カテゴリ: 大阪市中央区

スポンサードリンク
北浜の平野町1丁目にあるラーメン店「ラーメンマン」で、店の名前を付けたピリ辛ラーメンである850円のラーメンマンが、ワンコインになるセールを7/11までやってるそうなので行ってみました。

IMG_3056

以前にも何度か食べたことはありますが、いつもノーマルのラーメンばかりでラーメンマンは初めてです。辛さは3段階あって、オーダーは一番辛い3辛で。

IMG_3057

豆板醤が溶け込んだスープに、上から大量の唐辛子と輪切りの鷹の爪が振りかけられていて、見た目はかなり凶暴ではありますが食べてみると意外と暴力性は少ないです。ただ、豆板醤の量も多いのでかなり塩辛い・・・食べ過ぎてしまうのでライスはパスしましたが、食後にかなり喉が渇きました。

それ以外は、細麺+乳化少なめの豚骨スープ、多めのモヤシとネギ、バラ肉の角切りチャーシューと薩摩っ子と同じスタイルです。刻みニンニクは後から卓上の入れ物から好きなだけ入れられます。

これでノーマルなラーメンより200円増しというのはCP的にどうかと思いますが、ワンコインなので今日は満足です(笑)。ごちそうさん!

ラーメンマンラーメン / 北浜駅堺筋本町駅なにわ橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ちゃんとしたレトルトじゃないカレーが330円で食べられる、東高麗橋にある印度家。

通常のカレー以外にも、インド式チキンカレーなるメニューがあって、前々から気にはなってたけど夜のみの提供だったのでずっと試せないままでした。

ところが最近店に行ってみたところ、そのインド式チキンカレーがランチタイムでも食べられるようになっている事に気付き、今回初挑戦となりました。

普通のカレーとは違って、小さな寸胴に入ったカレーを取り出して小鍋で温め、別のアルミ皿にルーだけ分けてサーブされます。ご飯にもちょっぴりパセリがかけられてプレミアム感が味わえます(笑)。

indoya

で、肝心のカレーのお味と言うと・・・いや、これはかなり本格的な代物でビックリしました!

シャバシャバのソースにはホールのブラックペッパーやクローブ、クミンが入っており、神保町にある名店「エチオピア」をどこか思わせる、酸味や甘み控えめのストレート系でスルスルと食べられます。

具はじゃがいもと輪切りのにんじん、そして鳥のもも肉がたっぷり入っていて食べ応えも十分。いや~、このクォリティで490円とは参りました。

今や谷四界隈のスパイスリッチ系カレーは軒並み1000円近く取るような時代でこういうカレーが存在しているのは嬉しい限りです。やっぱカレーは庶民の食べ物でなくちゃね!どうもご馳走様!

印度家カレーライス / 北浜駅天満橋駅なにわ橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

スポンサードリンク
以前、韓国料理屋の「明洞」という店があった場所に、新しくカレー屋がオープンしてました。

このあたりは、カシミールや丁字、ニドミ、バビルの塔とか本当にカレー店が多い超激戦区なのですが、そこにあえて殴りこみをかけるとはどんな店でしょうか。

IMG_3005

表には、チキンカレーと根菜カレーがそれぞれ100円引きになって、その分サラダが省かれるサービス品が書かれていたので、割引で650円になるチキンカレーを頼んでみました。

IMG_3006

カレールーは比較的シャバっとしたタイプで、フルーツの甘さと焦がし気味にまで炒めた玉ねぎの香りが効いており、スパイスはカレー粉ベースながらフェンネルとコリアンダーの個性を感じます。店名からしてココナツミルクも若干配合されてそうです。

具は繊維状になった牛肉と野菜が溶け込んだ感じで固形部分はほとんどありません。チキンカツはモモ肉の通し揚げでサクサク、ボリュームは十分です。ライスの量は標準的ですが、大盛り無料なので安心です。付け合せは、卓上に福神漬けとラッキョウが完備。

割りと良くまとまったカレーだなとは思いますが、じゃあこれを目当てに通うかというほどの個性は感じられないですし、スパイスリッチでないカレーとしては値段も激安ではないので、果たしてこの激戦区を生き抜くことが出来るかどうか・・・しょっちゅう通る道なので横目で見守ってみようと思います。

split-coconut HONAカレー

大阪府大阪市中央区備後町1-1-3
スポンサードリンク

スポンサードリンク
農人橋というあまり良くないアクセスの場所にありながら、お好み焼きの安さで人気を続けている「ありがと屋」さん。

いつの間にか阿波座の方にも支店を作っていたと思ったら、今度は本店?からほど近い松屋町筋の内淡路町にオープンされておりました。

この日は会社帰りだったので、アテで豚平焼き(300円)とゲソの塩焼き(350円)、そして瓶ビール。

arigatoya

豚平焼きは、良くある1枚の豚バラ肉を包んだものじゃなくて、細切れ肉を甘辛く炒めたものを卵でロールにしたものです。結構肉がたっぷりで食べ応えが有りますね。

arigatoya2

ゲソの塩焼きは、鉄板の上に綺麗に並んで出て来ます。あまり焼きすぎて無く、うっすら半生の部分があって美味しくいただけました。

まだオープンしてから間もない店ですが、私と同じように会社帰りのオッサン連中で早速賑わってますね。どうもご馳走様!

ありがと屋 内淡路町お好み焼き / 天満橋駅堺筋本町駅谷町四丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日の昼休みは、今度の土曜日に行われる摩耶山リュックサックマーケットの準備で天満橋のダイソーへお買い物。

前日にパプリ作りで体力を使っていて、この日もパニプリを連続で作る予定だったのでスタミナをつけるために、昼飯は近くの笑福天満橋店でニンニク摂取としました。

ふと店内を見ると限定で「濃厚魚介つけ麺」なるものがメニューに加わっていたので、二郎系の中では笑福のスープがあまり好みではないので思わずそっちを注文。

IMG_2867

つけダレは、茶色く濁ってはいますがドロドロというわけではなく、業務用っぽい豚骨魚介スープに大量の魚粉が入っている感じで、口当たりがかなりザラザラしています。

麺と野菜に関しては通常と同じく、縮れ太麺ともやし主体でかつお節が上にかかっています。

当然いつもと指向の違う味でそれなりに楽しめましたが、値段が830円とやっぱり笑福の限定は割高に感じますねえ・・・食ってから文句言うなって言われるでしょうが(笑)。

いつかは大阪に本家二郎が来りする事はあるんでしょうか。どうもごちそうさん。



関連ランキング:ラーメン | 天満橋駅北浜駅大阪天満宮駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ