1/10に谷町9丁目の近くにある高津宮で行われていた、「とんど祭り」を見に行ってきました。
この祭りの目玉は、自称「日本一の屋台」と誇っている通り、枡田やもめん、うずら屋、ラ・トォルトゥーガ、リストランテ・イタロ、遊山、乾隆亭といった大阪の有名どころのレストランが、境内に一日限りの屋台を開くという点にあります。
これらの店が出す料理がメインなのはもちろんなのですが、味にうるさい店が出しているだけあって、料理とともに出している酒が非常に充実しているところも、のんべえ的には楽しいところです。
村尾や伊佐美、佐藤などといった入手困難銘柄の焼酎のお湯割が500円で楽しめ、日本酒も八海山があったり、珍しいところでは蜂の巣を入れたホットワインなんてのもあったりします。
関西1週間などで取り上げられている事もあってか、境内は朝からかなりの人手で、料理や酒もほとんど立ったままでの飲み食いで落ち着きませんでしたが、店の人も商売よりも野外出店を楽しんでやっている感じがあり、屋台と言うよりバーベキューパーティのノリで、大変楽しい時間を過ごす事が出来ました。
おそらく来年もやるはずなので、興味がある方は是非どうぞ。