に小銭を置いておく大阪駅前ビル式キャッシュオンデリバリーで、おばちゃん年代が揃っているスタッフなのに揃いのTシャツとバンダナという若作りスタイルなのが泣かせます(笑)。
この店でまず気に入っている点は、生ビールがモルツなのと、ジョッキが分厚くて温くなりにくいところですね。値段も1杯300円と非常にリーズナブルです。

牛バラ、牛ハラミ、牛ツラミ、カモねぎ、若どりの串焼きがセットになったワンコインの松ぼっくりセットや、300円のとん平焼きを始めとして、料理はどれもそこそこおいしくてそこそこのボリューム。
その他の料理は全体的に簡単なものが多いですが、日替わりでお得なサービス品もあったりしてサク飲みに使い勝手が良い店です。
スタッフもさほど老齢化が進んでいなくて(笑)店に無理が感じられず、客層も常連と一見がバランスよく入っている感じですし、こういう店はきっと長く続くのでしょう。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立ち飲み処 松ぼっくり (立ち飲み居酒屋・バー / 北新地、西梅田、梅田)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
おせちもいいけど、カレーもね! というわけで、新年一発目の本サイト更新はカレー店から(笑)。

大阪大勝軒や天下一品がある、梅田の東側に位置する神山町の閑静な住宅街の中に、ひっそりと埋もれるようにして営業しているカレー店。店の看板の似顔絵は、評判どおり本当にマスターそっくり。
ルーは甘酸っぱさがまずガツンと来る大阪風路線ではあるのですが、甘味や酸味は砂糖系ではなくてフルーツ由来のものだし、小麦粉の量も控えめなので、食べ口が非常にライトで重さを感じないところがお気に入り。こういうカレーを作るのは、本当に手間がかかるんですよね~
ノーマルだとそんなに辛くはないのですが、5段階で一番辛い激辛(無料)にすると、南蛮亭レベルを超越するクラスの辛さになり、それでもまだ足りなければ卓上のガラムマサラ風オリジナルスパイスでさらに辛く出来るし、それぐらいスパイスを投入してもボディが揺るがない力強さがあり、辛いけどちゃんと旨いカレーになっているのも見事です。
食べる前にさっと炒めた鶏肉がたっぷり乗ったチキンカレーが600円、大きなカツが乗ったカツカレー、柔らかい牛タンゴロゴロの牛タンカレーが750円と、値段も結構リーズナブルですし、最近ではかなり掘り出し物のカレー店だと言えるでしょう!
公式サイトには餃子カレーやピビンバ風カレーといった変り種の週代わりカレーの情報も載っているので、それを目当てに行く楽しみもありますね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

カレー屋 じゅんちゃん (カレーライス / 中崎町、扇町、天満)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ