カテゴリ: 大阪市中央区

スポンサードリンク
仕事場からほど近い天満橋にあるラーメン店の「山麺」に、最近「辛味つけ麺」新しいメニューが出来たという事で行ってみました。

店に入って券売機を見てみると、辛味つけ麺のお値段は実に850円・・・220gでも300gでも同料金なのですが、この日は夜遅目とはいえ忘年会が入っていたので300gも食べるわけには行かず、10秒ほど券売機の前で逡巡しましたが、ボーナス直後でほんのちょっと懐が暖かかったのもあって思い切って押しました(笑)。

IMG_3720

自家製のモチモチした平打ちの香味焙煎麺、たっぷりの白ネギと青ネギ、厚みがある1枚バラチャーシューと見た目は普通のつけ麺と何ら変わりありません。

しかしつけダレがノーマルの濃厚鶏白湯スープに加えて少しラー油のような辛さを感じるピリ辛で、これは食欲が進む味ですね~。

でもこの日は寒い一日だったので、半分も食べ進めるとつけダレがぬるくなって徐々に濃厚さがしんどくなって来ました・・・急いで麺を食べ終わってスープ割りにしましたが、それでもあまり熱くならなくて追加されたネギの味ばかりが目立って残念でした。

300gだともっとぬるくなるでしょうから、つけ麺はあまり冬場にはお薦め出来ないかもしれません。もともとの素材は美味しいんですけどね~。



関連ランキング:ラーメン | 天満橋駅谷町四丁目駅北浜駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
かつては「点」という名で400円の日替わりランチを提供されていた店が、経営者が変わって呑呑亭という名前になり、400円ランチも今では490円に値上がりしてしまいました。

そのおかげで随分足が遠のく期間があったのですが、他の牛丼屋などがそれ以上に値上げして来ているので相対的に割安感が戻ってきましたね。

dondontei

この日の日替わりは、チキンカツ丼とそば、みかん。そばもどんぶりも共にフルサイズの凄いボリューム。「小」と付け加えて頼む人が多いのも納得です。

dondontei2

相変わらずランチタイムはオヤジ率100%、席を確保して奥でオーダーしつつ湯のみをゲット、食べ終わったらお盆を奥まで自分で持っていくセミ・セルフ方式も変わらず。でもオーダーとレジ担当の人が若い女性になってましたね。

他にもいくつか定食があり、ソーセージ定食ミニチキンカツ付きなんて気になるメニューがあったのでまた訪れようと思ってます。

呑呑亭居酒屋 / 谷町四丁目駅天満橋駅堺筋本町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
神戸のJR住吉駅にある立ち飲み店「かこも」は、多くのブログにも取り上げられて私もずっと行きたいと思っていた店なのですが、やはり阪神間で夜営業のみというのはハードルが高く、ずっと指をくわえたままでおりました。

ところが、数日前に食い仲間のishさんから何と仕事場から近い北浜に支店がオープンすると聞き、しかもオープンから3日間は1人3杯まで生ビールが5円で提供されるという事で、早速訪問したというわけです。

IMG_3657

実はこの日は夜に仕事がらみの打ち合わせがあり、それが終わってからだと入れなくなる可能性が高かったので、先方に「せっかくだからいかがです?」と図々しく提案したところ快諾をいただき、何とか6時前に滑り込みました。

この直後からもう待ち客が出てしまっており、この寒い中でお客さんを待たせるのは不可能だったので良かったです。

そしていただいた料理は、まず脂が載って大ぶりなブリの刺身。これで本ワサビが添えられての380円は間違いなくお値打ちですねえ。

IMG_3661

2つ目はカキフライ。ちょっと衣が固めではありましたが新鮮で臭みは皆無。

IMG_3664

ラストはバサの天ぷら(280円)。バサというのは大阪で言うフワ、つまり牛の肺で、神戸長田のローカルフードらしいですね。

IMG_3666

牛の肺は西成のホルモン屋でもよく出る部位でして結構臭みが出やすい部位なのですが、これも下処理が良いのか癖が無くて美味しく仕上がってます。

人も待っていたのでここらで繰り上げ、あとは喫茶店での打ち合わせとなりました。

最初の印象としては、全体的に良い素材が使われており、それらをシンプルな調理で安く提供しているスタイルのお店ですね。間違いなく大阪でも人気店になると思います。

また通常営業の時にも通って、本サイトに載せたいと思います。どうもご馳走様!

 

かこも北浜店

住所: 大阪市中央区高麗橋2-2-2 日宝北浜ビル1F
営業時間: 17:00~22:00

スポンサードリンク

スポンサードリンク
お好み焼きの「美津の」と言えば、常時長い行列が出来る難波でも一二を争う人気店ですが、そこで修行されたイケメン店主が営まれている店が谷町三丁目にあります。

ランチなら美津の直伝の山芋100%の山芋焼きにご飯と味噌汁がついた定食が870円。お好み焼き定食ならさらに安い720円でいただけます。

sakura2

山芋はお好み焼きにもふんだんに入っていて、ふんわりした生地と荒目に切られたキャベツ、刻みこんにゃくのコントラストがとても楽しいです。

sakura

肉厚のイカには隠し包丁が入れられ、焼きそばは生麺をその都度ゆでて使うのでシコシコ。ご飯や味噌汁も丁寧に作られて美味しく、全く隙や手抜きがありません。

sakura3

豚バラ2枚を使ったフワフワの豚平焼き、本格的なキムチを使った香ばしい豚キムチといった一品も絶品。鉄板にホイルを載せた上でいただくので最後までアツアツなのも嬉しいですね。

夜は近隣のサラリーマンやカップルで満席な事が多いので、ぜひとも予約を。ランチよりは高めですが、それでも本家よりずっとリーズナブルな値段でいただけますよ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

さくらお好み焼き / 天満橋駅谷町四丁目駅北浜駅

昼総合点★★★★ 4.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
丸亀製麺が展開している「天ぷらまきの」が関西圏で人気を博している中、それに対抗するように「まいどおおきに食堂」のフジオフードシステムが「天ぷらえびのや」という店を堺筋本町にオープンさせていました。

IMG_3563

確か8月ぐらいにオープンしてからずっと気になっていたのですが、最近はあんまり揚げ物を食べたいという気が起きなくなっていたので、なかなか訪問できずにいました。が、たまたま昼時にこの近くを通りがかり、どこに行くというあても無かったのでふらりと入ってみました。

夜は単品もあるみたいですがランチタイムは定食のみで、私は一番ベーシックな天麩羅定食(税込み745円)にしてみました。

IMG_3561

長いカウンターの端には、ひじきの煮物、ほうれん草のおひたし、漬物が自由に取れるバーがあって、これはちょっと嬉しいサービスですね。

何故か器になみなみと注がれている天つゆは色が濃い割には意外と薄味で、甘さ控えめでちょっと不思議な味わい。

IMG_3562

天ぷらはエビ、イカ、かぼちゃ、キス、茄子というラインナップで、一度に全部を皿に持って出して来るスタイル。まきのに比べるとかき揚げが無いし、天ぷらの大きさが一回り小さいのでお得感はありません。揚げたてのシズル感も足らないです。

でも味噌汁は、椀の中にあさりがぎっしり入っていて凄いです。これは堺の天ぷら大吉を真似た感じでしょうかね~。

惣菜と味噌汁はいいけど、やはり天ぷら屋なのだから天ぷら自体で勝負して欲しい感じはしますねえ。勝負としては、天ぷらのボリュームがあって揚げたてアツアツで食べられるまきののほうに軍配を上げたいと思います。

天ぷらえびのや 博労町店天ぷら / 長堀橋駅堺筋本町駅松屋町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ